« April 2017 | Main | June 2017 »

2017.05.31

おりんち

おりんちで気軽な宴会。港区虎ノ門1-5-13虎ノ門UKビル1F。050-5797-9389。地下鉄虎ノ門駅1番出口から徒歩数分にある、飛騨食材の居酒屋。

奥のテーブルで。飲放題付き5000円程度と手軽だ。飛騨地鶏のお刺身や炭火焼きなどが面白い。

2017.05.24

焼肉バル

仕事の合間に焼肉ワインバル mEat Esola(ミートエソラ) 田町でランチ。港区芝5-12-7カゾール三田 1F。
ガリバタ丼800円。ボリュームあるけど案外重くない。夜は飲み放題コース5000円程度のようです。

Dsc_0011_5

2017.05.23

うな兆日比谷セレクト

仕事の合間にうな兆でランチ。千代田区内幸町2-1-1飯野ビルB1。3593-6666。
うな丼980円と手頃で落ち着いてます。ひつまぶしもあり。

Dsc_0010_4

2017.05.21

COVA TOKYO

演者さんとCOVA TOKYO(コヴァ・トーキョー)で応援ディナー。千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル1F。050-5868-2376。ペニンシュラホテル前という便利な立地にある、ミラノの老舗イタリアン。
ローズウッドが重厚なダイニングのテーブル席で。奮発したコース1万4000円は前菜盛り合わせのあと、パスタは自家製タリアテッレ。ゴッドファーザーのレシピだそうです。メーンはお楽しみ大迫力のフィレンツェ風ティーボーンステーキ。赤身をドライエイジングし、炭火で仕上げているそうです。香ばしい! ワインは一人7000円ほど。ドルチェ盛り合わせで〆。
かなり贅沢な会食向き。

20170520_004

20170520_005

20170520_006

20170520_009

20170520_015

20170520_007

2017.05.11

ル・プーレ ブラッスリーうかい

大手町のル・プーレ ブラッスリーうかいでランチ。皇居に面したテラスが気持ちいいロティサリーチキンの店。サービスがキビキビしていて、外国人観光客が目立つ。千代田区大手町1ー1ー1大手町パークビルディング 1F。050-5594-8760。
オマール海老サラダセットは1500円。ボリューム十分です。ほかにサラダ、スープ、ポテトが付くロティサリーチキンセット2500円、鶏料理セット2000円、サンドイッチセットは1500円。
ちょっとお洒落で手軽なランチ向き。夜のコースは6品で6000円からとやや高めかな。

Dsc_0161_1

Dsc_0162_1

2017.05.07

鷹の爪

番外編で北海道旅行の帰りに、新千歳空港ターミナルビルで「北海道ラーメン道場」に寄りました。人混みをかき分け、「鷹の爪」でランチ。ラーメンにビール、餃子をもらって3860円。

ターミナルビルには地元ロイズチョコレートのテーマパークみたいな店もあり、メチ楽しかった。

20170506_055

20170506_056

20170506_057

20170506_063

20170506_073

2017.05.06

杜氏賛歌の朝食

番外編ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの仕上げは、杜氏賛歌の朝食。地元食材を中心にした贅沢なお膳です。
青菜とリンゴのジュース、生野菜の柚子胡椒・白味噌ソース、奥熊野の天然蜂蜜に漬けた南高梅、いくら、17代続く日本最古の山葵農家白鳥さんの山葵と大吟醸の酒粕を使ったわさび漬け。
特に絶品は、可愛いパッケージに入った伊達産のオリジナル黒豆納豆。そして栃木の帆森好の卵だ。飼料にサロマ湖のホタテ貝柱を使っているそうです。
鰊、出し巻き卵、椎茸と蓮根の肉団子、北海道産とよまさりの手作り豆腐。それぞれ洞爺虻田の花塩と、オリーブオイルで頂く。独自ブレンドの釜炊きご飯、魚介のお味噌汁、京都御所之園のほうじ茶も。

20170506_020

20170506_027

20170506_028

2017.05.05

ミシェル・ブラストーヤジャポン

番外編ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの、ディナー2夜目はミシェル・ブラストーヤジャポン。コースは2万7000円。久々に来たけど、驚きに満ちた料理はもちろん、ゆったりしたダイニングから眺める湖の夕景、気取らないサービスが変わらず素晴らしい。

