2022.02.19

山よし

懐石山よしへ、ディナーに出かけました。千代田区麹町4-8-27丸三國友ビルB1。6265-6939。麹町駅にほど近いビル地下にある茶懐石の店。料理もたたずまいも端正で、非常に好感度が高い! 6名までのカウンターで。

お任せ懐石1万4520円。初めの「四つ椀」は小ぶりの手鞠鮨とすり流し椀。お造りに続き、八寸は白子、海老と豆、鮑山椒煮、牡蠣ジュレ、青菜。梅のひと枝を添えて。お椀は氷にみたてた蕪薄切りが美しい。ふぐ刺し、マナガツオ焼き物と南蛮漬け、鹿児島の筍、ふきのとう。春ですねえ。ふぐの唐揚げを挟み、炊き合わせは海老の黄味包みがふんわり美味。ホタルイカと筍のご飯で〆。デザートは抹茶白玉とフルーツ。秋田・雪の茅舎、三重・作、飲みやすい山口・防長鶴、辛口の高知・桂月をもらって、ご飯はお土産にしてもらって、ひとり1万8000円ほど。

店主の山下和嘉さんが控えめで、とても感じが良い。米ウォルドルフ・アストリアをへて茶懐石ケータリングをしていたとか。掛け軸(松無今古色=松に古今の色無し。常住不変の意味)や、唐津焼、輪島塗等々の器がとても上品だ。化粧室に続く砂利敷きの飛び石も素敵。
近隣には表千家の東京稽古場や議員会館も。8席までの手頃な個室があります。

Img_8450 Img_8457 Img_8460 Img_8461 Img_8466 Img_8471 Img_8474 Img_8476 Img_8480 Img_8485 Img_8486 Img_8490 Img_8493 Img_8494 Img_8495 Img_8500 Img_8502

2021.12.12

てるなり

東京割烹てるなりで会食。新宿区舟町8-2四谷舟町ビル1F。6457-4358。四谷三丁目にある和食、広々したダイニングで。
コース7865円は前菜2品、スペシャリテの牛すじの蒸し物、鶏レバーと奈良漬けの最中を挟み、魚、肉、季節の釜飯、デザートとたっぷり。日本酒や梅酒を頂き、ひとり1万ちょっとで手頃です。
荒木町・鈴なりのオーナー村田明彦さんプロデュース、シェフはフレンチの徳本寛一さんだそうです。個室もあり。

 

2021.12.05

フィオーレ

文楽仲間と久々、フィオーレで食事。千代田区二番町3-11 vort二番町ビル B1F。050-5570-5834。二番町にあるごくカジュアルなイタリアンです。
生ハムやサラダ、パスタ、ピザなどでひと66000円程度と手軽。

2020.09.21

サンパウ

30周年の続きで、なんとサンパウで超贅沢ディナー。言わずとしれたスペイン・カタルーニャの女性シェフ、カルメ ルスカイェーダによる3ツ星モダンスパニッシュ。この東京店も2ツ星です。日本橋に行ったことがあったけど、15周年の2019年に移転してからは初。永田町駅からほど近い千代田区平河町2-16-15ザ・キタノホテル東京2F。050-5868-9389。

