2020.02.09

ぽつらぽつら

落語会の後、友人とぽつらぽつらで食事。渋谷区円山町22-11 堀内ビル1F。050-3476-5534。照明暗め、居心地のいい居酒屋フレンチです。
コース4000円は前菜プレート、旬野菜のスペシャルテリーヌ、お刺身盛り、揚げ物、湘南みやじ豚のソテーなど。
神泉に姉妹店うつらうつらも。

 

20200209-042 20200209-043 20200209-045 20200209-047 20200209-048 20200209-049 20200209-050 20200209-052 20200209-053

2019.12.21

レストランヒロミチ

ミシュラン一つ星のフレンチでクリスマスディナー。目黒区三田1-12-24MT3ビル1F。050-5232-1847。
恵比寿から徒歩10分の、ガーデンプレイスの先。大きな窓があり、モダンながらくつろげる雰囲気だ。高級食材と野菜の取り合わせが絶妙です。盛り付けも端正で、少し軽みがあって楽しい。

メニュー・ドゥ・ノエル1万6900円は、まずクルミとフルムダンベール(青カビチーズ)のひと口グジェール(シュークリーム)、うにご飯。前菜は美しい鱈白子のポッシェ(煮込み)と紫芋のムース、トリュフ風味のメークインのサラダといくら。続いて鴨フォアグラのコンフィと海老のタルタル、蓮根のパッションフルーツマリネ。
魚は濃厚な蝦夷アワビと生海苔のパイ包み焼き、マスタード風味のキャベツのプレゼ(蒸し煮)と肝のソース。さっぱりとバイマックル(タイ料理で使うこぶみかんの葉)と蜜柑のグラニテを挟んで、メーンは蝦夷鹿のロースト、ポロ葱サラダと牛蒡フリット、鹿肉ポロネーゼとパルメザンチーズのチュイル(ウエハース)黒トリュフ添え。
デザートはマロンムースと蜂蜜ジェノワーズ(スポンジ)、ベリー、甘栗、ピスタチオアイスを添えて。小さいサンタさんがのってます! 食後のコーヒーに、小菓子として綿あめが出てきてびっくり。
ワインはディスタシオン5500円で頂き、一人2万4000円ほど。美味しかったです!

シェフは赤坂「シュマン」出身の小玉弘道さん。

20191221-048 20191221-054 20191221-056 20191221-059 20191221-060 20191221-063 20191221-064 20191221-066 20191221-067 20191221-071 20191221-074 20191221-077 20191221-079 20191221-045

2019.11.25

アトリエフジタ

観劇好き友人たちと、atelier fujita (アトリエフジタ)で楽しい呑み会。渋谷区西原3-4-3 アミティ代々木上原2F。050-3374-6159。代々木上原駅すぐにある、こぢんまりしたカジュアルフレンチ。低温調理で素材を引き出すノルディックフレンチスタイルだそうで、魚料理や野菜が美味しい。オーガニックワインが豊富。店内もコンクリート打ちっぱなしに木製家具を配した北欧スタイル。

2019.11.23

割烹 一楓

観劇帰りに知人夫妻とまた割烹 一楓。渋谷区上原1-32-5ロイヤルテラス101。5738ー8441。

楽しく贅沢和食。珍しい白身魚のナメラ(キジバタ)がでた。1人8000円ほど。

2019.11.22

猩々

仕事関係で猩々でランチ。港区南青山2-26-9梅沢ビル。3479ー0770。

落ち着いた和食店の個室で。松花堂の梅は2500円。手堅いです。

2019.11.19

シティショップ・ピッツァ

ゴスペル練習の前に、シティショップ・ピッツァで腹ごしらえ。渋谷区渋谷3ー21ー3渋谷ストリーム2f。6419ー3700。渋谷ストリームにあるカフェ風の明るいピザショップ。

モッツアレラ、プロシュート、チキンなどのピザに、アイスティーをもらって2200円。
Dsc_0012Dsc_0013_20200308221601

2019.11.17

カールヴァーン・トウキョウ

オペラ帰りに友人を誘って、カールヴァーン・トウキョウでディナー。渋谷の新しいスクランブルスクエアにあるアラビア料理の店。珍しいメニューで面白い。

20191117-011 20191117-012 20191117-016 20191117-021 20191117-023 20191117-025 20191117-030 20191117-034 20191117-039 20191117-041 20191117-045 20191117-051 20191117-054

 

2019.04.24

メゾン プルミエール

メゾン プルミエールで珍しいロゼワインの会。代官山に近い、ウエディング向きの邸宅フレンチです。 目黒区 中目黒 1-1-29 。050-5596-7279。南仏の星付きレストラン「アルマン・アルナル」監修とのこと。普段のディナーコースは7000円ぐらい。

20190424_192555052 20190424_194130346 20190424_195343649 20190424_195833087 20190424_201913955 20190424_202241356 20190424_203345176 20190424_204014956 20190424_210423444 20190424_194134773

 

2019.02.03

またシャントレル

オペラ帰りに、昨年のクリスマスに行った元代々木のシャントレルに。広いカウンターで。

コース1万円。前回のクリスマスメニューと違うメニューを意識してくれる。同じメニューのフォアグラ、牛蒡、トリュフのスープ仕立てもすっごく美味しい。ワインをグラス(1300~1800円)で頂いてひとり2万強と、贅沢しちゃいました。

20190202_020

20190202_021

20190202_024

20190202_025

20190202_026

20190202_027

20190202_029

20190202_031

20190202_033

20190202_038

20190202_040

20190202_041

20190202_042

20190202_046

2018.12.23

シャントレル

シャントレル (Les Chanterelles)でクリスマスの贅沢ディナー。渋谷区元代々木町24-1 アブニ―ル元代々木1F 。5465-0919。代々木八幡から徒歩7,8分の住宅街にあります。
シャントレルとは杏の香りがするフランスのキノコだそうで、キノコを多用したフレンチ。家族連れが目立つアットホームなカウンターで。元気なご主人の若手たちに対する指導を見学するのも面白い。
Christmas Special Menu 1万2000円。おつまみの後、キノコのお茶とフォアグラのマカロン。お茶は乾燥キノコを4,5時間煮出すそうで滋味深い。程よい火入れの寒鰆とカラフルな人参。背子蟹(越前蟹の雌)と黒ラッパ茸・ウニと根セロリのムースは蟹が贅沢。ボリュームたっぷりのフォアグラと牛蒡・黒トリュフの温かいスープは牛蒡の香りが美味~。魚は平目のポワレとシャントレル・縮みほうれん草・ビスクソース。そして肉は3種類からチョイスできて、柔らかい赤牛ランプ肉のステーキ・マデラ酒(ポルトガルの酒精強化ワイン)ソース。
ワインはシャンパンのあと、グラスでGloria、Valnayなどをたっぷり頂く。デザートはまず柿とスパイスのゼリー寄せ・ベルベーヌ(レモンと蜂蜜の香りのハーブ)のアイスをさっぱりと。そして紅玉の温かいスフレ。コーヒーとお茶菓子で〆。たくさん飲んだので、ひとり2万8500円になっちゃいました~
ご主人は渡仏経験のある中田雄介さん。カウンターメーンで、テーブル席もあり。カジュアルな雰囲気で本格フレンチを味わう食通との会食向き。ごちそうさまでした!

20181222_008_2

20181222_011

20181222_013

20181222_016


20181222_017

20181222_020

20181222_022

20181222_024

20181222_025

20181222_029

20181222_030

20181222_033

20181222_038

20181222_040

20181222_044

より以前の記事一覧