2017.07.30

三田バルでアナスティア

閉店した銀座のイタリアン、anastiaが三田バルでスポット営業と聞き、雷雨の中、観劇後に駆けつけた。
コース5000円は、まず鯛とイサキのカルパッチョなど前菜の盛り合わせ、さっぱり季節野菜のココット。インドの豆の温かいスープは、焼きトウモロコシがシャリシャリと。ハイライトはスペシャリテだった、生クリームを使わない雲丹100%のスパゲティだ。北海道の奥尻産の紫雲丹だそうです。夏の味覚たっぷり。スプマンテに続き、雲丹に合う白、赤をグラスで頂く。ティラミスで〆。

三田バルは閉店したレストランで、現在、こうしたレンタルスペースとして使われているそうです。港区芝4-7-6。

20170729_024

20170729_026

20170729_027

20170729_029

20170729_030

20170729_035

20170729_039

2017.04.09

リストランテ センソ

週末の仕事帰りに充実ディナー。白金台駅近く、ちょっと静かな通りにあるリストランテ センソ。港区白金台5-17-10白金台THE2000 B1。3439-0532。感じのいいテーブル席で。
シェフのお任せディナーコース10皿にシャンパン、グラスワイン3杯をペアリングして1万8000円。品数もさることながら、一皿ずつ非常に凝っていて大満足だ。
まずマカロン風など軽いスナックをつまみ、前菜の「1万キロの旅」は国産トマト、モッツアレラチーズとイタリアの生ハム。続く「色彩」は春野菜たっぷりのサラダで、水菜、わさび菜、春菊、トマト、ブロッコリースプラウト、せり、オクラを生で。これに炒めたスイスチャードと菜の花、揚げたルッコラ、おかひじき、茹でた小松菜、江戸野菜ののらぼう菜、茎ブロッコリーのスティックセニョール、いったん冷凍した卵黄、イタリアチーズのネーヴェディグラッパを、ちょっとずつ混ぜている。さらに乾燥させたほうれん草、黒キャベツのカーヴォロネロを散らし、ケールとヴァニラ風味ブロッコリーのソース。複雑~
続いて昆布締め風の厚切りヒラメ、苺とスナップエンドウ。墨イカはソテーとこんにゃく風の2種類を、揚げホタルイカ、折菜と。赤い皿にイカスミと紫蘇酢が絵画風だ。
パスタはまずチーズと卵黄のラヴィオリを、香りのいい五穀味鶏のスープで。さらに「伝統」は直球のポロネーゼ。
肉料理がなんと2種類出てきて、まずビゴール豚は行者にんにく、荘内アサツキ、青りんご、黒コショウで。さらに福島県産牛モモ肉は筍、葉わさびと。赤ワイン1600円を1杯追加。
デザートはまずさっぱりと「テキーラ・サンライズ」。さらにトリノ名物「ボネ」をアイスにアレンジしたもの。チョコレートプリンにマカロンの原型アマレッティを砕いて混ぜるのだそうです。ラズベリーを合わせて。ひょうたん型の箱に入った小さいお菓子とコーヒーで〆。ご馳走さま!
接客も丁寧で、1Fまで見送ってくれました。いいお店です!

20170408_003



20170408_004

20170408_006

20170408_009

20170408_011

20170408_012

20170408_015

20170408_019

20170408_020

20170408_024

20170408_028

20170408_032

20170408_033

20170408_036

20170408_039

20170408_040

20170408_042

20170408_044

20170408_045

20170408_047

2017.01.16

カフェレストラン24

落語の前に、カフェレストラン24で腹ごしらえ。港区高輪4-10-30プリンスホテル品川。3440-1111。

雲丹クリームピザ1960円、チキンオムライス1300円にサラダ、スープ、ハイネケン生をもらって一人3500円ほど。

20170115_008

2016.07.20

ポテト料理の会

ホテルインターコンチネンタル東京ベイの食事会に参加しました。港区海岸1-16-2。 ゆりかもめ竹芝駅からすぐ。橋の夜景が綺麗な、6F レインボーブリッジビューダイニングで。