広々したダイニングでほとんど貸切状態… コース10品2万4000円はカルメの料理本から抜粋した定番だそうです。ワインはグラスでペアリングを頂いて1万8000円。最後の方で登場した小ちゃなデカンタ瓶も可愛い。ちなみにガス入りミネラルウォーターはスペイン産100%天然のVICHYCATALANヴィッチーカタランにしました。塩っ気があり美容にもいいメディカルウォーターだとか。
まずシャンパンを頂きながらデリカテッセンのスペシャリテを賑やかに。苺のサルモレホ(冷製トマトソース)はさっぱりと食が進む。車海老のアラプランチャ(鉄板焼)と水夫のトーストは濃厚な魚介ソースをたっぷりと。仔羊とひよこ豆のコシード(ポトフ)は見た目も斬新。
白身魚のアサド(焼き物)は意外なミョウガがアクセントに。メーンは猪豚・雲丹・林檎が可愛く並んだマール・イ・モンターニャ(海の幸と山の幸盛り合わせ)。コケオドシ感はなく、変化に富んで楽しめる。
お楽しみデザートは、まずイボレスチーズと無花果のキャラメリゼ。イベリコ豚と同じドングリを食べた山羊乳のチーズだそうです。そして美しい「マレスメの薔薇」には、おめでとうのプレートを飾り薔薇の香りをスプレーしてくれました。ラストは珍しい食後酒をソーダ割で頂きつつ、ドゥルセデレチェ(キャラメル)をトルテやアイスの盛り合わせで。お茶菓子まで凝りまくりで、曜日の惑星を表現したコロコロ「七曜」。
チャージ含めひとり5万2000円! 堪能しました。「イゾラ」などのグラナダ経営。下山雄司社長は元電通マンで三木谷さんの義弟、一時はカンテサンスも経営してたんですね。
20200921-018 20200921-019 20200921-023 20200921-032 20200921-037 20200921-040 20200921-044 20200921-047 20200921-052 20200921-056 20200921-059 20200921-061 20200921-063 20200921-066 20200921-077 20200921-084 20200921-089 20200921-097 20200921-098

2020.07.04

シェ・オリビエ

バースデーディナー第三弾でシェ・オリビエ。千代田区九段南4-1-10 1F。6268-9933。市ヶ谷にほど近い、一つ星の贅沢フレンチです。
オフィスや学校が多い一角、窓が大きく可愛らしい雰囲気です。オーナーシェフ、オリビエ・オドス氏はラ・トウ―ル・ダルジャン副料理長、東京・神戸のル・コルドン・ブルーの教授もしていたとのことで、折り目正しく、軽さもあって素晴らしい。

コース1万8000円。シャンパン2400円のあと、アミューズブッシュ。前菜はまず、ずわい蟹と毛蟹、セロリのムラード仕立て。続いて帆立貝と黒トリュフ、雲丹のババロワ。
ブルーオマール海老とさくらんぼは、赤パプリカとオマール海老のブイヨンで。魚はマナガツオのポワレ、ウイキョウとトマトのコンフィはビュラータソースで。鴨のフォアグラと白味噌でマリネした桃は柑橘類と桃のソースで。メーンは仔羊で、背肉のロティ、肩肉とスパイスの詰め物のズッキーニの花の2種類を仔羊のソースで。付け合せはさっぱりギリシャ風のきゅうりのサラダ。
ワインをグラスのペアリング9000円を頂いて、絶妙。
デザートはいちじくのタルト、黒糖木苺ジャム、アーモンドのキャラメリゼ、オリーブオイルのアイス。バースデープレートも作ってくれました。そしてチョコクリーム、バナナのマーマレード、チョコアイス、クミンのチュイル、コーヒーは700円。
サービスも若いフランス人のかたで、魅力的。なんだか感動しました!

Dsc_0002_20200712083501 Dsc_0004_20200712083501 Dsc_0005_20200712083501 Dsc_0012_20200712083501 Dsc_0013_20200712083501 Dsc_0016_20200712083501 Dsc_0020_20200712083501 Dsc_0025_20200712083501 Dsc_0028_20200712083501 Dsc_0034_20200712083501 Dsc_0038 Dsc_0039 Dsc_0044 Dsc_0047_20200712083501 Dsc_0057_20200712083501 Dsc_0060 Dsc_0061_20200712083501 Dsc_0062

 

2020.06.20

馳走こんどう

久々の外食で、馳走こんどうでディナー。新宿区 舟町 11 山下ビル B1F。5357-7532。荒木町の端正な贅沢和食です。個室で。
おまかせコースと日本酒のペアリング2万1780円。外食を控えている間にすっかり夏。鮎、ジュンサイ、鱧と初夏の食材、あじさいに見立てたデザートまで季節感満載で楽しい。
お酒は岐阜出身のご当主に料理に合わせてもらい、珍しい銘柄も。牛の卵とじ、シメは鱒の炊き込みご飯。ごちそうさまでした!


