« 佐乃家 | Main | Bépocah »

2020.11.08

Ode

狂言を拝見し、美術館に寄り道しつつ散歩して、誕生日ディナーへ。なかなか予約できなかったOde(オード)が実現! 渋谷区広尾5-1-32 ST広尾2F。6447-7480。ミシュラン一つ星、Asia's 50 Best restaurantsにもランクインした勢いのあるお洒落フレンチです。インテリアはグレーで統一。個室で。

おまかせコース1万6500円は、重すぎない和食テイストが一貫してハイレベル。テーブルで仕上げるパフォーマンスも、エンタメ性が高いけど、いわゆるイノベーティブにとどまらない感じ。お酒はペアリングで。
のっけから金の器、煙もくもくの名物「ドラ○ンボール」、一口甲殻ビスクで驚かせ、森をイメージした盛り付けで舞茸のサブレ。いくら・なめこ・蕪は優しい茶碗蒸しに塩味を効かせて。ケールのタルトに続き、こちらも名物「グレー2020」。一見食べ物に見えないけど、旨みのあるさくさくのメレンゲが美味。魚タルタルと合わせて。
秋刀魚のマコモ茸・酒粕ソースは苦味がいいアクセントで、日本酒を合わせる。熟成カボチャとブータンノワールのラベンダー風味が、濃厚で絶品です。さらに銚子のパリパリ金目を冬瓜のサフランスープに浸して。メーンは立派な七谷鴨を梨・塩麹と。
お酒はペアリング9900円で、ワイン、日本酒を取り混ぜて。
デザートはシークワーサー・水晶文旦のジュレでさっぱりした後、栗のローズマリー・ほうじ茶風味、シャインマスカットの白ビール・エストラゴン風味、さらにゆず・キャラメルと充実。お茶がいろいろ選べて、葉巻風につくったお茶菓子も可愛かった。お箸を持ち帰れるスタイルです。

シェフは1975年生まれの生井祐介さん。ひとり3万円弱になっちゃったけど、いやー、至福です。ごちそうさま!

Dsc_0095_20210102170401 Dsc_0097_20210102170401 Dsc_0099 Dsc_0100 Dsc_0102 Dsc_0103 Dsc_0105 Dsc_0106 Dsc_0111 Dsc_0113 Dsc_0114 Dsc_0115 Dsc_0118 Dsc_0122_20210102170501 Dsc_0123_20210102170501 Dsc_0125_20210102170501 Dsc_0129 Dsc_0131 Dsc_0134 Dsc_0136 Dsc_0138 Dsc_0144 Dsc_0148 Dsc_0152 Dsc_0155 Dsc_0158 Dsc_0162 Dsc_0165 Dsc_0172 Dsc_0175 Dsc_0178 Dsc_0182

« 佐乃家 | Main | Bépocah »

渋谷・恵比寿・目黒」カテゴリの記事

★洋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 佐乃家 | Main | Bépocah »