珍しいポテトを使った特別メニューで、12,000円。

アミューズブーシュは
ほくほく男爵のビシソワーズ、雲丹添え.。冷製オードヴルは、下野の「香味菜」や茹でると黄色っぽくなるポテト、シェリーなどを使ったサラダ。温製オードヴルは栗のような香りのポテト、サッシーのニョッキ、トランペットズッキーニのナージュ仕立て。
魚料理
はあいなめのポテト包み揚げで、癖のないシンシアを麺状にして利用。茄子のデュクセル添え。お肉料理は香美菜を巻いた仔羊のパイ包み焼き、お馴染み甘味のあるメークインのスフレを添えて。
デザートは
シャンパンロゼのグラニテとジュレ、ライチのソルベでさっぱりと。
ポテトを細~く麺状にする道具も見学させてもらいました。ご馳走さま。

Dsc_0584

Dsc_0585

Dsc_0586

Dsc_0588

Dsc_0590

Dsc_0595

Dsc_0596

Dsc_0606

Dsc_0593


2016.04.30

美食米門 品川店

品川駅近くの和食で、家族会のランチ。港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー1F。050-5789-5179。

品川駅から数分の大規模オフィスビルにある和食店です。照明暗めの落ち着いた個室で。昼のコースは3500円から。

手広く居酒屋やダーツバー等を展開しているダイヤモンドダイニンググループ。


2015.11.08

シェリーミュージアム

シェリーミュージアムで珍しいシェリーブランデーのお勉強に参加してみた。品川区西五反田1-4-8。3493-4720。五反田駅西口から目黒川沿いに出たところのビルの2F。ちょっと入口がわかりにくい、カウンター6人程度のバーです。

ご主人・中瀬航也さんは実に博覧強記だ。シェリーブランデーはシェリー(酒精強化ワイン)同様、へレスで、シェリー樽を使い、ソレラシステムで作られる蒸留酒とのこと。産地、製法、ぶどう品種などの解説を伺ってから、試飲。
軽~い「103」、標準的な「ソベラノ」、甘い後味がおいしい「ルスター」、そして「ブリガンディエール」も。ヘミングウェイが愛したフンダドールとか、朝呑むブランデーといった面白エピソードも満載です。
そして蒸留酒の歴史をたっぷり伺う。イスラムからヨーロッパへ、古代の香水、皮製品の製造、錬金術と、様々な知恵と文化のつながりがかなりエキサイティング。派生して、イギリスが英国国教会設立によって、カトリックの純粋志向から自由になりブレンド技術で飛躍した、という見方も面白かった。奥が深いなあ。たっぷり2時間半で5000円。勉強になりました!

Dsc_0211

Dsc_0207

Dsc_0203

桃李

桃李でランチ会。港区高輪3-13-1グランドプリンスホテル新高輪B2。050-5522-6654。
品川駅から徒歩数分。傾斜の関係で地下ではなく、ざくろ坂に面していて、明るくカジュアルな雰囲気。家族連れで賑わっている。
土日祝限定のランチブッフェ「食べッチャイナ」は、2600円とお得。もれなく餃子が出てきて、あとは自由にとってくるスタイルだ。
前菜、春巻などの揚げ物、イカの炒め物、鶏のカシューナッツ炒め、酢豚、シューマイ、麻婆豆腐、高菜炒飯、餡かけ焼きそば、おかゆなどメニューは豊富。北京料理で割とあっさりしているので、たくさん食べられます。ココナッツミルク、カスタード饅頭、フルーツにコーヒーで〆。気楽な会食向き。

001

003

2015.10.08

ピッツアサルヴァトーレクオモ 天王洲

PIZZA SALVATORE CUOMO 天王洲でランチ。品川区東品川2-2-4天王洲ファーストタワー1F。5462-9765。天王洲アイル駅すぐのビル中庭に面した、カジュアルイタリアンです。
パスタのランチは秋らしく、キノコのパンプキンソースを選択。ジュースもついて1000円と手ごろです。

Dsc_0161_2

2015.08.26

新台北 別館

浜松町に出掛けた帰り、新台北で軽くランチ。港区海岸1-2-20 汐留ビルディング2F。050-5786-5649。

駅前ビルのレストラン街にある、台湾屋台料理の店。ランチは定食、麺などいろいろあって、名物・醤肉飯をもらう。煮込み肉味噌かけごはんですね。煮卵が載っており、野菜の小鉢とスープ付で690円と良心的。

オフィス街中心のチェーンで、本店は下北沢みたい。

Dsc_0032