2024.06.06

高田屋

能楽堂帰りに北前そば高田屋。渋谷区千駄ヶ谷1-30-8ダヴィンチ千駄ヶ谷B1。57772-1563。チェーンの蕎麦居酒屋です。

黒胡麻を練り込んだごまそばとか、ボリュームがあって、けっこう充実している。スマホアプリで注文する形式など、省力化が進んでいるものの、時間が遅めだったこともあり、手が回らない様子なのが、ちょっと残念。
あおさだし巻990円、大海老天ぷら盛り合わせ1850円、鴨せいろ1350円、牛肉つけそば1100円などを頼み、ビール、加賀鳶1700円を呑んで、ひとり5000円ほど。プロスペリティ1経営。

Dsc_1712 Dsc_1718-1 Dsc_1720

2023.11.20

イイザカ

お呼ばれでイイザカ。新宿区四谷4-22-17 グランドゥールオークラ 1F。5925-8250。四谷三丁目から10分くらいかかる住宅街のマンション1F。知る人ぞ知る感じの正統派フレンチだ。白を基調にテーブル数個のクラシカルな空間で、昼・夜とも原則1組限定とのこと。

決まったメニューはなく、コースはシェフとの相談で、8000円程度から。この日は1万5000円ほどか。
一皿それぞれがどーんと量があるけど、しつこくない。まずオマール海老のコンソメを小さめのカップで。生姜風味で温まる。同じくオマール海老のマリネはキャビアたっぷり。うまみが引き立つチコリのサラダと。メーンは若鶏の柔らかいロティ、タイム風味。デザートもクリームサンドとバスクチーズケーキで、食べ応え十分。

飯坂シェフはボストン、クアラルンプール、パリ、ジュネーブで大使・総領事公邸の料理人を務め、2011年に店をオープンしたそうです。さすがご挨拶も上品で、ゆったり。

Dsc_2840 Dsc_2842 Dsc_2845

2023.11.03

小柴

誕生日ディナーの第二弾は津の森坂 小柴へ。新宿区荒木町15サンシャトー四谷203。6273-0195。曙橋にほど近い大好きな荒木町のちょっと外れで、炭火焼を中心にした端正な和食店です。吉野檜のカウンターで。

おまかせコースは2万3000円。前菜のあと、脂ののった鯖を手巻き鮨風に。ほっこりキンキのお椀、分厚い木耳。お造りはカワハギと、迷いカツオに干して揚げたエノキ。カリッと焼いたししゃものあと、彩り豊かな八寸。焼き魚は3種から選べて、フワフワの贅沢のどぐろ、鱧の松茸巻きをチョイス。蓮根団子の炊き合わせを挟んで、食事も3種から、丹羽黒鷄の親子丼、お楽しみ白米の土鍋炊きを。
お酒は料理に合わせて五勺ずつ出して頂く。日本酒が6種、器もいろいろで楽しい。6150円。和食に合うワインや焼酎もあるそうです。
シャインマスカットと無花果のデザートで〆。幸せ~

8年ぶりの日本だというサンフランシスコからのお客さんもいて、和やか。格好良い店主は小柴武さん。ほかに4人がけのテーブルも。

Img_4884 Img_4885 Img_4886 Img_4888 Img_4890 Img_4893 Img_4896 Img_4898 Img_4900 Img_4903 Img_4912 Img_4914 Img_4916 Img_4918 Img_4921 Img_4923 Img_4926 Img_4927 Img_4932 Img_4936 Img_4939 Img_4940 Img_4945 Img_4947

 

 

2023.09.08

テキサス

美術展の帰りにステーキハウステキサスでランチ。千代田区麹町2-14-2麹町パレスB1。3234-4489。

平日の日替わりランチ1100円は、ステーキでボリュームたっぷり。

Dsc_2700 Dsc_2696

2023.04.12

Fスペース&ランチビュッフェ

病院に行ったあと、Fスペース&ランチビュッフェ(レストランF)。千代田区六番町15 主婦会館プラザエフ2F。3265-8115。昭和なレストランです。窓が大きくテーブルもゆったり。
カレーが名物のようですが、今回は日替わりパスタを選択。1100円。ほかに肉、魚のメーンがあり、ビュッフェでサラダ、スープが食べ放題と充実してます。

