« 真希 | Main | いつもの久 »

2014.10.03

銀座ハプスブルク・ファイルヒェン

グルメの友人と、気になっていた銀座ハプスブルク・ファイルヒェンで贅沢ディナー。中央区銀座7-8-7GINZA GREEN7F。5537-3226。

銀座6丁目信号から7丁目に向かう中央通りに面した飲食店ビルにあり、エレベーターを降りると暗めの照明に、豪華シャンデリアの別世界だ。ゆったりしたダイニングは窓から銀座の灯りが見え、花や壁いっぱいのワイングラスの棚が美しい。銀の大皿に布のレースもゴージャスだ。

スプリッツアー1080円を飲みながらメニューを吟味。コースはオードブルが魚か肉の2種類で、それぞれメインを1品か2品か選べる。せっかくなので肉中心の1万4000円で、メインをスペシャリテの仔牛のウィーナーシュニッツェルに差し替えてもらう。料理に合わせたグラスワインのセットはデザートワインを加えて6980円。

生ハムは我慢して、まず温かいポテトスープなど、見た目も可愛い「キッチンからのご挨拶」がでて、オードブルは鶉のソテーと根セロリのピュレ、山葡萄のソース。セメル粉で焼いたカルトフェル・クヌーデル(ジャガイモの付け合わせ)、クミン風味のクラウトサラート(キャベツ)を添えて。現地から取り寄せているというパン、カイザーゼンメルが美味です。
甘~い宿祢南瓜のスープはシュタイヤーマルク風だそうです。南瓜の種の粉を振って。
お楽しみシュニッツェルは野菜の付け合わせも美味しい。料理は懲り過ぎず、素朴な味わいだけど、一品一品丁寧さが感じられて嬉しい。

デザートが最もパンチがあって、ケシの実のクーヘンに林檎のキャラメリゼとアプフェルプラン(林檎)アイス。コーヒーで満腹し、メレンゲのプティフールは包んでもらいました。

税込でひとり2万4000円! オーナーシェフはオーストリア国家公認料理マイスター、元溜池「カー・ウント・カー」の神田真吾さん。接客も丁寧です。ランチは5000円程度から。かなり気張った記念日ディナー向き。

2014_10_03_19_30_27

2014_10_03_19_42_15

2014_10_03_20_00_32

2014_10_03_20_18_55

2014_10_03_20_45_26

2014_10_03_20_47_27

2014_10_03_20_54_26


« 真希 | Main | いつもの久 »

銀座」カテゴリの記事

★洋」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀座ハプスブルク・ファイルヒェン:

« 真希 | Main | いつもの久 »