いきなりスペシャリテのコックームイエット(半熟卵)とセップ茸のパイ。ゲストの名前入りのパンも。前菜の後、お楽しみ名物の野菜のガルグイユ。70種ほどの野菜やハーブが目にもヘルシーだ。美味間違いない魚介シリーズは、まず帆立貝のカルパッチョを人参やセロリと。続いてボタンエビのミキュイ(半生)は、アボカドのピューレとビーツのグリエと。北海道らしく、大ぶりのアスパラガスはトリュフのクルート(皮)で。
ライオールのナイフが出てきて、いよいよメーン。牛肉にスパイシーなチュイル(クッキー)と百合根マリネを添えて。付け合せは、こちらも名物のアリゴで、テーブルで糸をひくパフォーマンスを見せてくれる。アリゴはオーブラックの修道院が巡礼にふるまったのがルーツだそうで、ラギオールの凝乳チーズ=アリゴの熟成前の塊(トム)にジャガイモのピュレや牛乳、バター、ニンニクを加えて練ったものとか。楽しいなあ。
食前には桃やグレープフルーツのカクテル、シェリーをもらい、ワインはマリアージュ1万2000円のほか、グラスでガヤックなど1800~3200円を頂きました。

ワゴンから少しずつ選ぶチーズを挟んで、デザートはまず、ナイフを入れると抹茶が流れ出る温かいビスキュイクーラン(商標登録済)と、豊浦イチゴのソルベ。ビワのソルベ詰めとアーモンドのヌガティーヌ(カラメル)と蜂蜜の泡。コーヒーで〆かと思ったら、目の前でコーンに盛ってくれるアイスが出てきて、これでもかというくらいのホスピタリティーです。
ディナーが終わる頃は、湖畔はすっかり夜景になってました。お酒をいろいろ頂き、ひとり4万円ほどと贅沢だったけど、大満足!

20170505_150

20170505_160

20170505_163

20170505_164

20170505_165

20170505_166

20170505_167

20170505_172

20170505_173

20170505_175

20170505_177

20170505_178

20170505_180

20170505_184

20170505_186

20170505_191

20170505_192

20170505_197

20170505_202

20170505_206

20170505_215

20170505_218_2

ギガランズアイランド

番外編、洞爺湖の2日目朝食は、2Fのギリガンズアイランド。爽やかなフレンチダイニングです。
ブレックファストメニューは、お目覚めのスパークリングワインがリゾートならでは。好みの卵料理、サラダ、ヨーグルトとフルーツのグラス。北海道小麦の焼き立てパンと各種のフレッシュジュースはブッフェスタイルで。朝の散歩も楽しい~

20170505_002

20170505_005

20170505_006

20170505_015

20170505_017

20170505_020

2017.05.04

祥庵こげ津

番外編で、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。ディナー1夜目は鮨処の祥庵 こげ津。

カウンターで絶品すぎるお寿司を頂く。特に雲丹が幸せです。お酒は八海山スパークリング、北の錦北斗随想、北の錦秘蔵、洞爺015を頂き、ひとり2万円強。

20170504_067

20170504_068

20170504_071

20170504_075

20170504_078

20170504_079

20170504_080

20170504_081

20170504_083

20170504_084

20170504_087

20170504_089

20170504_090

20170504_091

20170504_094

20170504_095

20170504_097

20170504_098

20170504_099

2017.05.02

72 Degrees Juicely+Cafe by David Myers

銀座シックスのカフェ「72 Degrees Juicely+Cafe by David Myers」で軽くランチ。中央区銀座6-10-1GINZA SIX 5F。6263-9872。南ファルフォルニアの平均気温華氏72度にちなんだという店名の、おしゃれカフェ。
ベーコエッグとレモンハリッサ(北アフリカのピリ辛調味料)、オレンジジュースで2160円。
デイビット・マイヤーズはカリフォルニアでミシュランを獲得したスターシェフだそうです。

Dsc_0152_1

« April 2017 | Main | June 2017 »