2017.03.29

ル・トランブルー神楽坂

ル・トランブルー神楽坂で呑み会。新宿区神楽坂1-14。3268-1812。
飯田橋駅から神楽坂下に向かう道沿いの、狭いワインバー。カウンターの一人呑みが多い。奥にひとつだけある小さいテーブルで。
ハイチェアだし、あまり落ち着かないけど、軽くグラスワインなどをもらい、パスタを数種類頼んで一人4000円程度と手ごろです。

2016.12.14

梅香

同僚と話題の梅香(メイシャン)へ。新宿区横寺町37-39中嶋第一ビル1F。3260-2658。牛込神楽坂駅A2出口から徒歩数分の、四川料理店です。

4人がけテーブル席が数個の、小さく庶民的な店。姉妹で切り盛りしているらしく、感じがいい。ビブグルマン入りで混んでおり、入り口近くのガラス窓から見えるキッチンで、山村光恵シェフがとっても忙しくしてます。キハチチャイナ出身とのこと。
お勧めコースは5400円。丁寧な前菜盛り合わせから汁無し担々麺、正統派・麻婆豆腐まで、山椒ピリ辛で美味。ワインも充実してます。

Dsc_0080

Dsc_0081

Dsc_0082

Dsc_0083

2016.10.27

瓢箪坂おいしんぼ

同僚と瓢箪坂おいしんぼで軽い呑み会。新宿区白銀町2-3。050-5570-6725。神楽坂上から消防署手前のY字路を入った、目立たないところにある和ダイニング。暖簾が目印だ。

元料亭を改装したそうで、1Fは靴を脱いであがる広い畳敷きのスペースに、自然の木株を使ったテーブル、掘りごたつ式の赤いコの字カウンター、電話ボックスを使ったクロークなどを不規則に配置。昭和テイストで面白い。

瓢箪坂コース5000円はお刺身、焼き魚、小さい紙鍋、土鍋の炊き込みご飯…と、野菜、魚がメーンで優しい味。人気割烹の2号店とあって、丁寧です。日本酒や女性向きのカクテルなどが揃っており、白加賀梅酒500円や柚子蜜サワー550円を軽く飲んで、ひとり7000円強。

2Fに個室があるそうで、カジュアルな呑み会向き。外国人にも喜ばれるかも。

Dsc_0075_1

Dsc_0076_1

Dsc_0077_1

Dsc_0079_1

Dsc_0080_1

2016.10.12

大川や

手打ちそばの大川やで会食。千代田区九段南3-4-2。3234-8887。奥の個室で。
常陸秋そばを真空・低温保存して、日々石臼で自家製粉しているそうです。お刺身、天ぷら、だし巻き卵などを頂き、日本酒をけっこう呑んで一人6000円ほど。

2016.07.17

朱白

三茶から転進し、朱白(すはく)でディナー。新宿区神楽坂3-6-22 The Room 神楽坂4F。3260-2603。早稲田通り沿い、飯田橋から坂を上がって毘沙門天手前、左のビルにあるイタリアン。元はお寿司屋さんだったという、入り口は白木の引き戸、黒っぽいインテリアにカウンター8席と2人がけテーブル2つだけの店で、佐野洋平オーナーシェフが楽しくおしゃべりしてくれる。

料理は和風テイストが面白く、あまりしつこくなくて、季節感がたっぷり。器も綺麗です。
カード企画の特別コース5000円。小鉢の前菜から凝っていて、味わいがあり、まずシラスと椎茸、干鱈とパプリカ、そして牛蒡とレバーペーストに、フランスから取り寄せたたという、あっさりモッツァレラが美味!
炙った鱧、牛グリル、〆に見た目は完全にコメのショートパスタを、トリュフ風味で。お酒は料理に合わせて、イタリアのロゼから、板橋「酒道庵」さんから入れているという日本酒まで、自在に選んでくれます。
デザートは胡麻アイスとチョコ、コーヒーで満足。だいぶサービスしてくれて、ひとり7000円。通常コースは6000円か8000円、プラスお酒が4000円のようです。時々ワイン会も開催するとか。また来ます!

