« ロホ アミーゴキッチン | Main | クリスチアノのパステル・デ・ナタ »

2015.02.19

ラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ

恒例グルメの友人と「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」。中央区銀座7-2-8TAKAYA―GINZAビルB1。6280-6481。

外堀通りを新橋方向へ。銀座西6丁目を右折、次のコリドー街の手前を左折した、ややわかりにくい場所にあるリヨン料理店です。こぢんまりして、赤白チェックのクロスが親しみやすい。

料理はしっかり本格派。お酒の前に酔い止めのトマトジュースを一杯。そしてオリーブをつまみながら、アラカルトでまず本日のスポットメニューから小皿で牡蠣の5分間スモークを貰う。透明なトマト水のジュレがけに定番のシャンパン。
アントレは定番ブータンノワールのレンズ豆と林檎・バナナのラグー。ごろごろ入った林檎が良く合う。もう一皿はサラダガストロノミック。燻製の鴨の生ハム、帆立、フォアグラ、トリュフの贅沢食材どっさりを、ほろ苦いクレソンで。大人っぽい。
プラ(メーン)はまず珍しいプロシェのクネル。びっくりのフワフワはんぺんです。古典のルセット
(レシピ)を忠実に再現していて、フランス産淡水魚カワカマスのすり身と小麦粉に、普通はバターのところをケンネ(牛の腎臓の回りの脂)を混ぜるとのこと。ザリガニのクリームソースが超美味! 
そして仔鴨胸肉のラケ。皮目を良く焼いて蜂蜜とワインビネガーを塗り、天日で炙って照りを出したそうです。コニャックのソースで。グラスで白、赤をもらい、デザートはケーキを砕いたパンデピスのアイス。コーヒーとマシュマロなどの小菓子で〆。席料500円を含み一人1万2000円弱と、かなり高くなっちゃったけど満足。

2013年に虎ノ門から移転したそうで、シェフは親しみやすく、接客は少しぶっきらぼう。壁の絵は学校の美術の先生だと聞いて、なんだか嬉しくなりました。

2015_02_19_19_50_17

2015_02_19_20_01_53

2015_02_19_20_45_07

2015_02_19_21_04_24

2015_02_19_21_36_20


« ロホ アミーゴキッチン | Main | クリスチアノのパステル・デ・ナタ »

★洋」カテゴリの記事

銀座」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/61170934

Listed below are links to weblogs that reference ラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ:

« ロホ アミーゴキッチン | Main | クリスチアノのパステル・デ・ナタ »