2024.01.01

2024おせち

震災などでおめでたいどころでなくなったけど、2024年もおせちを作りました。一の重は甘さ控えめの栗きんとん、クッカーで上手に黒豆に金箔、紅白なますに干し柿、鈴廣の紅白蒲鉾、伊達巻、頂き物の数の子松前漬。二の重はグリルで海老の姿焼、ふるさと納税の豚薄切りの西京漬、お煮しめ(いんげん、型抜きの人参、蓮根、ごぼう、椎茸、手綱こんにゃく、長芋)。お雑煮は焼き餅に青菜、人参、大根、椎茸、ふるさと納税の鶏肉、なると。柚子を添えて。

Img_6855 Img_6854_20240106130701 Img_6858 Img_6863_20240106130701 Img_6869

2023.11.23

黄金わらび

頂き物の黄金わらび。

Img_5621 Img_5623

2023.11.15

大阪

出張帰りのお弁当。1417円。

Dsc_2818

 

2023.09.09

シャインマスカット

今年はシャインマスカットが豊作でした~ 頂き物×2に加えて、南アルプス市のふるさと納税も。

こちらは南アルプス市版。

Img_3604

2023.08.28

KIKYOYA

観劇と食事の間に立ち寄った催事で、KIKYOYA ORII(ききょうやおりい)のお菓子。伊賀の老舗「桔梗屋織居」の19代目が、駒澤大学駅前に開いた餅菓子専門店だそうです。十九代目の豆大福、フルーツ大福(シャインマスカット)、白無花果とマスカルポーネの大福、濃茶大福で1660円。ぽってりとして上品で美味。

Img_3402

2023.08.25

ぶどう

頂き物のぶどう。

Img_3141

2023.08.11

麺也オールウェイズとマンゴーゼリー

頂き物で、長崎・麺也オールウェイズの「レモンとんこつ らーめん」。さっぱり&こってりが面白い。そして宗家源吉兆庵の「太陽の実」1728円。濃厚マンゴーゼリーです。美味。

Img_1859 Img_1846 Img_1892

2023.07.29

大阪土産

大阪土産は十三味(とみあじ)の明石玉1380円。ふわふわ卵をチンして、お湯をさしたタレに葱を加えて。なかなか美味。お店は西明石駅そばにあるそうです。

Img_1288 Img_1291

2023.05.17

フルーリア

いただき物でフルーリアのデセールフリュイ。ロイスダール(中野区松が丘2-4-14、0120-773-506)の焼き菓子ショップです。花柄のパッケージがファンシー。ひとくちフルーツゼリーは夏季限定で、8個入り864円。果物の香りがとってもフレッシュです。グランスタ東京などに店舗があるようです。

Dsc_2365

2023.05.11

日本橋餅

特別な企画に参加し、榮太郎総本舗で「焼きたて日本橋餅」と「かつおぶしソフト」を頂く。

同じ日本橋で200年、300年と続く老舗である、にんべん、山本海苔店とコラボ。銅板で焼いたとろとろの餅は、中に出汁を効かせたみたらしタレ、さらに、この日は特別に削りたて鰹節をまぶし、朝焼き上げた海苔で巻いてくれました。美味。

根釧地区の牛乳を使った軽いソフトのほうは、榮太郎のみつあめ有平糖、糸削りかつおぶし、アクセントにかつお塩をひとつまみ。黒糖は沖縄に伝来して400年、絞りかすのバガスは土壌改良に使えるそうです。
また鰹節は血合いがなく、特別な刃で極細に削っているため、全く生臭くなくて、ふわっと甘みを引き立てる。細すぎて小分けにするとからまるので、業務用に大袋でした売らない貴重な品だそうです。上品な味わいで、見た目のインパクトも十分。

お洒落な店舗で、観光客、若年層にわかりやすく伝統をアピールする工夫に感心。榮太郎では月数回しか売らない縁起物の和菓子「一粒万倍もち」に行列ができる等々、話題作りも怠りない。首都高の地下化にめがけて、ビル建て替えや遊歩道など大規模な再開発が続く日本橋。楽しみです。

Dsc_2348 Dsc_2350 Dsc_2353

より以前の記事一覧