2022.09.22

ダウントゥプラント

友人が関係する展示を観た帰り、ダウントゥプラント(Down to Plant)六本木店でランチ。港区六本木7-3-13トラスティ六本木ビルB1~1F。6434-5756。8月にオープンした健康志向・環境配慮のボウルカフェとのことで、プラントベース(植物性食材)の「ヴィーガン」、魚介類を加えた「ペスカタリアン」、チキンを加えた「オムニボア」がある。
アースボウルは野菜7種を使ったヴィーガン。ドレッシングはサトウキビなど糖蜜で発酵させたチーズ風味の「ニュートリショナルイースト」だそうです。アイスコーヒーも頼んで1600円。見た目がきれいだし、南瓜とかが甘くてお腹いっぱい。
松田公太のクージュー経営。

Dsc_1657

2022.09.07

ますだ屋

ワークショップ前に霞町蕎麦処ますだ屋で軽く食事。港区六本木6-4-1メトロハットB2。3404-2080。月見とじで1040円。

Dsc_1626

 

2022.08.10

デリツィエ

美術展帰りにDelizie(デリツィエ)でディナー。港区東麻布1-12-5。6441-3433。地下鉄・赤羽橋から5分、桜田通りを飯倉方向に行った左側のビルにある、落ち着いたイタリアン。

お薦めコース7980円は、アミューズのあと、ミズダコなど前菜盛り合わせ、コンフィにアサリとハマグリ、しらすたっぷりのタリオリーニ、蝦夷鹿ロースト、デザート。お酒はスプモーニのあと、白でトレビアーノダブルッツォ、ゲヴルツトラミネール、アルターレ、赤でアントス、ヴィッラフィデリアをグラスでもらって、ひとり1万3000円。程よく美味~

至近の東京タワーの夜景が綺麗。

Dsc_0378 Dsc_1494 Dsc_1497 Dsc_0383 Dsc_0386 Dsc_0388 Dsc_1505 Dsc_1506 Dsc_0000_burst20220810203457480_cover Dsc_1510_20220813142501

2022.07.15

ハリオカフェ

美術展帰りに併設のHARIO CAFE(ハリオカフェ)で軽くランチ。港区六本木1-5-1泉屋博古館東京。泉ガーデンの緑が気持ちよくて落ち着く。

ハムチーズバゲットホットサンドセットが1300円。美術展チケットで10%引きになり得した気分。逆にカフェのレシートで美術館が200円引きだそうです。耐熱ガラス器メーカー直営で、コーヒー器具などの販売も。

Dsc_1418

2022.07.02

アルヴェアーレ

観劇帰りの遅い時間に、誕生日月間第一弾のアルヴェアーレでディナー。港区元麻布3-6-34カーム元麻布 B1。050-5487-5855。六本木、広尾、麻布十番からそれぞれ15分ほど、元麻布のわかりにくい住宅地にある隠れ家イタリアン。吹き抜けや大きな花瓶が気持ちいいテーブル席で。

コースは1万6000円。紫陽花をとじこめた箱に載せた一口アミューズは、温かいイカが美味。アワアワの茄子のムース、ちょっと和風のカルパッチョ、ソースも美味なフリット、肉厚の太刀魚グリル。パスタ2皿はぽってりした三河産雲丹の冷製に、毛ガニの温かいもの、珍しいタピオカのもっちりパンを添えて。メーンはリムーザン仔羊、会津の馬肉ハラミ、蝦夷鹿ロース、黒牛ヒレからラカン産鳩(+1000円)をチョイス。ささみ、胸、モモの3種が香ばしくて美味。
お酒はスパークリング1500円のあと、ワインは量を調整しつつ、グラスで5杯ほど頂き、バースデープレートのさっぱり赤紫蘇アイスとお茶で〆。ひとり2万6000円でした~

シェフは黒田恭平さん。早い時間はコース1本で、21時からはアラカルトとのこと。接客がとっても丁寧。ゆったりしたカウンターと、6名までの落ち着いた個室があって使い勝手よさそう。ビルは少し古いかな。

