2017.10.14

レストラン マエストロ

オペラ鑑賞の長い幕間に、レストランマエストロで食事。渋谷区本町1-1-1 新国立劇場内3F。050-3494-7069。エントランスのサインプレートが楽しく、テーブル席は落ち着いた雰囲気だ。

マチネ1回目の休憩のメニューは、サラダ、特製ビーフソトロガノフ、ソフトドリンクバーのセットで2000円。なかなか美味です。

20171014_013

20171014_014



2017.09.25

アムール

結婚記念日でミシュラン一つ星フレンチ「AMOURアムール」で贅沢ディナー。懐石のようでとても端正、かつ独創的です。渋谷区広尾1-6-13。050-5594-2684。恵比寿駅から徒歩10分、明治通りの路地を入ったところにある落ち着いた一軒家。和風の植え込みの間を歩き、ガラス張りキッチンがある1Fのソファで少し待ってから、2Fのゆったりダイニングへ。白、淡いピンクが基調ですがすがしい。

まずはグラスでシャンパン1800円を頂き、丁寧にブロンズのシーリングワックスで閉じた封筒を開けてメニューを拝見。お任せコース2万円は、デザートまで10品。季節感ある和風の料理で、かつ複雑に素材を組み合わせている。皿、盛り付けも凝りまくりです。
「栗拾い」は栗を盛り付けた楽しい盆でサーブ。小さい封筒に入れた栗と青リンゴの一口パイ。バスケットのパンを選ぶと温めてくれる。京都から取り寄せているそうです。
前菜1品目の「燻」はガラスの蓋をかぶせた香ばしい戻り鰹のスモークと和牛のタルタルを、獺祭とエディブルフラワーを塗ったライスペーパーに載せて。曲げたフォークとスプーンの器が面白い。2品目の「秋祭り」は華やかな毛蟹とカリフラワーのキャビア添え。さらに「豊潤」は半熟卵と歯ごたえのある十勝マッシュ、上から白トリュフをたっぷり削ってくれる。
スペシャリテの「継承」はオマール海老と百合根、とまとのビスク。火を通し過ぎない弾力のある海老に、テーブルでふつふつのスープを注ぐスタイル。少量なのにとても濃厚で、これだけでお腹いっぱい!
メーンの魚は「香り立つ」と題し、すっかり骨を抜いた鱧に、惜しみなく松茸。骨の出汁を注いで。完全に和食だなあ。ここで敢えて日本酒となり、山田錦の「守破離」を1杯。口直しの「紅葉」は、ボールのようなガラス器にさっぱりとザクロとアセロラ。そしてメーンのお肉「桐一葉」は、まずココットで火を通した十勝ハーブ牛を見せてもらってから、表面を焼いて厚切りで。付け合わせは赤味噌を塗った秋ナス。ボリューム!
お酒も奮発して、一皿ごとにグラスで選んでもらう。どんどん出してもらって4800円。しっかりした白がよく合う。
デザート1皿目「恋心」は、造花を詰めたドーム型のガラス器でびっくり。薄切りの和梨と柚子シャーベットも珍しい食感だ。ラスト「収穫」はピオーネ、マスカットになんとクリームを詰め、ミントをアクセントに。〆でハーブティとコーヒーを頂き、名物のお茶菓子「余韻」を。小さな小さなショートケーキやロールケーキ、マカロンなどを四角い皿に並べて。なんて可愛いんだ! 最後まで大変な手間のかけようです。

一人3万円ぐらいになっちゃったけど、それだけの価値があるかも~ シェフ後藤祐輔さんはレカン、カンテサンス、エキュレなどの経験があるそうです。接客も若々しく、好感がもてる。2Fに個室、1Fにカウンター風のシェフズテーブルがあるそうです。

