« November 2021 | Main | January 2022 »

2021.12.27

ふるさと納税

ふるさと納税でいろいろ到着。西会津のお米と葱味噌。富津のすき焼き牛肉。仙台ささ圭の笹蒲鉾・揚げ蒲鉾・牛たんソーセージ。マザー牧場の各種ソーセージ。

Img_8987Img_9030Img_9032Img_9034Img_7192_20220103172401Img_7194

2021.12.25

銀座大石

日比谷で観劇のあと、銀座大石でクリスマスディナー。中央区銀座2-10-11 マロニエ通り銀座館2F。6278-8183。小さいビルにあるフレンチ。カウンター12席が同時進行、常連さんが多く、料理とともに大石義壱シェフの賑やかなおしゃべりを楽しみながら、たっぷり3時間。燕三条の青首鴨や豊後水道のマナガツオ、十勝の月光百合根、下仁田葱などなど、迫力ある素材を見せてもらい、炭火調理の過程も眺めて、エンタメ感たっぷりです。

おまかせコース2万6950円は、和の素材を生かしつつ、ボリューム満点なので量の調節を頼める。一口バター茶に始まり、軽いグジェールはマスノスケのタルタルに燻製キャビア。カリフラワーのムースと塩水雲丹のジュレがけに続き、なんと握りでボタン海老マデラ酒漬けとバルサミコ酢のシャリ。スープはすっぽんと4種の貝にほっこり蕪。さらに八寸は色鮮やかな3種のテリーヌ(野菜とオマール海老、牛頬肉にレンズ豆と焼茄子、山鳩・うずらと赤キャベツ)。
雲子グラタンはモンドールチーズと黒トリュフを控えめに。マナガツオのポワレは芋と貝のソース、燻製キャビアを添えて。
メーン1皿目あたりからペースダウンをお願いし、青首鴨のグリルは黒トリュフ、林檎のキャラメリゼと。追加で手羽やササミ、砂肝、レバーを挙手して頂く。口直しのスイカ(高知のルナピエナ)ジュースとライムシャーベットを挟み、いよいよ松阪牛ヒレ肉炭焼き。百合根のパイ包みも美味。お酒は日本酒もまじえ、ペアリングで頂きました。
さらにご飯ものが2皿あり、まず毛蟹の炊き込みご飯にブイヤベースを注いで。さらにびっくりのカレー。これはさらっとして意外に入る。
デザートは焼き目をつけて仕上げるクリスマスケーキ。そしてクレープシュゼットはミカン(紅まどんな)とチョコムース。ハーブティーも数種から選べます。
ひとり4万3000円ほどと贅沢しました~ シェフは四ッ谷・北島亭で16年スーシェフを務めたとのこと。帰りに次の予約を尋ねる方式。ご馳走さまでした!

Img_9081 Img_9083 Img_9084 Img_9091 Img_9092 Img_9088 Img_9095 Img_9097 Img_9098 Img_9099 Img_9103 Img_9109 Img_9113 Img_9118  Img_9123Img_9129Img_9131Img_9133Img_9135Img_9141Img_9145Img_9148Img_9151Img_9154Img_9159Img_9163Img_9167Img_9168Img_9169Img_9171Img_9174Img_9175Img_9177Img_9179

2021.12.18

sumile

観劇帰りに奥渋のsumile tokyoでサクッとディナー。渋谷区神山町40-5小松ビル。5738-7139。通りに面したガラス張りで、アンティーク調のインテリアが落ち着く。
ゆで卵ウフマヨ、サラダ、南瓜スープ、ポモドーロ、ステーキをもらって、モレッティやグラスワインと合わせ、ひとり6000円ほど。
コースも5000円ぐらいから。

Img_8977 Img_8979 Img_8980 Img_8981 Img_8982

2021.12.17

ゆう

グルメの友人を、以前からご一緒したかった代々木上原のゆうへ案内。いつもながら凝り過ぎない和食が、美味~ 王禄を控えめに。

Dsc_1110Dsc_1111 Dsc_1114 Dsc_1115 Dsc_1116 Dsc_1117 Dsc_1118 Dsc_1119 Dsc_1120 Dsc_1124 Dsc_1126

セツコと佃煮

頂き物で、セゾンドセツコのお菓子。ロッテグループのメリーチョコレートカムパニーによる、ショコラティエ・ブランドだ。黒糖焼酎のマロングラッセと焼き菓子「かさね焼き」、チョコの詰め合わせ。4000円ぐらいかな?

Img_8967
そして母が届けてくれた茨城の佃煮。

Img_8969

2021.12.15

学士会館

フレンチのラタンで会食。学士会館の個室で。カンパチのマリネ、人参のクリームソース、舌平目と天使海老のポアレ、牛肉の煮込み、キャラメル・ポアールムース、コーヒー。5500円+お酒。

2021.12.12

てるなり

東京割烹てるなりで会食。新宿区舟町8-2四谷舟町ビル1F。6457-4358。四谷三丁目にある和食、広々したダイニングで。
コース7865円は前菜2品、スペシャリテの牛すじの蒸し物、鶏レバーと奈良漬けの最中を挟み、魚、肉、季節の釜飯、デザートとたっぷり。日本酒や梅酒を頂き、ひとり1万ちょっとで手頃です。
荒木町・鈴なりのオーナー村田明彦さんプロデュース、シェフはフレンチの徳本寛一さんだそうです。個室もあり。

 

