2017.10.01

おの寺

観劇帰りにおの寺で充実ディナー。神楽坂の雑居ビルにある小さい和食店。堅苦しくないけど、季節感と工夫、端正を味わえる。新宿区神楽坂3-2。3260-2066。飯田橋から徒歩7分、神楽坂を上がった右手、呉服店ビルの4F。カウンターで。

お任せコース8500円で、まずさっぱりと、シメジとほうれん草、菊のお浸し。お造りは早くもクエ、そしてトロっとした〆鯖。丁寧に手作りしたという、鰯のつみれ汁でほっこりし、焼き物はさわらの塩焼き。皮まで美味だ。秋らしい甘い松茸、銀杏、サツマイモを添えて。
煮物はぷりぷりの海老、穴子、丸ナスのおろし煮。あられを振って。出汁まですっかり頂く。小ぶりの甘鯛唐揚げを挟んで、茶碗蒸しはチーズ入り、さらに生ノリをのせていて、意外性がある。チーズは歯ごたえのある南イタリアのカチョカヴァロだそうです。乾燥したモッツアレラと似ている。工夫しているなあ。
お酒は生ビールの後、阿部勘、上喜元、そして珍しい酒米・愛山を使った鶴齢、各1合1500円を頂き、ラストは定番という土鍋の炊き込みご飯。本日は秋刀魚とエリンギで、しっかりした味だ。なめこお味噌汁、細かく刻んだおしんこと。残りはお土産にしてもらい、ほうじ茶を頂いて、ひとり13000円ほど。ご馳走さま!

器も綺麗で、明るいご主人、小野寺和幸さんとのおしゃべりも楽しい。若い板前さんが2人。奥に、靴を脱いであがる掘りごたつ式のお座敷も。

20170930_007

20170930_008

20170930_009

20170930_012

20170930_014

20170930_015

20170930_016

20170930_018

20170930_019

20170930_020

20170930_021

20170930_022

2017.09.02

ラ・トゥーエル

観劇後に半蔵門からぶらぶら神楽坂まで散歩して、ラ・トゥーエルで贅沢ディナー。新宿区神楽坂6-8。3267-2120。飯田橋方向からだと神楽坂上の信号を過ぎ、りそな銀行の向かいの路地を右折したあたりの黄色い一軒家、外階段をあがった2階。山小屋風の内装が可愛いフレンチです。

特別コースはグラス4杯付で1万9000円。和の素材を大胆に使い、2重、3重に鯵を重ねている。複雑で独創的、かつ重くなくて楽しめる。
まずシャンパンと、チーズの小さいクッキーをつまんでから、一口大のアミューズブーシュが4種。定番というレモングラスのアイスがさっぱり。ヨモギのケーキも意外感がある。そしてエディブルフラワーをぱくっ。
続く前菜は湯引き鱧、海老出汁で似た冬瓜、フォアグラ、ルバーブ。焼きナスのソースがしっかり苦くて引き締まる。

鮮魚はアイナメがぷりぷり。素麺がぼちゃのサラダ、海ぶどうを添えて。そしてスペシャリテの鮎のタルト・フリアンド。トリュフと山椒風味のシヴェソース(赤ワインソース)が濃厚です。ちょっと凝り過ぎかなあ…
お肉は柔らかい仔羊の部位3種を、それぞれの味わいで。ココナツとミントで炊いたコメや、グリーンカレーのソースがエスニックなアクセントに。ワインはグラスで白2、赤1。
鮎の香りを加えたコンソメを一口頂いて、デザートはピスタチオアイス、ピスタチオムースなどの盛り合わせと、華やかなピニャコラーダのパフェ。コーヒー、生チョコなどのお茶菓子まで、しっかり頂きました。

イケメンの山本聖司オーナーシェフは銀座レカンなど出身。秋はジビエが充実しているようです。接客も好印象。ご馳走さま!

20170902_026_2

20170902_029

20170902_030

20170902_033

20170902_035

20170902_036

20170902_040

20170902_042

20170902_048

20170902_049

20170902_050

20170902_054

20170902_056

20170902_060

20170902_032

20170902_020

ル・コワンヴェール

観劇とディナーの合間にル・コワンヴェールでスムージー。新宿区神楽坂2-20-14。3513-7612。
神楽坂の路地にあるアグネスホテル東京直営のパティスリーで、道を挟んだホテルの野外テラスを利用できる。9月下旬まで限定のスムージーは、3種のベリーとローズヒップ、4種の柑橘類とエルダーフラワーエッセンスの2種で、各460円。爽やかです。

20170902_018

20170902_015

2017.03.29

ル・トランブルー神楽坂

ル・トランブルー神楽坂で呑み会。新宿区神楽坂1-14。3268-1812。
飯田橋駅から神楽坂下に向かう道沿いの、狭いワインバー。カウンターの一人呑みが多い。奥にひとつだけある小さいテーブルで。
ハイチェアだし、あまり落ち着かないけど、軽くグラスワインなどをもらい、パスタを数種類頼んで一人4000円程度と手ごろです。