20170924_026

20170924_028

20170924_029

20170924_032

20170924_033

20170924_039

20170924_053

20170924_054

20170924_060

20170924_066

20170924_070

20170924_071

20170924_078

20170924_081

20170924_086

20170924_091


2017.03.12

獺祭の会

番外編で、獺祭の会。ウエスティンホテル東京の大充実の特別メニューです。
お酒はもちろん獺祭尽くしで、まず発泡にごり酒、最高級の磨きその先へで乾杯。料理は赤いお重に一口づつ盛られた可愛い和洋前菜。日本料理のほうは遠心分離酒粕のカステラ焼き、ライスミルクで炊いた花豆、獺祭の辛子蓮根、海老の酒煎りと干瓢の山葵漬け和え、酒粕卵の菜種焼き。西洋料理はサーモンと真鯛のスモーク・獺祭風味、シーフードと柑橘類のサラダ、チキンエスカベシュ、鴨と野菜のジェリー寄せ。
ビーフコンソメはほっこり蕪と一番だしのロワイヤル仕立て、獺祭米粉のパン。メーンはまず獺祭の酒粕に漬けた真鯛と帆立ムース桜風味、日本酒とバターのクリームソース。そしてお楽しみ、獺祭牛とキノコのピティビエ(車輪模様のパイ)、軽いデミグラスソース。これは指宿の水迫ファームが、酒米の粉と酒粕を餌とし、ビタミンとミネラルも豊富に与えて育てた和牛「水迫牛・獺祭仕込み77」だそうです。柔らかくて美味!
お酒は自由に選ぶ形式で、珍しいところでは濃厚な甘みがあり、通常は12月しか手に入らない純米大吟醸遠心分離・おりがらみ元旦届け。そして秋から春の季節限定、濃い搾りたての寒造早槽48。
〆は米粉と水だけのライスミルクを使ったブランマンジェにコーヒー。社会福祉法人せたがや樫の木会・喜多見福祉作業所の獺祭酒粕パウンドを購入しました。ご馳走様でした!

20170312_001

20170312_004

20170312_006

20170312_011


2016.09.18

うらら

うらら渋谷宮益坂店で会食。渋谷区渋谷1-6-7ICIビルB1。6427-1203。宮益坂上の交差点にほど近い、熟成魚が売り物の割と落ち着いた居酒屋。個室で。

越前コース5500円は越前野菜のサラダ、熟成魚と鮮魚の盛合せ、名物のおばんざい盛合せ、美浜産熟成魚の焼き物、白子ぽんずや磯辺揚げなど、和牛のローストに雑炊、デザートと充実している。飲み放題1500円に、日本酒や焼酎を追加して一人7000円。

気軽な飲み会向き。

NODO

NODOで軽食。渋谷区宇田川町21-1シブヤ西武A館8F。3780-3119。
アンチョビピザ1000円、ビール700円。

20160917_016

2016.08.28

バイエルングリル

渋谷で観劇後にぶらっとバイエルングリルへ。渋谷区宇田川町33-10J+RビルサイドJ 6F。6416-5417。東急本店前の古いビルにある炭火焼ドイツソーセージ専門店だ。2014年オープンだそうです。
エーデルワイスなど本場のビールや、各種のソーセージ、酢キャベツ、具だくさんのヴルストサラダ、ごついシャーベットのデザートなどを楽しんで、ひとり5000円ほど。カジュアルで使い勝手がいい。

20160828_003


20160828_010


20160828_004

20160828_011

2016.07.31

Bistrot La Cucina

観劇帰りにBistrot La Cucina(ラ・クッチーナ)でディナー。渋谷区宇田川町32-6 長崎ビル B1F。3476-3636。Bunkamura至近のセンター街にある。NHKホールもあるのに、大人がゆっくり食事できる店が少ない渋谷で、貴重な存在だ。終演時刻を読み損ねて大幅に予約から遅刻し、貸し切り状態だったけど、ホスピタリティも十分。ホール担当のマダムはきりっと美人、バングラあたりの出身の男性は日本語ベラベラでフレンドリーです。オペラアリアのBGMとテラコッタ風の内装が落ち着く。

イタリアンウィークの特別コース5000円は、定番の生ハムと南瓜や卵のココット、生うにのさっぱりペペロンチーノ、厚切りステーキにシンプルな野菜添え。お酒はモレッティ900円のあと、白、赤をグラスで各1500円前後。美味。ハーブなどを使ったパンも、ふかふか温かで嬉しい。食べきれなくても、お持ち帰りOKだ。
デザートは可愛いクリームブリュレと夏らしくスイカに、エスプレッソ。ひとり8000円弱とリーズナブルだ。20年以上もの歴史があるんですねえ。またお邪魔します!

