« 「MUSMUS」山形食材の会 | Main | 芋ようかん »

2008.10.13

「新ばし久」

観劇帰りに「新ばし久」を再訪。港区新橋2-15-13。3500-5772。

ご主人の清水久史さんが「うちは居酒屋です」というカウンターのみの和食屋さん。人気が出たせいか予約時に、8時30分入れ替えになったといわれてちょっと不安だったけど、くつろげる雰囲気、素朴ながら凝った料理は変わっていなくて一安心。

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 カウンターにすわって、まずはご飯を頼んでおく。お米をとぐ音をききながら、料理は「おきまり」で、さっぱりした茗荷と胡瓜の梅和え、軽くスモークして香ばしい戻り鰹のたたき、いくら醤油漬け、もっちりして温まるお椀の蓮根もち、素朴な鰤照り焼き、すごく柔らかいローストビーフ。これにゆで黒豆、秋の味覚・銀杏、魚介の出汁がきいたトマトソースがおいしいオムレツを追加してもらう。
最後はぴかぴかの白いご飯を塩鮭で、さらに蜆のお味噌汁。満腹だけどデザートの白玉ぜんざいをもらいました。

ビールと日本酒ひやおろしをしこたま飲んで一人7000円。相変わらずお得でいいお店です。若いお客さんもいて、先が楽しみな感じ。ご馳走さま!

新ばし 久 (しんばし きゅう) (割烹・小料理 / 新橋)
★★★★★ 5.0

« 「MUSMUS」山形食材の会 | Main | 芋ようかん »

★和」カテゴリの記事

銀座」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/42772213

Listed below are links to weblogs that reference 「新ばし久」:

« 「MUSMUS」山形食材の会 | Main | 芋ようかん »