2022.06.11

つるとかめ

偵察でつるとかめでディナー。中央区銀座6-7-15第2岩月ビルB1。5537-7045。並木通り、交詢ビルの裏にある端正な和食店。板前さんが全員女性でホスピタリティが高く、カウンター越しの気っぷの良さが楽しい。

「つる」コース1万1000円は暑気払いがテーマ。鮑や胡麻豆冨に小豆をのせた水無月豆冨などの前菜に続き、目の前で骨きりしていた鱧のお椀でほっこり。イカや鱸に海ぶどうをのせたお刺身。鱸の皮が丁寧。お凌ぎは稲庭うどんを味噌出汁、雲丹のせで。味噌と鰹だしを煮詰めた「たれみそ」は江戸時代前半の食べ方だそうです。八寸は神社の「夏越しの祓え」をイメージした「茅の輪」を飾り、少林寺拳法の教えにちなんだ「健(拳)禅一如」「力愛不ニ」がひらひら。内容は蛸の柔らか煮、山椒がきいた鰻の八幡巻き、丸十蜜煮、自家製刺身ゆばの酒盗餡掛けなど。
焼き物はさっきまで目の前で泳いでいた北海道の稚鮎をかりっと。浦島太郎みたいなビクと笹も面白い。なんと甘エビはサービス。煮物は金の茄子の器に入った、とろとろナスと茗荷。〆は健康的にモズクとイクラのお雑炊。
お薦めの地酒を1合1430円ずつ4種を錫の酒器でもらって、ひとり3000円ほど。デザートに目の前で練ったワラビ餅と嬉しい季節の枇杷、お抹茶を頂いて、合計ひとり1万5000円弱はお得。大満足です。

もう一つの「かめ」コースは1万7600円。毛ガニや鯨刺し、稚鮎を巻物にしたり、デザートに葛きりを作ってくれたり。20時からは単品もあるそうです。
お祝いサービスの歌が可愛い。板長はチャキチャキ蒲原ゆばこさん。6人の個室が3つ、4人のテーブルもあって、いいお店です!

Img_1207 Img_1209 Img_1210 Img_1217 Img_1212 Img_1215 Img_1218 Img_1222 Img_1223 Img_1224 Img_1225 Img_1228 Img_1229 Img_1235 Img_1237 Img_1242 Img_1243 Img_1245 Img_1250 Img_1251 Img_1261 Img_1266  Img_1273Img_1269Img_1268Img_1255Img_1247

2022.06.01

ラール・エ・ラ・マニエール

ラール・エ・ラ・マニエールで偵察ディナー。中央区銀座3-4-17オプティカB1。3562-7955。「銀座駅」C8番出口から徒歩2分。マロニエの鉄レリーフが乙女チックなダイニングで。お祝いのテーブルにバラを散らすデコレーション(3300円~)が目を引く。

コース1万1000円はフィンガーフードのアミューズから正統派。前菜、魚、肉と香りを大事にしていて美味~ 思わずチーズ1100円も追加。ペアリングはワインのみ8800円、すべて一工夫あるお茶を混ぜると7700円で、デザートに合わせた泡盛も!

ひとり2万3000円と贅沢になったけど、7月からコースが1万8000円程度からになるそうで、残念ながら偵察の目的は果たせず。でも贅沢OKの会食だったらまた来たいお店です。シェフは早田六月さん、自在なペアリングは支配人の千田健さん。6人までの個室もあるそうです。

Dsc_0233 Dsc_0235 Dsc_0236_20220606223801 Dsc_0238 Dsc_0239 Dsc_0241 Dsc_0243 Dsc_0245 Dsc_0249 Dsc_0250 Dsc_0256 Dsc_0261 Dsc_0262_20220606223801 Dsc_0270 Dsc_0272 Dsc_0276 Dsc_0273 Dsc_0282 Dsc_0285

2022.05.26

ベトナムフロッグ

仕事の合間にベトナムフロッグ汐留店でランチ。港区東新橋1-5-2汐留シティセンターB1F。050-5594-3463。ビジネスマンで賑やかなビル地下にあってカジュアル。

定食がいろいろあり、ベトナム料理店だけどタイ料理の辛くないガパオライスをチョイス。旨みのある鶏のフォー(ハーフ)がセットになっていて、1100円でがっつり。パクチーは入れ放題です。

