2017.03.03

瓢喜 香水亭

瓢喜香水亭六本木店で会食。港区六本木6-7-7 MERCURY六本木1・2F。050-3461-2562。繁華街のちょっと奥まった一角にある、落ち着いた和食店。端正な掘りごたつ形式の個室で。

コースとお酒でひとり1万5000円ほど。桜の枝を飾った豪華な前菜は、平貝にのせた貝盛り合わせとタラの芽、こごみ、スナップ豌豆という春らしい味。酒肴に鮑の酒蒸しと毛蟹、細魚酒盗和えのお造りのあと、お椀。箸休めに花山葵の土佐酢漬けに文旦を挟み、焼き物は牡丹海老の塩焼き、白魚いかだ焼き、ホワイトとグリーンのアスパラに椎茸味噌を添えて。煮物はほっこりと白子と田芹、白菜の昆布煮。贅沢に河豚雑炊で〆。デザートは苺、オレンジ、レモンジュレでさっぱりと。

若い社長夫妻も気持ちがいい。ガンバレ!

2016.11.23

比呂

比呂 (ひろ)で宴会。港区六本木4-9-1 佐竹ビル2F。3405-4867。六本木交差点近く、俳優座裏のビル2Fにある居酒屋。

お酒はホッピーが軸。名物明石焼きなど、お腹にたまるメニューが多い。
すごく庶民的だけど、場所柄、またご主人・俊藤正弘さんは父が往年の東映プロデューサー、妹がなんと富司純子さんのお兄さん、銀座の文壇バー出身とあって、芸能人にも知られているらしいです。実は凄い店。

            

2016.09.04

ラゴッチャ トウキョウ

ラゴッチャ トウキョウで友人の結婚披露2次会。 港区白金台4-8-10。5422-6889。白金台駅1番出口をでてすぐのイタリアンを、貸し切りで。

呑み放題のコースは5000円程度から、貸し切りは26万円だそうです。秋川牛や鮮魚のメニュー、オープンキッチン前のワイン樽の半円形カウンターなどが売り物とのこと。少人数の個室もあり。

2016.05.18

破天荒

仕事の合間にランチ。地下鉄・神谷町駅出口のすぐ裏にある和食店。港区虎ノ門5-3-2 神谷町アネックス 1F。6459-0810。小さいお店のカウンターで。
ランチは赤、白、黒の3種で1400円。海鮮がメーンだけど、鶏にしてみました。ボリュームたっぷりで安定感があります。

Dsc_0514

2016.02.10

アンリ・ルルー

チョコを買いに来たついでに、アンリ・ルルー直営店の併設カフェでランチ。港区赤坂9-7-1東京ミッドタウンガレリアB1。3479-9291
お菓子売り場のすぐ横にあって、お洒落だけど大げさすぎない。ガレットのランチコンプレットにグレープフルーツジュースをつけて1188円と、手ごろです。ヨックモック経営。

Dsc_0373

2015.09.30

田酔 六本木ヒルズ分店

仕事で出かけた帰りに人形町田酔・六本木ヒルズ分店でランチ。港区六本木6-4-1六本木ヒルズメトロハットB2。5770-8188。
割と落ち着いた居酒屋風。平日のランチは日替わり1200円で、秋刀魚焼きに小鉢、十日町こしひかりのご飯、さらにでっかいだし巻き卵がついて、良心的です。

夜は日本酒が主体で、コースは4800円から、飲み放題2000円から。人形町の本店も行ってみたいな。

Dsc_0147

2014.11.29

大はし

 

ミュージカル帰りに「大はし」。港区六本木6-2-35六本木662ビル5F。050-5890-6011。

麻布警察の横にある小じゃれ地鶏の店。青森シャモロックなどの焼鳥の食べ比べ3種1000円やエリンギなどの野菜、甲斐極め鶏の親子丼850円など、リーズナブルで美味しい。鍋など宴会コースも充実していて、個室があるようです。

014_2

015_2

 

017_2

016_2

2014.11.24

「暗闇坂宮下」

観劇帰りに「暗闇坂宮下」で贅沢ディナー。港区元麻布3-12-1アベストコートB1。3402-2655。

照明暗めのカウンターで大人っぽい。旬彩コース1万円。

先付は鮟肝ポン酢と焼き胡桃豆腐。飛竜頭のお椀、お造り、お凌ぎに松の実粥が挟まり、焼き物は宮崎産尾崎牛の炭火焼。海老芋や柚子味噌も美味だ。煮物は蝦夷鮑の蕪蒸し、食事は栃木産ミルキークイーン白飯にのどぐろ一夜干しも出てきた。甘味のついて満腹です。黒龍いっちょらいなどを呑んで一人1万6000円ほど。ご馳走様でした! 

個室もあるようです。

007

008

009_2

012

013

014

015

016

017

018

019

020

024


2014.11.09

青華こばやし

誕生祝いで青華こばやし。港区六本木7-10-30清水ビル1F。6459-2210。

大将の小林雄二さんがほとんど一人で切り盛りしている和食の店。カウンターとテーブルが一つでほぼいっぱい。贅沢素材を生かした料理はもちろん、18歳からこつこつ買いためているという作家ものの器が素晴らしい(店名は陶芸家の名に由来するとか)。お話も楽しいし。

お任せで、柔らかい鮑、いくらの出汁漬けなどの前菜、鯛の酒蒸しなどたらふく食べて、日本酒を飲んで一人2万2000円。不定休で予約が入れば営業する構えのようです。

014

016

018

021

023

025

028

032

038

040


2014.10.08

シャポーマルゴ

仕事の合間にShapeau Marugo(シャポーマルゴ)でランチ。港区六本木6―4―1六本木ヒルズメトロハットB2。6721-1305。

日比谷線六本木駅口近くにあるワインバーです。カウンターで。ハヤシライス800円。けっこう本格派だ。新宿が本拠のマルゴグループ。

より以前の記事一覧