2018.06.02

アズール エ マサ ウエキ

オペラ帰りにアズールで贅沢フレンチ。港区西麻布2-24-7西麻布MAビル1F。6805-1147。ナパの新鋭アズールワインズによるワイナリーレストランだ。
月替り11品のアズールコースは1万6200円、ワインのペアリングが7452円で、ひとり2万6000円。和の食材を生かし、彫刻のような盛り付けや、後からソースを注ぐサーブなど、楽しませるアイデアが満載だ。
「月光」と名付けたアミューズのあと、盆栽風でいきなりびっくりの前菜。フォアグラのキャラメリゼ、牡丹海老、ショコラシャンティ(泡状)の前菜は、なんとテーブルに紙を敷いて直接盛り付けちゃう。独創的だなあ。続いて赤つぶ貝、ふき、木の芽、オレンジの西京味噌風味。
香り豊かなシャンピニオンコンソメを挟んで、魚は能登輪島のアラを赤パプリカ、イカスミ、昆布茶、黒七味で。グラスに入れた能登湧き水のジュレとすだちで、さっぱりした後、お肉は佐賀牛を有明海苔とコンテ(チーズ)で。日本刀のナイフの存在感にちょっとたじろぐ。仕上げに本わさびとギバサ(海藻)のリゾット。たっぷりです。
デザートは三谷牧場のパンナコッタ、セロリとパイナップル入り。さらに燻製シナモンと黒ビールのクラフティ(タルト)。プティフールは木箱入りでした。細部まで素晴らしい…
エグゼクティブシェフは植木将仁さん。ごちそうさま!

20180602_020

20180602_021

20180602_023

20180602_025

20180602_032

20180602_033

20180602_043

20180602_046

20180602_048

20180602_050

20180602_051

20180602_053

 

20180602_056_2

20180602_057

20180602_060

20180602_066

20180602_067

20180602_071

20180602_073

20180602_074

20180602_080

20180602_084

20180602_085

2017.12.23

Takumi

Takumiでクリスマスの贅沢ディナー。港区西麻布1丁目11-10ビルマーサ1F。6804-6468。

2017年2月のオープン。コース1万8000円は前菜5,魚と肉各1,チーズ料理1、デザート11というリッチな構成で、組み合わせの妙を徹底するために各皿の詳細な説明をカードで配り、食材の一部を試験官で見せる入念さです。シェフは1988年生まれの大槻卓伺さん。

前菜のブリのオイル漬けは真空状態でマリネ。ポン菓子のリ・スフレを合わせて。フォアグラのフランは真鴨の生ハムとドライマッシュルームや蕎麦の実と。カキのポワレはベアルネーズソース+焦がしネギ、ポテチやチョリソーで。オマール海老は低温でしっとりさせ、トマトソース、根セロリ・エストラゴンのサラダでさっぱりと。最後に蝦夷鹿ローストは小麦胚芽とコンテチーズのリゾット、温泉卵、黒トリュフ、ポルト酒ソースで。

魚は真鯛のポワレをタラ白子ソース、白ポルト酒で。付け合せにマジョラム(ハーブ)とチーズのトースト風も。
肉はジューシーな仔羊ロースのロティを、山羊のシェーブルチーズ風味のジャガイモピューレと。蜂蜜マスタード風味の穀物キノアサラダ、レモンのピューレなども。

軽いチーズ料理はさっぱりルッコラのサワークリームソルベと、コクのあるオッソーイラティー(羊のチーズ)の牛乳ムース。
そしてお楽しみ、ジグソーパズルのように組み合わせたデザートの11皿がどーんと登場。細い麺カダイフとピスタチオ、苺の真空マリネ。ビターチョコのムースとまさかのイーストアイス。ブラウンシュガーのクッキーにレモンクリーム。セミドライ林檎のミルフィーユはカルバドス風味。ダコワーズの器に和栗と黒ビールクリーム。トンカ豆クレープとチョコ。ホワイトチョコのムース、ラズベリーのピューレは白ワインの炭酸ジュレと。スパイス風味プリンに赤ワインソース、黒イチジク。クリームチーズのムースはバニラ粒とブルーベリーソース。濃厚な薔薇ソースのブランマンジェ。そしてイオレ(コメの牛乳煮)とライチのソルベ。

800円から1400円のグラスワインを料理に合わせて出してもらい、一人3万円強。大量のカードは封筒に入れて、シーリングスタンプを押してくれました。ものすごく面白いけれど、時間がかかってちょっと疲れちゃうかな~ ごちそうさまでした!