20160730_008

20160730_010

20160730_013

20160730_014

20160730_016

2016.07.29

マル・デ・クリスチアノ

グルメの友人と、代々木八幡駅近くにある、魚が自慢の人気ポルトガル料理店マル・デ・クリスチアノでディナー。渋谷区富ヶ谷1-3-12サンシティ富ヶ谷4F。6804-7923。
代々木公園の本店は路面店だったけど、こちらはビルの4Fで新宿高層ビルの夜景が綺麗だ。内装のタイルやイラストも可愛く、カジュアルにわいわい飲める。本店より手狭なので、連日予約でいっぱいらしい。

ただいま鰯祭り中、とのお勧めでまずイワシ炭火焼。金属トレーがらしい感じで嬉しく、レモンとコリアンダー(パクチー)を多用するのが面白い。山盛りのクレソンサラダ。クスクスは濃厚な魚介のスープが美味~ さらに海老の串焼きは、ぶら下がって出てくるのが面白い。微発泡で白ワインもすすむ。
デザートは一口パイに、トロピカルジンジャーとチョコピスタチオのアイス。ご馳走さま!

Dsc_0618


Dsc_0619


Dsc_0617

Dsc_0620


Dsc_0621

Dsc_0622

2016.07.24

a(アー)

観劇後、「a(アー)」でディナー。渋谷区宇田川町13-16国際ビル2F。5459-1158。渋谷スペイン坂のごちゃごちゃしたあたり、貴重な落ち着いた大人のイタリアンです。春に表参道から移転した旧 リストランテ ケン ヴェンティクワトロ。白い内装、テラスもあって気持ちいい。

イタリアンウィークの特別コース1万円は、アミューズに姫サザエのガーリックバター焼きがでて、前菜は輪島の天然ワカメと白身魚のクルード。スープは夏らしくトウモロコシの冷製で、氷結した実の食感が面白い。
パスタは完熟トマトとモッツァレラのカッペリーニ。オマール海老半身のスパイス焼きスペッツァイアーレは、テーブルで豪快にピリ辛スパイスとあえてくれる。口直しに青梅の三温糖と水のジュレを挟んで、メーンはサーロイン牛の網焼き。なかなか贅沢。お酒はシャルドネやアリアニコをグラスで頂きました。1杯1000円程度。
ドルチェに白桃のコンポスタとスキューマ。フロマージュブランのジェラート添え。ひとり1万2000円ほど。また来たいお店です。

20160723_006

20160723_008


20160723_007

20160723_012

20160723_013

20160723_016

20160723_017

20160723_020

20160723_023

20160723_025

20160723_027

20160723_028

20160723_029

20160723_033

2016.07.02

ユーゴ・デノワイエ

食通の友人と、昨秋オープンして話題だったユーゴ・デノワイエ恵比寿店へ。渋谷区恵比寿南3-4-16アイトリアノン。6303-0429。JR恵比寿から徒歩8分。駒沢通沿いにある。2Fの賑やかなテーブル席で。

NYタイムスで世界一と称され、多くの三ツ星レストランにおさめるパリのブーシュリー(肉屋さん)の東京店です。
「東京ホワイト」をに飲みつつ、おすすめのコース9000円を。シャルキュトリー盛り合わせ、なんと皿いっぱいの肉カルパッチョ、インゲンサラダ、さらに肉3種の食べ比べ! 特にカルパッチョと最後の和牛が、旨みがあったなあ。流行りの熟成を売り物にはしてないようです。ナイフ置きはなんと牛の骨…
1Fはカウンターとハイチェア、売店です。

Dsc_0563

Dsc_0564

Dsc_0565

Dsc_0566

Dsc_0568

Dsc_0570

Dsc_0571

Dsc_0574

より以前の記事一覧