20200620-006 20200620-012 20200620-015 20200620-019 20200620-020 20200620-024 20200620-025 20200620-031 20200620-032 20200620-036 20200620-038 20200620-046 20200620-047 20200620-049 20200620-050 20200620-051

2020.02.02

ル ヴェルデュリエ

オペラ帰りに同僚とLeVerdurierル ヴェルデュリエ でディナー。渋谷区千駄ヶ谷4-19-12 monparte北参道 B1F。6447-4394 。
千駄ヶ谷、能楽堂前にある落ち着いたフレンチ。奥にあるサンルーム風スペースのテーブル席で。ペアリングのワイン2杯が着いた1万3000円の特別コース。京野菜とウニ、カニ、海老、サワラの魚介類から牛、鴨、馬の肉まで堪能。大田区から移転してきたそうです。グラスワイン赤1000円を追加。シェフは京都出身の小林浩一さん。

20200202-014 20200202-016 20200202-017 20200202-021 20200202-024 20200202-026 20200202-030 20200202-031 20200202-032 20200202-037

 

2019.11.02

多仁本

誕生日でまた、荒木町の贅沢和食、多仁本へ。
コース1万8000円は、一口お寿司、お椀に始まり、お造り、楽しい手巻き寿司、焼き物、お浸し、牛とキノコの焼き物、ご飯、甘味と大充実。お酒もいろいろ頂き、ひとり2万3000円弱。
接客も明るくて、相変わらず満足度が高いです!

20191102-002 20191102-003 20191102-005 20191102-008 20191102-012 20191102-013 20191102-015 20191102-017 20191102-020 20191102-022 20191102-023 20191102-026 20191102-028 20191102-030 20191102-031 20191102-032 20191102-037 20191102-038 20191102-043 20191102-044

 

2019.05.11

オテル・ドゥ・ミクニ

迎賓館見学のあと、四谷の住宅街にあるオテル・ドゥ・ミクニで贅沢ランチ。都新宿区若葉1-18。050-3462-6535。
緑の多い一軒家で、日差しが明るいダイニングが気持ちを浮き立たせる。正統派に和風の工夫がある、美しいコース9000円。まずふわふわのキッシュ、牛蒡のポタージュスープは少し苦味がある稚鮎が入って意外感。ヤマメは皮をパリッと焼いて、帆立のムースを詰めた花ズッキーニと。ビーツのソースが色鮮やかです。メーンはランド産ホロホロ鶏のクレピネット焼きと、もも肉のコンフィの組み合わせ。ナスや獅子唐、ソースアルビュフェラで。ワインをグラスで頂き、デザートは見た目も可愛いフロマージュブランのブルーベリーソース、さくらんぼのメレンゲのミルフィユ仕立て、さらにビワとショコラのデリスはカカオ豆風の見た目で楽しい。お茶はマリーアントワネットティー。満喫しました。ごちそうさま!
20190511-12520190511-12920190511-13420190511-13820190511-14020190511-14120190511-14220190511-14320190511-14720190511-149

2019.03.19

ビアンカーネ

先輩とビアンカーネ。千代田区一番町10-15。3264-7511。麹町の一軒家イタリアン。前菜は真鯛、ホタルイカ、サクラマス、ホワイトアスパラ、トリッパ。パスタは手打ちのタリオリーニを春らしく蛤、菜の花、チェリートマトで。メーンはフランス産小鴨のロースト。デザートの盛り合わせ。落ち着いたお店です。

★残念ながら3月末で閉店でした。


Dsc_0036