2017.11.28

ハニーベイクド・ハム

仕事の合間に、神谷町のハニーベイクド・ハムで軽くランチ。港区虎ノ門5-1-5メトロシティ神谷町 1F。6450-1869。
地下鉄駅そばのカジュアルなサンドイッチ屋さん。店名はアメリカのハムのブランドのようです。肉やサラダ、飲み物を選べるスタイルで920円。
使えるお店です。夜はバーにも。

Dsc_0157

Dsc_0158


                  

2017.11.27

イルリトローボ

ヒルズのイベント帰りにイルリトローボで軽く。港区六本木6-4-1六本木ヒルズメトロハットB2。6438-9900。洋風居酒屋ですね。
高めのテーブル席で。ハーフ&ハーフ600円、フォルマッジピザの小さいのが900円、シーザーサラダ800円、コーヒーも飲んで一人2500円ほど。手軽です。

Dsc_0154

Dsc_0155

2017.09.14

牛和鹿六本木店

合宿の打ち上げでベタに牛和鹿(うしわか)六本木店。港区六本木7-14-11 NO.12ニイクラビル4F。050-3374-1514。六本木交差点にほど近い炭火焼肉の店です。
コース5000円はお刺身、塩、タレ、ホルモンにステーキもついてかなりのボリュームだ。けっこう呑んで一人1万円ほど。大勢の宴会向き。


2017.07.09

ラ・クレリエール

ラ・クレリエールで贅沢に誕生日ディナー。港区白金3-14-10ベルパラーゾシロカネ 1F 。5422-6606。白金高輪駅からは徒歩10分、住宅街にある、白を基調にした清潔感のあるフレンチです。

コースMenu Merci 感謝は、12品おまかせに、ワイン6杯のペアリングで24,500円。まずブーダンノワールのミニバーガーが面白い。ういきょう・ジュンサイのスープに雲丹フラン、レモンでソテーしたアオリイカと青豆は爽やか。鮎は半身、ヒレ、尾、頭を香ばしく焼いて、青海苔のピラフと青笹ソース、梅の泡が絵のようだ。華小町は小さいトマトに野菜を盛って、ミニチュアのガスパチョに。芸が細かいなあ。さらに火を通したトマトとクエをスプーンに載せた一口前菜も。
カサゴにリッチな肉ロースト。お祝いデザートまでしっかり頂きました。

シェフはレストランモナリザ出身の柴田秀之さん。ランチコースは1万円強から。いい雰囲気のお店です!

20170709_001

20170709_003

20170709_009

20170709_011

20170709_014

20170709_018

20170709_019

20170709_031

20170709_038

20170709_025

 

 

 

 

 

 

 

20170709_026

 

 

20170709_042

20170709_045

20170709_047

20170709_063

20170709_069

20170709_073

20170709_071

2017.07.04

カフェ ラ・ボエム 麻布十番

仕事帰りにラ・ボエム麻布十番に寄って軽く食事。港区麻布十番2-3-7 グリーンコート麻布十番。6400-3060。
照明暗め、ちょっとお洒落なインテリアの、ごくカジュアルなイタリアン。ゴルゴンゾーラピザ1490円、ハートランド540円。
表参道、銀座などにもあるチェーン店で、飲み放題付パーティープランが5000円程度と使いやすそう。

Dsc_0010_5


2017.03.03

瓢喜 香水亭

瓢喜香水亭六本木店で会食。港区六本木6-7-7 MERCURY六本木1・2F。050-3461-2562。繁華街のちょっと奥まった一角にある、落ち着いた和食店。端正な掘りごたつ形式の個室で。

コースとお酒でひとり1万5000円ほど。桜の枝を飾った豪華な前菜は、平貝にのせた貝盛り合わせとタラの芽、こごみ、スナップ豌豆という春らしい味。酒肴に鮑の酒蒸しと毛蟹、細魚酒盗和えのお造りのあと、お椀。箸休めに花山葵の土佐酢漬けに文旦を挟み、焼き物は牡丹海老の塩焼き、白魚いかだ焼き、ホワイトとグリーンのアスパラに椎茸味噌を添えて。煮物はほっこりと白子と田芹、白菜の昆布煮。贅沢に河豚雑炊で〆。デザートは苺、オレンジ、レモンジュレでさっぱりと。

若い社長夫妻も気持ちがいい。ガンバレ!

2016.11.23

比呂

比呂 (ひろ)で宴会。港区六本木4-9-1 佐竹ビル2F。3405-4867。六本木交差点近く、俳優座裏のビル2Fにある居酒屋。

お酒はホッピーが軸。名物明石焼きなど、お腹にたまるメニューが多い。
すごく庶民的だけど、場所柄、またご主人・俊藤正弘さんは父が往年の東映プロデューサー、妹がなんと富司純子さんのお兄さん、銀座の文壇バー出身とあって、芸能人にも知られているらしいです。実は凄い店。

            

2016.09.04

ラゴッチャ トウキョウ

ラゴッチャ トウキョウで友人の結婚披露2次会。 港区白金台4-8-10。5422-6889。白金台駅1番出口をでてすぐのイタリアンを、貸し切りで。

呑み放題のコースは5000円程度から、貸し切りは26万円だそうです。秋川牛や鮮魚のメニュー、オープンキッチン前のワイン樽の半円形カウンターなどが売り物とのこと。少人数の個室もあり。

より以前の記事一覧