2021.12.11

ネモ

観劇帰りにNeMo(ネモ)で贅沢ディナー。港区南青山6-15-4B1。5962-6085。表参道から10分、青学裏の静かなあたりにある6月オープンのフレンチ。肩が凝らず、すべてに行き届いて素晴らしい。

ダイニングは細長く、木目と白のインテリアでくつろげる。コース1万5000円は魚中心で、素材を生かしていてほっこり。まず多治見で作ってもらったという美しい細工の白箱で「海幸・山幸」。カンパチにカリフラワー、サフラン風味ビネグレットが爽やか。見事な伊勢エビをみせてもらってから、その身の上に濃厚スープを注いで。焼きたて国産小麦パンで思わずすくっちゃう。旬の甘~い勢子蟹は、蕪の米粉揚げと。
白子は焼き茄子などと合わせて。
お楽しみ穴子は、人気のローストしたマカダミアナッツをまぶして香ばしく。タイムとレモン風味の根セロリもちょっとアジア風で面白い。珍しい「梅色」は鰆に似た魚で、皮目をパリッと、アーティチョークのソースで。メーンはどーんとローズマリーとニンニクをまとった塊肉をみせてもらってから、その仔羊のローストに、卓上でグラタンを添えて。<ペアリングのワインも重すぎず、あえて少し酸化させたものなど珍しいチョイスも。穴子の皿に合わせ緑茶を挟んでもらい、2段重ねの器に温度をかえて3回くらい淹れてくれた。お酒も美味しく飲めて良い。
デザートはまずいろんな柑橘のクリーム。そしてびっくりのまるごとトマトのコンポートに、別皿でメープルのアイスクリーム。口の中で混ぜてね、と。美味。コーヒーに、ラム酒の香りのカヌレ、小さいキャラメルまでしっかり頂きました。

接客は朗らかで心地良い。若いシェフ根本憲一さんはカンテサンス、ソムリエ・支配人の寺島唯斗さんはベージュアランディカス東京出身とのこと。作家ものの器や英スタジオウィリアムの細身のカトラリーもお洒落。楽しみなお店です! テーブル7卓に個室もあり。

Img_8858 Img_8860 Img_8864 Img_8865 Img_8868 Img_8874 Img_8876 Img_8879 Img_8880 Img_8882 Img_8886 Img_8891 Img_8892 Img_8894 Img_8903 Img_8906 Img_8909 Img_8914 Img_8922 Img_8927 Img_8929 Img_8933 Img_8936

2021.12.09

春日

会食で春日。台東区雷門1-2-11。3844-8652。浅草と田原町の中間くらいにある、民家風の伝統的な天ぷら屋さん。
老夫婦で丁寧なおもてなし。まず小さいお座敷でお茶をもらい、掘りごたつ式のカウンターに移動して、目の前で小ぶりの海老や野菜などを上品に揚げてもらう。お座敷に戻ってフルーツという形式だ。かるく呑んでひとり2万円弱かな。美味しかったです。

ベルアメール

頂き物で、京都ベルアメールの華やかな「パレショコラ」と定番の焼き菓子。お洒落です。4320円。

Img_8844 Img_8845

2021.12.05

フィオーレ

文楽仲間と久々、フィオーレで食事。千代田区二番町3-11 vort二番町ビル B1F。050-5570-5834。二番町にあるごくカジュアルなイタリアンです。
生ハムやサラダ、パスタ、ピザなどでひと66000円程度と手軽。

2021.12.04

大輔

落語会から白金に移動して「和味 大輔」でディナー。港区白金2-6-14。050-5571-0380。白金台から5分、白金高輪から10分ほど、シェラトン都ホテル東京向かいの路地を入ったマンション街にある、わかりにくい2階建て民家。ちょっと洋風アレンジもあって高水準、でもどうだ感は全くなく居心地が良い。1Fの掘りごたつ席で。

季節のお任せコースは9130円。まず海老芋の蟹あんかけで暖まり、鯛などのお造りは山葵醤油&ポン酢柚子胡椒と。魚と安納芋の揚げ物は珍しいハイビスカス塩で。野菜サラダはあん肝ソースを混ぜて濃厚に。蕪すり流しは葱とバルサミコ酢が意外なアクセント。本日の目玉、どーんと立派なのどぐろの焼き物は、しっとり絶妙の焼き加減で。小松菜と葱のお浸しでさっぱり。帆立炊き込みご飯は湯葉あんかけで。盛り加減を調節してくれて親切だ。
日本酒が充実していて、薄くて底に突起がついた松徳硝子のグラスで頂く。香りがたつそうです。1杯が一律650円でとても良心的! デザートは名物日本酒のブランマンジェでした。しめてひとり1万円強とお得です。

コースは7000円程度から。カウンターや個室があり、近くには凝った建築の「はなれ」もあるとか。ご主人・井上大輔さんが見送ってくれました。素晴らしいお店です。

Img_8771 Img_8778 Img_8775 Img_8783 Img_8781 Img_8785 Img_8787 Img_8791 Img_8793 Img_8797 Img_8798 Img_8804

 

2021.12.03

いぶる軽井沢

頂き物で「いぶる軽井沢」(軽井沢町長倉中山628-9)のセット。2日かけて低温燻製した「燻製しょうゆ」、和食に合う『燻製オリーブオイル」、香りを楽しむ「燻製ナッツ」です。お洒落!

Img_8751 Img_8752

 

« November 2021 | Main | January 2022 »