Dsc_2143 Dsc_2141

2023.02.26

獺祭ランチ

ホテルグランドヒル市ヶ谷で、獺祭をフィーチャーした特別ランチ会に参加しました。

お酒に合わせた、美しい贅沢和食のコースで1万5000円。まず壜内二次発酵が爽やかな「純米大吟醸スパークリング45」には前菜で、ふぐたたきとあん肝・キャビア。天使の海老カラスミ焼・縁側このわた和え・おぼろ豆腐に煎りジャコ・甲州地鶏唐揚げ・「戦車」形のマル十(サツマイモ)・鮑蒲鉾松風焼き・タラの芽・百合根。
お待ちかね「純米大吟醸磨き二割三分」には、まずお椀で、黒鮑・雲丹・真砂海老のいちご煮酒粕仕立て。お造りは鮪、金目鯛の湯霜、炙りサーモン、アオリイカ八つ橋、山吹平貝。続いてメッセージ物質「エクソソーム」とやらに注目し、「新生」と銘打った謎の「磨き二割三分」に、特製トリュフの香り茶碗蒸し。ズワイ蟹、若鶏柚子つくねに銀杏、百合根、九杞(クコ)入り。
続いて特許製法で火当てを減らした「早田純米大吟醸磨き二割三分」には魚料理で、桜鯛杜氏巻(湯葉巻)のフカヒレ餡。赤海老吉野、鮑茸や野菜と。重みがある「磨き三割九分」でメーンの肉料理となり、牛フィレ網焼きを咲良蓬莱ソースで。タケノコ土佐煮、菜の花、翡翠トマト、春雨と。
食事は五穀米の焼きおにぎりを、さらっとお茶漬けで。デザートは甘酒ジュレとバニラアイスを升酒仕立てに。お馴染み米粉の桜クッキーとフルーツも。

料理長は唐木洋一さん。おしゃべりもディスプレイも楽しかった~ ごちそうさま!

Img_8260 Img_8263 Img_8272 Img_8276 Img_8277 Img_8280 Img_8281 Img_8282 Img_8283 Img_8285 Img_8286 

2023.02.03

わさび

仕事帰りに鮨わさびで夕食。新宿区四谷3-7四谷三丁目ビル1F。5363-5660。四谷三丁目駅からすぐの交差点に面した店。カウンター9席のみの親密な雰囲気。

おまかせ16,500円から。おつまみも超充実。お酒をいろいろ頂いて、ひとり2万2000円ほど。美味。

Dsc_0523 Dsc_0526 Dsc_0527 Dsc_0528 Dsc_0529 Dsc_0530 Dsc_0531 Dsc_0532 Dsc_0534 Dsc_0536 Dsc_0540 Dsc_0541 Dsc_0542 Dsc_0544 Dsc_0545 Dsc_0549 Dsc_0550Dsc_1956

2022.12.17

天白

レッスン帰りに知人夫妻と荒木町の天白で忘年会。新宿区荒木町8根本ビル1F。6457-8778。四谷三丁目駅から7分、美味しい店が並ぶ横町をちょっと歩いたところにある、未焙煎「太白胡麻油」使用の天ぷら屋さん。感じの良い個室で。

お任せコース1万2000円。胡麻豆腐などの先付けを食べつつ、本日の素材を見せてもらってスタート。魚介と野菜をたっぷり頂き、〆は天どんか天茶漬け、お酒もいろいろ楽しんで、ひとり1万6000円。換気も悪くなく、美味です。

料理長は鷹野正亨さん。ほかにカウンターがあります。

Img_6794 Img_6797 Img_6802 Img_6803 Img_6807 Img_6808 Img_6809 Img_6811 Img_6812 Img_6813 Img_6816 Img_6817 Img_6818 Img_6821 Img_6822 Img_6823 Img_6825 Img_6826 Img_6827 Img_6830 Img_6831 Img_6834

 

2022.12.11

オリヴァヴァ

文楽仲間とオリヴァヴァoliva-vaで忘年会。新宿区四谷1-7-18アクトワールドビル3F。3353-0266。四谷駅にほど近いイタリアン。乙女チックな個室で。
季節のコース6050円は前菜盛り合わせ、トリュフをのせたスープ、パスタに肉料理、デザートと手堅い。ビールのあとワインのペアリング5500円、軽めのペアリング4500円。ほかにイタリアコーラ900円やオリーブオイルスムージー950円をもらい、チャージ500円もあってひとり1万2000円。
雰囲気悪くないけど、たまたまかサービスはイマイチだったかな。

Img_6746 Img_6747 Img_6748 Img_6749 Img_6752 Img_6754 Img_6756 Img_6757 Img_6759

2022.09.17

アリアンス

半蔵門での観劇帰りに、仲間とアリアンスでわいわい。千代田区平河町1-5-6SDビル1F。6261-7426。厚生会館そばのごくカジュアルなビストロ。週末に貸し切り。

2時間、飲み放題で5000円とお得。燻製サーモンのポテトサラダ、シャルキュトリー3種盛合せ、パンの盛り合わせ、野菜サラダ、魚のカルパッチョ、タルトフランベ(うす焼きピザ)、がっつりローストポーク、スパゲッティでお腹いっぱいでした。