2022.04.17

栞庵やましろ

難しい観劇のあと、神楽坂の栞庵やましろでディナー。新宿区神楽坂3-6-19青柳LKビル3F。6265-0548。銀座の一つ星店がプロデュースする江戸前鮨です。

おまかせ上コース1万3000円は、前菜3種、赤酢のシャリにスミイカ、コハダ、赤身漬け、小雲丹丼、赤貝、車海老などなど。筍や茶碗蒸しもあって大充実。お酒をグラスでいろいろもらって、デザートにちょっと意外な自家製カステラが出て、ひとり2万弱。素晴らしいです。

大将は山田哲広さん。半個室もあり。

Img_9587 Img_9590 Img_9592 Img_9596 Img_9598 Img_9600 Img_9601 Img_9602 Img_9603 Img_9605 Img_9608 Img_9610 Img_9612 Img_9614 Img_9616 Img_9618 Img_9620 Img_9621 Img_9623 Img_9625 Img_9626 Img_9627 Img_9628 Img_9629 Img_9630 Img_9631

2021.07.23

愚直に

レッスン帰りに「愚直に」でディナー。新宿区神楽坂4-3近江屋ビル4F。050-3138-5225。「神楽坂 石かわ」グループ店舗として2020年9月にオープン。隠れ家のようにこじんまり、けれど味はもちろん一流です。カウンターで。

おまかせコース2万2000円。白エビの飯蒸しコノコのせ、香ばしい揚げ鮎、鰯つみれとモズクのお椀、ウニのジュレがけと炙りハモは組み合わせが絶妙、トキシラズの炙り、甘ーい焼き白トウモロコシの唐墨かけ、濃厚な和牛の海老だしスープ仕立て、びっくりハマグリとジュンサイの冷製ラーメン、〆は香り高い新生姜の炊き込みご飯! 鯨の脂を使うそうです。贅沢すぎ。お酒も頂いてデザートはアイス。ひとり2万7000円ほど。

ご主人の大塚将人さんはじめ若々しい雰囲気がいい。

Img_6534 Img_6535 Img_6536 Img_6538 Img_6540 Img_6541 Img_6543 Img_6544 Img_6547 Img_6549 Img_6551 Img_6553 Img_6555 Img_6556 Img_6558 Img_6560 Img_6562 Img_6563 Img_6567 Img_6561 Img_6568

2021.06.27

インボスコ

観劇から、インボスコ (In Bosco)で誕生日ディナー第1弾。文京区小石川5-13-6。5844-6494。意外な住宅街にあるイタリアン。とにかく若いご主人の趣味のような、贅沢食材のオンパレードに圧倒されます。カウンターで。お客さんはベンチャーか飲食関係っぽい雰囲気。
 
スペシャルコースは日本酒も混ぜたペアリング付で、4万4000円! のっけから山盛りキャビアでガツンと。生春巻き、星かれいのカルパッチョに続いて、美しい雲丹のカペリーニ、珍しい雲丹の「歯」も頂く。トウモロコシにはトリュフ。柔らかい鮑ソテー、名物・車海老フライのサンドもがっつりと。特産松阪牛には高級な寿卵。〆は2連発で、まさかのあんかけ焼きそばに、サクを手にのせるとしなっちゃう、美味な鮪のどんぶり。いやー、たたみかけ過ぎ。
デザートにバスチー(バスクチーズケーキ)#65。奥さんがいろいろと改良を重ねた、65番目のバージョンだそうです。満腹満腹。

Img_6148 Img_6152 Img_6153 Img_6154 Img_6156 Img_6158 Img_6163 Img_6164 Img_6170 Img_6171 Img_6174 Img_6175 Img_6177 Img_6180 Img_6182 Img_6183 Img_6186 Img_6188 Img_6190 Img_6192 Img_6193 Img_6195 Img_6196 Img_6197 Img_6198 Img_6199 Img_6201 Img_6203 Img_6208

2021.03.14

清水

大好きな劇作家夫妻と神楽坂の創彩割烹・清水で食事。路地を入ったところにある一軒家で、芸者さんの旧居を改装したという大正ロマンが素敵だ。新宿区神楽坂5-37。5261-2002。小さい、掘りごたつの個室で。
神楽コース7480円。雲丹豆腐が名物らしい。八寸、お造り、雲丹の蒸し物、魚塩焼き、肉煮込み、炊き込み飯、デザートと手堅いです。味もラベルもインパクトある「ジューシー雄町」(岡山・利守酒造)など、お酒もそこそこ頂いて、ひとり1万円強。
シェフは清水拓郎さん。