Img_1500 Img_1501 Img_1502 Img_1507 Img_1510 Img_1512 Img_1519 Img_1521 Img_1524 Img_1527 Img_1533 Img_1542 Img_1545 Img_1549 Img_1552 Img_1562 Img_1565

2022.04.30

魚金

美術展帰りに新橋魚金・六本木店で早めの夕食。港区六本木7-4-5六本木稲垣ビル1F。3478-7355。
ヨーグルトの食前酒、玉葱スープの突き出しが出て、ポテトサラダ、石鯛まるごとお刺身とお寿司をはじめ贅沢なお刺身盛り合わせ2580円で、かなり満腹。海老とアスパラの天ぷら、春キャベツとホタルイカの塩焼きそばに、日本酒をグラスでもらって、ひとり5000円とお得です。
ミッドタウンは鯉のぼり祭り。

Img_9743 Img_9745 Img_9746 Img_9747 Img_9754 Img_9755 Img_9759 Img_9761 Img_9768

2022.04.02

草片

地元お散歩で桜を堪能してから、草片(クサビラ)でディナー。港区西麻布4-4-16。5467-0560。広尾から徒歩10分と不便なところにあるイタリアン。シェフ中東俊文さんはなんと京都「草喰なかひがし」の息子さんとあって、野菜の小皿が山ほど出てきて、工夫満載だ。オープンキッチンのカウンターで。

まず色とりどりのお箸を選ぶのが楽しい。コース1万円は、新玉葱の前菜に続き、サラダ、土筆のバゲットのせ、タラの芽フリッター、焼き独活、揚げ菜の花、まさかのたこ焼き風のびる、立派なアスパラガス、そして筍と超贅沢。スペシャリテのエスプレッソメーカーで淹れる滋味豊かなミネストローネは、野菜クズを無駄なく。片口からおちょこに注いで味わう。ここでフォカッチャ登場。
芽キャベツのリゾット、パスタは珍しいのらぼう菜と白魚のタリアテッレ。焼き魚は野萱草(のかんぞう)を添え、豚ソテーまで野菜たっぷり。食後酒、デザート、ハーブティーとお茶菓子まで手抜き無し。

ペアリングは6500円、メレンゲとお箸、お土産に野菜のキッシュも買って、ひとり1万8000円ほど。ほかに8500円のコース。個室もあり。

Img_9291 Img_9293 Img_9294 Img_9295 Img_9297 Img_9299 Img_9300 Img_9302 Img_9303 Img_9307 Img_9308 Img_9310 Img_9312 Img_9314 Img_9315 Img_9317 Img_9319 Img_9320 Img_9323 Img_9325 Img_9329 Img_9331 Img_9333 Img_9334 Img_9336 Img_9338 Img_9346 Img_9348 Img_9351 Img_9353 Img_9355 Img_9360 Img_9362 Img_9364 Img_9369 Img_9373 Img_9375 Img_9377

 

2022.03.21

酢重ダイニング六角

重い芝居の後、酢重ダイニング六角で均分転換。東京ミッドタウン2F。5785-1717。天井が高く、芝生に面した大きな窓が嬉しい。

ランチコースは2700円。プレモルと斬九朗、日本酒フィズを呑んでひとり4500円ほど。

桜並木は蕾でした~

 

Img_8989 Img_8991 Img_8993 Img_8995 Img_9001 Img_9008 Img_8982_20220326092301 Img_9011 Img_9015

 

2022.03.16

ヒルズカフェスペース

美術展帰りに六本木ヒルズ2Fのヒルズカフェ・スペースでサンドウィッチ。6406-6833。明るくて広々してる。ボリュームある鶏ロースト、卵ツナにポテトとコーヒーで1000円はお得。

Dsc_1226 Dsc_1227

2022.01.19

ルービン

コンサート前に、シティベーカリー・ブラッスリー・ルービンで腹ごしらえ。港区赤坂1-12-32アークヒルズ2F。3588-1018。

時間がないのでケーキにして、和栗モンブランとコニャック・ラズベリーチョコ。コーヒーを頼んで3182円。落ち着いたインテリアで、モーニング、ランチ、ディナーは石窯焼き、炭火焼き、インドのサブジやエジプトのコシャリとか、いろいろありそうです。

 

より以前の記事一覧