2017.03.07

神楽坂ヴェーリ

お祝いの会食で神楽坂ヴェーリ。新宿区神楽坂6-24。050-5890-8384。神楽坂駅から徒歩数分、路地にある3F建ての小さいビル。1Fでインターホンを押して入る形式の、ちょっと隠れ家風のリストランテだ。2Fのテーブルで7人ほど。

ディナーのお任せコース7800円にワインをもらって、ひとり1万3000円。凝ったアミューズ、カンバスみたいな形のパン、季節感あるカルパッチョ、パスタ、そして熟成牛のロースト、デザート。お茶菓子まで、とても充実している。ちょっと気取った雰囲気のところに要注意。

Dsc_00271

Dsc_0028

Dsc_0029

Dsc_0030

Dsc_0031

Dsc_0032

Dsc_0037

Dsc_0038

Dsc_0039

Dsc_0040

2016.12.14

梅香

同僚と話題の梅香(メイシャン)へ。新宿区横寺町37-39中嶋第一ビル1F。3260-2658。牛込神楽坂駅A2出口から徒歩数分の、四川料理店です。

4人がけテーブル席が数個の、小さく庶民的な店。姉妹で切り盛りしているらしく、感じがいい。ビブグルマン入りで混んでおり、入り口近くのガラス窓から見えるキッチンで、山村光恵シェフがとっても忙しくしてます。キハチチャイナ出身とのこと。
お勧めコースは5400円。丁寧な前菜盛り合わせから汁無し担々麺、正統派・麻婆豆腐まで、山椒ピリ辛で美味。ワインも充実してます。

Dsc_0080

Dsc_0081

Dsc_0082

Dsc_0083

2016.10.27

瓢箪坂おいしんぼ

同僚と瓢箪坂おいしんぼで軽い呑み会。新宿区白銀町2-3。050-5570-6725。神楽坂上から消防署手前のY字路を入った、目立たないところにある和ダイニング。暖簾が目印だ。

元料亭を改装したそうで、1Fは靴を脱いであがる広い畳敷きのスペースに、自然の木株を使ったテーブル、掘りごたつ式の赤いコの字カウンター、電話ボックスを使ったクロークなどを不規則に配置。昭和テイストで面白い。

瓢箪坂コース5000円はお刺身、焼き魚、小さい紙鍋、土鍋の炊き込みご飯…と、野菜、魚がメーンで優しい味。人気割烹の2号店とあって、丁寧です。日本酒や女性向きのカクテルなどが揃っており、白加賀梅酒500円や柚子蜜サワー550円を軽く飲んで、ひとり7000円強。

2Fに個室があるそうで、カジュアルな呑み会向き。外国人にも喜ばれるかも。

Dsc_0075_1

Dsc_0076_1

Dsc_0077_1

Dsc_0079_1

Dsc_0080_1

2016.10.12

大川や

手打ちそばの大川やで会食。千代田区九段南3-4-2。3234-8887。奥の個室で。
常陸秋そばを真空・低温保存して、日々石臼で自家製粉しているそうです。お刺身、天ぷら、だし巻き卵などを頂き、日本酒をけっこう呑んで一人6000円ほど。

2016.07.17

朱白

三茶から転進し、朱白(すはく)でディナー。新宿区神楽坂3-6-22 The Room 神楽坂4F。3260-2603。早稲田通り沿い、飯田橋から坂を上がって毘沙門天手前、左のビルにあるイタリアン。元はお寿司屋さんだったという、入り口は白木の引き戸、黒っぽいインテリアにカウンター8席と2人がけテーブル2つだけの店で、佐野洋平オーナーシェフが楽しくおしゃべりしてくれる。

料理は和風テイストが面白く、あまりしつこくなくて、季節感がたっぷり。器も綺麗です。
カード企画の特別コース5000円。小鉢の前菜から凝っていて、味わいがあり、まずシラスと椎茸、干鱈とパプリカ、そして牛蒡とレバーペーストに、フランスから取り寄せたたという、あっさりモッツァレラが美味!
炙った鱧、牛グリル、〆に見た目は完全にコメのショートパスタを、トリュフ風味で。お酒は料理に合わせて、イタリアのロゼから、板橋「酒道庵」さんから入れているという日本酒まで、自在に選んでくれます。
デザートは胡麻アイスとチョコ、コーヒーで満足。だいぶサービスしてくれて、ひとり7000円。通常コースは6000円か8000円、プラスお酒が4000円のようです。時々ワイン会も開催するとか。また来ます!

店を出たら毘沙門天さんでは、月末に本番を迎える阿波踊りの稽古中で、賑やかでした~

20160716_004

20160716_005

20160716_007

20160716_009

20160716_011

20160716_012

20160716_013

20160716_015

20160716_017

20160716_019

2016.07.06

はらまさ

はらまさで会食。新宿区片町2-2。5312-7307。靖国通り沿い、カウンターと小さいテーブルだけの、予約を取りづらい割烹です。

コースは7000円から。手の込んだお皿が次々と。〆はトリュフご飯。卵かけにもしてくれます。ひや~
まだ30代のご主人、原正太郎さんが研究熱心で、感じいいです。