店を出たら毘沙門天さんでは、月末に本番を迎える阿波踊りの稽古中で、賑やかでした~

20160716_004

20160716_005

20160716_007

20160716_009

20160716_011

20160716_012

20160716_013

20160716_015

20160716_017

20160716_019

2016.07.06

はらまさ

はらまさで会食。新宿区片町2-2。5312-7307。靖国通り沿い、カウンターと小さいテーブルだけの、予約を取りづらい割烹です。

コースは7000円から。手の込んだお皿が次々と。〆はトリュフご飯。卵かけにもしてくれます。ひや~
まだ30代のご主人、原正太郎さんが研究熱心で、感じいいです。

2016.03.28

エンジン

食通の友人とエンジン。新宿区神楽坂5-43-2roji神楽坂1F。6265-0336。神楽坂上に近い路地裏の、ちょっと分かりにくいところにある、お洒落中華。白を基調にした、透明感のあるインテリアです。

お料理は和素材を使っていて、全体に軽い味わい。コースは8品で7000円。前菜はピータン湯葉、蒸し鶏の茗荷ソース、無花果と蓮芋の胡麻和え。イカ墨など意表をつく春巻2種、旬の野菜の炒め物、スペシャリテの黒酢の酢豚など、捻り過ぎない工夫がある。食器も和のテイストがあり、落ち着いてます。

オーナーシェフは赤坂の元・うずまきの松下和昌さん。ご馳走さま。

Dsc_0457

Dsc_04591

Dsc_0460

Dsc_0461

Dsc_0462

Dsc_0463

Dsc_0465

Dsc_0466


Dsc_0458

2015.11.19

スタジオーネ・フルッティフィカーレ

神楽坂の面白いフルーツ・イタリアンで女子会。新宿区神楽坂6-8。050-5799-0489。坂の上、地下鉄の神楽坂駅に近い、ちょっとわかりにくい路地裏にある、こぎれいな一軒家。落ち着く2Fの個室で。

夜はシェフのおまかせコース4500円のみ。アミューズの後、季節の前菜はノルウェーサーモンと巨峰のエスカベッシュ(南蛮漬け)。スペシャリテはなんと紅玉りんご丸ごとと、フォアグラのファルス。
パスタは2種から選択のところ、親切に盛り付けてくれました。スパゲッティーニは小海老とポルチーニ、無花果のアーリオオーリオ。栗粉を練り込んだタリアテッレはリコッタチーズとマロングラッセのポロネーゼ。メインは3種のなかからイベリコ豚と生ハム、柿のトラメッツィーノ(サンドウィッチ)を選択。ほかにブリ大根や牛肉がありました。ワインはグラスで。

フルーツをふんだんに使っているので、一皿ごとに驚きがあり、盛り付けも美しくて女性向き。全体に甘いのは、何ともしがたいか。デザートは柚子と抹茶のオペラ仕立てで、飾りのいちょうの葉が秋らしかった。
6人以上だと、フリードリンクのパーティーメニューもあるようです。

Dsc_0230

Dsc_0232

Dsc_0233

Dsc_0236

Dsc_0239

Dsc_0241

2015.07.09

久しぶりに久露葉亭

「神楽坂 久露葉亭」で宴会。新宿区神楽坂3-6-53。5206-6997。坂をあがり、毘沙門天の手前を左折、行き止まりを左折して少し歩いたところ。すごく久しぶりに来たけど印象は変わらず、古~い料亭です。

20人程度がゆったり座れる2Fの座敷で。墨の襖絵がレトロです。禁煙。
宴会コースは飲み放題付5000円程度で手頃だけど、充実感はないかな。サラダ、お刺身、野菜を紙鍋の湯葉につけて食べる湯葉フォンデュ、焼き魚、変わり巻き鮨。お酒は焼酎、ハウスワインなどで地酒は無し。
大人数の宴会向きか。

2015.07.04

アルベリーニ

美味しいもの好きの友人とアルベリーニで軽く食事。新宿区袋町2杵屋ビル1F。050-5787-7584。神楽坂の坂を上がり、毘沙門天の先の路地を入ったところにある、流行りのビブグルマン、手頃だけど実力派のイタリアンだ。

細長い店内はごくカジュアルで、ちょっとカフェ風。料理はトスカーナだそうです。ハムの盛り合わせ1400円、パスタ各種が1300円程度、豚バラの香草焼き1200円と良心的。コントルノ(付け合わせ)が充実していて、ジャガイモロースト450円が量もたっぷりで美味。がっつりめで満足です。ワインをグラスでもらって、デザートもしっかり食べて、一人5000円弱。

カウンターがあっておひとり様も歓迎とのこと。シェフ中村鉄平さんはフィレンツェで修業したとか。

より以前の記事一覧