« ういろう(外郎) | Main | 「ビストロ石川亭」2号店 »

2009.11.28

「オーベルジュ・ド・リル・トーキョー」

「オーベルジュ・ド・リル・トーキョー」で大贅沢ディナー。港区西麻布1-6-4。5785-8880。

六本木ヒルズ向かい、一本裏通りに入ったところにある白亜の邸宅レストラン。インテリアはもう全面ロココです。ダイニングへは入り口のバースペースから螺旋階段を優雅に下りていく。地下だし、さほど広くないが、天井が高いのでゆったり。シャンデリアや鏡がまぶしい。なんだか子どものころ夢見た人形の家みたい。バッグを置く小さい椅子まで装飾的です。

まずカPhoto_11ンパリソーダに、小さいサーモンのシューなどをつまみながら、メニューの説明を受ける。接客は行き届いていて、気取り過ぎず快適。

Photo_10Photo_12

せっかくなので2万2000円のコースを頂く。ムースが多用されていて食感が軽いのが面白い。初めの茸のムースとタラバ蟹のカクテルは、無花果がアクセント。前菜がもう一皿あり、仔鳩とアーティチョークのガトー仕立て、ローズマリー風味。

Photo_13 Photo_14 天然笠子のポワレはグルヌイユとブレットのラヴィオリ、クレソンのヴルーテ仕立て。さらにオマール海老とセロリラーヴのピューレは蛤とポワローのルーロー、キャビア添えが出てきます。美味~。

Photo_17 Photo_18 お肉はアラカルトから選べたので、スペシャリテの真鴨のロティー、赤キャベツと無花果のコンフィーと玉蜀黍のガレットを頂きました。目の前に銀の蓋の付いた切り分け台を運んできて、切り分けてくれます。ううん、エンタテイメント。

Photo_16 Photo_19 Photo_20 もうお腹いっぱいなのに、フランス産チーズのあとソルベ、さらにスペシャリテのデザート、ペーシュエーベルランを平らげる。ワインはいつものようにグラスで選んで貰いました。デギュスタシヨン(きき酒)コース一人3000円で白2杯、赤1杯。

直球だし、ボリュームたっぷりだけど、案外重くなくて上品です。特別な食事という気分たっぷり。いやー、ご馳走様でした! ひらまつ経営。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー   (フレンチ / 六本木、乃木坂、麻布十番)
★★★★ 4.0

« ういろう(外郎) | Main | 「ビストロ石川亭」2号店 »

★洋」カテゴリの記事

麻布・六本木」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/46876996

Listed below are links to weblogs that reference 「オーベルジュ・ド・リル・トーキョー」:

« ういろう(外郎) | Main | 「ビストロ石川亭」2号店 »