« サロンドテ シェ松尾 | Main | ファラフェルブラザーズ »

2020.09.21

サンパウ

30周年の続きで、なんとサンパウで超贅沢ディナー。言わずとしれたスペイン・カタルーニャの女性シェフ、カルメ ルスカイェーダによる3ツ星モダンスパニッシュ。この東京店も2ツ星です。日本橋に行ったことがあったけど、15周年の2019年に移転してからは初。永田町駅からほど近い千代田区平河町2-16-15ザ・キタノホテル東京2F。050-5868-9389。

広々したダイニングでほとんど貸切状態… コース10品2万4000円はカルメの料理本から抜粋した定番だそうです。ワインはグラスでペアリングを頂いて1万8000円。最後の方で登場した小ちゃなデカンタ瓶も可愛い。ちなみにガス入りミネラルウォーターはスペイン産100%天然のVICHYCATALANヴィッチーカタランにしました。塩っ気があり美容にもいいメディカルウォーターだとか。
まずシャンパンを頂きながらデリカテッセンのスペシャリテを賑やかに。苺のサルモレホ(冷製トマトソース)はさっぱりと食が進む。車海老のアラプランチャ(鉄板焼)と水夫のトーストは濃厚な魚介ソースをたっぷりと。仔羊とひよこ豆のコシード(ポトフ)は見た目も斬新。
白身魚のアサド(焼き物)は意外なミョウガがアクセントに。メーンは猪豚・雲丹・林檎が可愛く並んだマール・イ・モンターニャ(海の幸と山の幸盛り合わせ)。コケオドシ感はなく、変化に富んで楽しめる。
お楽しみデザートは、まずイボレスチーズと無花果のキャラメリゼ。イベリコ豚と同じドングリを食べた山羊乳のチーズだそうです。そして美しい「マレスメの薔薇」には、おめでとうのプレートを飾り薔薇の香りをスプレーしてくれました。ラストは珍しい食後酒をソーダ割で頂きつつ、ドゥルセデレチェ(キャラメル)をトルテやアイスの盛り合わせで。お茶菓子まで凝りまくりで、曜日の惑星を表現したコロコロ「七曜」。
チャージ含めひとり5万2000円! 堪能しました。「イゾラ」などのグラナダ経営。下山雄司社長は元電通マンで三木谷さんの義弟、一時はカンテサンスも経営してたんですね。
20200921-018 20200921-019 20200921-023 20200921-032 20200921-037 20200921-040 20200921-044 20200921-047 20200921-052 20200921-056 20200921-059 20200921-061 20200921-063 20200921-066 20200921-077 20200921-084 20200921-089 20200921-097 20200921-098

« サロンドテ シェ松尾 | Main | ファラフェルブラザーズ »

四谷」カテゴリの記事

★洋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« サロンドテ シェ松尾 | Main | ファラフェルブラザーズ »