Dsc_1337

2022.05.22

寛幸

歌舞伎帰りに寛幸でディナー。中央区銀座4-10-1 HOLON-GINZA6F。6264-3317。東銀座にほど近い小さいビルにある小料理屋さん。カウンターのみ。
ひとひねりある創作和食は意外性満点。お任せコース2万2000円は、まず食欲をそそるジュンサイ入りトマトジュースが出て、香ばしい桜鱒のカラスミがけ、続く鰻と花山椒のミニハンバーグが可愛い。さっぱり上品な冷製レバニラ、平貝にあられをまぶした揚げ物、飛騨牛ロースト、とろとろ揚げ出し豆腐のフカヒレあん。〆は桜海老とスナップエンドウの炊き込みご飯で春を味わう。
デザートはコーンに盛ったマンゴーアイスでした~ お酒もいろいろ頂いてひとり2万7000円ほど。ごちそうさま!

Img_0823 Img_0826 Img_0827 Img_0828 Img_0832 Img_0834 Img_0839 Img_0843 Img_0845 Img_0847 Img_0850 Img_0853 Img_0858 Img_0859 Img_0862

2022.05.18

IJ

久々にIJ(一乗寺)で、古典芸能を語る会。中央区銀座1-6-14。3535-8899。銀座1丁目にほど近い裏路地にある、一軒家のビストロだ。築70年以上の古民家だそうです。2階のテーブルで。
チャージ300円、オードブル盛合せやオムレツ、コロッケ、自家製ソーセージ、緑黄色野菜と生ハムのサラダなどに、名物「ジャンボンネット」も頂きました。鶏モモにキノコバターライスを詰めオーブンで焼いていて、ボリュームたっぷり。
お酒は1Fのセラーからもってきてもいいけど、本日はワイン好きの参加者が注文してくれて、シャンパーニュのドラピエ6300円、モンラッシュ1万800円、ヌフ・デュ・パプ8800円と充実。
デザートのガトーショコラやプリンまで頂いて、ひとり1万円弱と大満足です。
コースも4000円程度から、呑み放題2000円からあります。美味しいもの好き同士の気楽な呑み会向き。夢屋経営。

2022.05.08

カスケード

文楽帰りにバセラ銀座カスケードで呑み会。中央区銀座6-13-16銀座ウォールビルB2・B3。0120-759-418。四丁目交差点にほど近いパーティースペース。リゾート風のカラオケボックスです。
昼下がりなのでランチコース+飲み放題5500円で、オードブル、サラダ、パスタ、鯛、牛フィレステーキ、デザート。

立ち寄った銀座SIXの吹き抜けは名和晃平の変容の庭。石巻に展示した鹿や、もくもく盛り上がった泡が、白い雲になって浮かんでた。

Dsc_1282

2022.04.19

観音山フルーツパーラー

観音山フルーツパーラーで軽くランチ。中央区銀座4-10-5東急ステイ銀座1F。6264-2684。和歌山の果物農家が経営する明るいカフェ。
フルーツワッフルとコーヒーで2230円。果物ぎっしりのパフェやフルーツサンドも。

Dsc_1258 Dsc_1256

2022.03.12

歌舞伎のあと、京橋酛(もと)でディナー。中央区京橋2丁目6−13 イーストビル 1F。050-5368-2842。京橋の裏路地の、ちょっとわかりにくいところにある小さな和食屋さん。割合あっさりとご馳走を食べさせてくれて大満足。カウンターで。
料理長おまかせアップグレードコース1万1000円は、色鮮やかなお椀に始まり、旨みたっぷりのお造り、角煮、桃の花も楽しい凝った酒の肴八寸、春らしい白エビ天ぷら、贅沢なすき焼きとご飯、デザート。
間違いない「田酒」「而今」のほか、微炭酸の「19桜Le cerisier rose m’ apporte 純米吟醸澱がらみ無濾過生原酒」(長野市・尾澤酒造場)とか「59Takachiyo AIMACHI(愛山&雄町) 無調整生原酒 純米吟醸」(新潟・高千代酒造)とか「誉池月2021BY純米佐香錦 60しぼりたて中取り」(島根・池月酒造)とか、いろいろ呑んでひとり1万5000円とリーズナブルだ。
料理長は佐久間佑吾さん、お酒を選んでくれるのは女将の谷口真理子さん。6名の個室もあり。

