« アルベリーニ | Main | 久しぶりに久露葉亭 »

2015.07.05

スリオラ

スリオラで誕生日の贅沢ディナー。麻布十番にお邪魔していたスペイン料理店で、5月に銀座一等地に移転してからは初めて訪問。シェフ本多誠一さんの腕が素晴らしく、接客は気さくで、気持ちのいいお店です。中央区銀座6-8-7交詢社ビル4F。3289-5331。

カウンターがある細長いスペースのテーブルで。デグスタシオンは1万7500円。手の込んだ小さい皿がなんと14皿も出てくるスタイルはそのままだ。盛り付けも美しい! 

シャンパンで軽いマカロンとエビセン風の突き出し、さらに薄切りのチョリソをつまんでから、前菜が3皿も。まず稚アユのフリットを、トマトとナッツのロメスコソースで。踊るような姿が愛らしい。シェリーのペドロヒメネスが香るフォアグラは、キューブ状に加工した甘酸っぱいジェリービネガーのジュレでさっぱりと。軽くあぶった鰯は、パセリのピストゥー(ペースト)で。皿が鏡のようです。
カルド(スープ)は白イカとキノコの詰め物、ヒヨコ豆で食べ応えたっぷり。パスタは軽くいぶしたキャビアのラビオリで、超美味!
メーンはまずイトヨリのプランチャ(鉄板焼き)、サフランライスのソース。続いて仔牛ロース肉のアサード(グリル)。柔らかいなあ。メニュー外で特別に、リゾットを一口だけ足してもらいました。ワインはグラスで白、赤をどんどん頂く。勧め上手です。

デザート前のお楽しみ、3種のチーズは付け合わせが凝っていて、きれいに列に並んで出てくるのも嬉しい。左から山羊のモンテエネプロにトマトの泡、羊のマンチェゴにピキーヨス(赤ピーマン)のジャム、牛のエル・ピコン・モンヘには玉ねぎのビスコチョ(カステラ)とポルト酒。そしてデザートはまず、モヒートと桃のスープ状のもの。さらにビロードのようなチョコレートにトウモロコシのアイス。コーヒーで〆。小菓子のプレートに、誕生日のお祝いを書いてくれました。満腹、かつ心もとても豊かになる食事でした。ご馳走様!

034

038

041

042

                

047

045

 

049

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

051

055

058

062

 

 

 

 

066

071

 

074

 

 

 

 

077

083

085

089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« アルベリーニ | Main | 久しぶりに久露葉亭 »

★洋」カテゴリの記事

銀座」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/61957373

Listed below are links to weblogs that reference スリオラ:

« アルベリーニ | Main | 久しぶりに久露葉亭 »