2018.09.22

またNabenoIsm

またオペラ帰りに知人たちと駒形のNabenoIsm。趣味をめぐる濃い会話と、一品ずつ懲りに凝ったフレンチで大満足。
コースは2万円。まずメロンとミントの一口ガスパチョとクランベリーの泡、浅草の老舗とのコラボスナック。そして両国ほそ川のエミュルッショネ(乳化)そばがきに昆布のジュレとキャビア。穴子のマトロート(赤ワイン煮)にコンテチーズ、川端蓮根などを添えて。オーラキングサーモンのコンフィは1725年創業の竹本油脂が圧力だけで絞ったという太白(たいはく)胡麻油で絶妙の火入れ、イクラやシャインマスカットを散らし、魚醤とオゼイユ(酸味のあるハーブ)のソース、アネット(ういきょう)で。フォアグラは人形焼、レンズ豆のラグーなどと。オマール海老はロブション直伝というソースで。VCC調理の牛フィレはしめじや安納芋、ルビーグレープフルーツ、バルサミコヴィネガーとみりんのソース。お腹いっぱいだ~
シャンパンとワイン白赤をボトル(1万2000~1万3200円)で計4本頂き、デザートはまず完熟柿の真空マリネとライムのジュレ、ジュニエーブル(ねず)添え。そしてヘーゼルナッツのガトー・マルジョレーヌ、バッハコーヒー。
小菓子はお土産にしてもらい、お約束の3Fテラスでスカイツリーの夜景をバックに記念撮影。ひとり3万円と贅沢になっちゃったけど、楽しかった!

2018.03.25

浅草じゅうろく

水上バスを使った花見の帰りに浅草じゅうろく で食事。台東区浅草4-37-8小田井ビル1F 。6240-6328。

浅草から歩いて10分ほどの、こぢんまりした蕎麦店。カウンターで、おまかせコース9180円。湯葉豆腐のあと、からすみ、黒豆などの八寸が一人ひとりにどっさり出てきて、凝っている。雲丹、じっくり焼き上げた山女魚の炭焼きやぬた、季節の天ぷらを頂き、手打ちの二八蕎麦で〆。デザートも。日高見、臥龍梅、中屋を呑んでひとり1万円強。
「そば前のヒレカツ」もオススメらしい。相当レベルが高く、常連さん向きか。

20180325_170

20180325_171

20180325_172

20180325_174

20180325_177

20180325_181

20180325_185

20180325_186

20180325_188

2017.10.21

うなぎ両国

講談会で老舗の鰻。両国駅東口から徒歩5分の、うなぎ両国。墨田区両国4-32-3。3631-7534。
創業明治10(1877)年という江戸前で、2階の座敷には往年の有名力士の手形なども。小さく甘いお稲荷さん、つくね、うな丼。風情があります。

20171021_001_2

20171021_005


20171021_006

2017.09.17

霧島

相撲観戦の後、霧島で打ち上げ。墨田区両国2-13-7。050-3477-0984 。元大関霧島が経営する陸奥部屋直伝ちゃんこの店。
テーブル席でコースは5400円。お酒を呑んで一人7000円ほど。豚骨と鳥ガラのさっぱり鍋に、蟹などもついて豪華だけどサービスが流れ作業すぎるかなあ。  

2017.07.26

吉里

座禅の帰りに趣向を変えて吉里(きり)谷中総本店。台東区谷中3-2-6。5834-2081。千駄木駅にほど近いけっこう規模の大きい老舗です。2階の座敷で。
コース6000円は、うな重上にお造りや鰻串、骨せんべいがつく。飲み放題は1800円。ほかに会席やしゃぶしゃぶも。
大人数の宴会向き。

2017.03.25

紋屋

美術館帰りに黒門町紋屋でランチ。文京区湯島3-3-38-11エスパス上野広小路4F。6806-0220。府中本店の富山魚の店。上野広小路駅に近い春日通り沿い、ごちゃごちゃしたところにあるビルだけど、店内は端正です。珍しい畳敷きのカウンターで。
1ドリンク付きコースが3240円と良心的。春らしく蛍烏賊の碗に始まり、新鮮な魚のから揚げ、煮付など。ピカピカの土鍋ご飯に、デザートはさっくり最中。
接客も丁寧で気持ちがいい。個室が5室あるそうです。

20170325_022

20170325_025

20170325_026

20170325_030

20170325_033

20170325_035

20170325_037

2017.03.09

カフェヒビキ

上野公園のカフェで軽くランチ。台東区                         上野公園                       5-45                       東京文化会館。3821-9151。
いつもオペラ公演の時に使うドリンクスペース。テラス席も。セルフ形式だけどハヤシライスが550円でけっこうちゃんとした味。カップの模様は五線譜です。パンダのお菓子もあるようです。

Dsc_0047

Dsc_0050

2017.01.14

雷電

相撲観戦の前に、国技館内の雷電で腹ごしらえ。3625-2111。
名物焼鳥丼セット1100円とちゃんこセット1800円。ビールも飲んで一人2000円ちょっと。
行列ができているけど、きびきびしたサービスで気持ちがいい。大スクリーンの相撲中継で進行具合をチェックしながら食事できます。

2016.09.28

いつもの天外天

定期的にお邪魔している千駄木の中華、天外天へ。
いつもメニューにヒネリがあって、本日は前菜、海老のマヨネーズソース和えのあと、揚げワンタンの甘酢炒め、特製おこげ料理、焼きそば、カスタードクリーム揚げ、杏仁豆腐。
おこげはご飯をすりつぶして、三カ月乾燥させているそうです。野菜たっぷりの餡が美味。

2016.06.16

あおば

昭和が残る街・京成立石「あおば」での呑み会に参加。葛飾区立石1-20-12。3695-0517。アーケードの商店街を抜け、街道を右折してすぐの大衆酒場だ。

居酒屋メニューがいろいろあって、呑み放題食べ放題で一人3500円。お世話になったかた、地元のご友人、知人の知人と、不思議なご縁で。
絶対ぼられないという。昭和20年代からの「のんべ横丁」探索は、またの機会に…

Dsc_0544

より以前の記事一覧