Dsc_0774

2020.10.29

また、まる富

素敵な知人とまる富でディナー。いつもながら充実。

まず八寸は秋刀魚の松前鮨、洋梨生ハム巻、海老芋田楽、銀杏松葉串、近江蒟蒻、子持ち昆布、蒸し鮑。蟹しんじょのお椀、鯛と鰹のお造り、蓮根と穴子の万頭、菊花と車海老のお浸し、和牛ヒレステーキ。食事はカマスと平茸の炊き込みご飯。デザートはとろとろの代白柿(京都名産で渋柿の渋を抜いたもの)と栗茶巾。

 

2020.08.08

DIRITTO(ディリット)

友人のお店訪問の帰りに、DIRITTO(ディリット)。新宿区神楽坂5丁目5−30−4 4F。6280-7781。ビルの一室にあるこぢんまりしたイタリアン。

MENU ABBINAMENTO 四季のコースとワインのペアリングコース1万6000円。カンパリやシェリーを頂きつつ、アミューズは夏らしくコーンのムース。前菜は海の幸のマリネ。長崎の穴子の香草蒸しは、ふわふわをトマトのケッカソースで。パスタはまずスパゲッティーニ、渡り蟹のトマトソース、そして甘ーい三浦「こだわり南瓜」のラビオリは、黒トリュフが絶妙のアクセント。パンはフカフカしていてローズマリー入り。メーンはシャラン産ビュルゴー家鴨のロースト、付け合わせは水茄子など。ワインもたっぷり。
ドルチェは桃コンポートにさっぱりユーグルトのソルベ。ベリーニ風ということで、シャンパンをかけて。水出しほうじ茶などのお茶に、フルーツとフィナンシェでシメ。ご馳走様でした!

常連さんがいらしてる感じで、居心地の良いお店です。

20200808-014 20200808-019 20200808-020 20200808-021 20200808-022 20200808-025 20200808-028 20200808-029 20200808-030 20200808-032 20200808-033 20200808-037 20200808-038 20200808-042 20200808-046

2020.02.23

リストランテ アルベラータ

さいたまでの観劇帰りに、リストランテ アルベラータでディナー。新宿区神楽坂3-6鶴田ビル。
コース1万円。つきだしの後、前菜の盛り合わせ、ヤリイカと筍の白ワイン煮込み・焼きポレンタ添え。スパゲティは春らしく、ほたてと菜の花のオイルソース、さらに春豆を和えたタリアテッレは仔牛のラグーソースで。メーンのお肉を選び、ドルチェとカフェ。
ワインを頂いて1人1万2000円弱。黄色の壁が可愛く、落ち着いていいお店です。

20200223-017 20200223-021 20200223-023 20200223-024 20200223-026 20200223-028 20200223-031 20200223-034 20200223-038 20200223-041 20200223-043 20200223-048 20200223-053 20200223-055

2019.12.13

ふしきの

グルメの友人とふしきの。神楽坂の本多横丁にあるミシュラン星付きの贅沢カウンター和食。新宿区神楽坂4-3-11 神楽坂つなしょうテラス2F。3269-4556。
日本酒との組み合わせが楽しい、おまかせ会席1万2000円。お酒を頼んで1人2万3000円と贅沢。香箱蟹もあって幸せです。料理は京都の料亭出身、荒巻吉男氏、お酒と器は店主・宮下祐輔氏のチョイスとか。

Dsc_0045 Dsc_0046 Dsc_0047 Dsc_0049 Dsc_0051 Dsc_0053 Dsc_0055  Dsc_0058 Dsc_0061 Dsc_0064 Dsc_0065

2019.05.15

二三

文楽人形遣い夫妻と二三(ふみ)で会食。新宿区神楽坂6-8-23。神楽坂のビル2、3fにある肉割烹。
懐石で上品に、肉と日本酒をいただけます。魚も挟みながらサーロイン、タン、ヒレ、牛すじ、カツと満腹! 和牛の一頭買いだそうです。

★残念ながら閉店したようです…

20190515-001

2019.02.12

叶え神楽坂店

ご馳走や叶え神楽坂店で、旦那さまの知人の社長就任祝い。新宿区神楽坂3-6-19青柳LKビルB1。6256-0480。飯田橋から徒歩7,8分、坂の途中の見番横丁入り口にある気楽な居酒屋です。個室で。
海鮮寄せ鍋コースは
能登の地酒10種飲み放題付で6000円。穴水産の能登牡蠣、能登島高農園直送の野菜サラダ、鮮魚三点盛り、焼魚、あん肝。寄せ鍋はうどんで〆。ちょっと騒がしいかな。

より以前の記事一覧