Img_8831 Img_8834 Img_8835 Img_8836 Img_8837 Img_8841 Img_8842 Img_8846 Img_8850 Img_8858_20220319091301 Img_8859 Img_8860_20220319091301 Img_8869 Img_8873 Img_8877 Img_8878 Img_8881

2022.02.05

リストランテ クロディーノ

急な映画鑑賞のあと、リストランテ クロディーノでディナー。中央区銀座3-4-17銀座オプティカ6F。5579-9815。雑居ビルにあるシックなイタリアン。照明暗めのテーブルで。
コース1万1000円。スプマンテとカンパリで乾杯し、まずスペシャリテのパルミジャーノチーズのシフォンケーキ。ふわふわ食感に散らしたハムのピンクが綺麗。前菜は燻製してマリネしたスズキを、根菜・栗のサラダと。厚切り2切れが太っ腹です。トリュフをのせたたっぷり極細パスタに続き、メーンはなんと島根のイノシシ。スパイスを効かせたグリル、カカオとナッツが美味な煮込み、ハーブと巻いたスライスと、3種のアレンジでだしてくれて変化に富む。ワインをイタリアらしいバローロなど、グラスで3杯頂き、デザートは素朴なお芋のペーストを挟んだパイとアイス、ハーブティー。ひとり2万円弱。
シェフ丸山孝一さんとベテランのオーナーソムリエ黒田敬介さんは2010年閉店のエノテカ・ピンキオーリ出身とのこと。

Img_8049 Img_8050 Img_8051 Img_8053 Img_8060 Img_8061 Img_8065 Img_8066 Img_8072 Img_8074 Img_8076 Img_8079

2021.12.25

銀座大石

日比谷で観劇のあと、銀座大石でクリスマスディナー。中央区銀座2-10-11 マロニエ通り銀座館2F。6278-8183。小さいビルにあるフレンチ。カウンター12席が同時進行、常連さんが多く、料理とともに大石義壱シェフの賑やかなおしゃべりを楽しみながら、たっぷり3時間。燕三条の青首鴨や豊後水道のマナガツオ、十勝の月光百合根、下仁田葱などなど、迫力ある素材を見せてもらい、炭火調理の過程も眺めて、エンタメ感たっぷりです。

おまかせコース2万6950円は、和の素材を生かしつつ、ボリューム満点なので量の調節を頼める。一口バター茶に始まり、軽いグジェールはマスノスケのタルタルに燻製キャビア。カリフラワーのムースと塩水雲丹のジュレがけに続き、なんと握りでボタン海老マデラ酒漬けとバルサミコ酢のシャリ。スープはすっぽんと4種の貝にほっこり蕪。さらに八寸は色鮮やかな3種のテリーヌ(野菜とオマール海老、牛頬肉にレンズ豆と焼茄子、山鳩・うずらと赤キャベツ)。
雲子グラタンはモンドールチーズと黒トリュフを控えめに。マナガツオのポワレは芋と貝のソース、燻製キャビアを添えて。
メーン1皿目あたりからペースダウンをお願いし、青首鴨のグリルは黒トリュフ、林檎のキャラメリゼと。追加で手羽やササミ、砂肝、レバーを挙手して頂く。口直しのスイカ(高知のルナピエナ)ジュースとライムシャーベットを挟み、いよいよ松阪牛ヒレ肉炭焼き。百合根のパイ包みも美味。お酒は日本酒もまじえ、ペアリングで頂きました。
さらにご飯ものが2皿あり、まず毛蟹の炊き込みご飯にブイヤベースを注いで。さらにびっくりのカレー。これはさらっとして意外に入る。
デザートは焼き目をつけて仕上げるクリスマスケーキ。そしてクレープシュゼットはミカン(紅まどんな)とチョコムース。ハーブティーも数種から選べます。
ひとり4万3000円ほどと贅沢しました~ シェフは四ッ谷・北島亭で16年スーシェフを務めたとのこと。帰りに次の予約を尋ねる方式。ご馳走さまでした!

Img_9081 Img_9083 Img_9084 Img_9091 Img_9092 Img_9088 Img_9095 Img_9097 Img_9098 Img_9099 Img_9103 Img_9109 Img_9113 Img_9118  Img_9123Img_9129Img_9131Img_9133Img_9135Img_9141Img_9145Img_9148Img_9151Img_9154Img_9159Img_9163Img_9167Img_9168Img_9169Img_9171Img_9174Img_9175Img_9177Img_9179

より以前の記事一覧