« 「若大将」 | Main | 「小岩井フレミナール」 »

2005.12.26

「ピエール・ガニェール・ア・東京」

話題の大物シェフの新店「ピエール・ガニェール・ア・東京」でランチ。港区南青山5-3-2南青山スクウェア4F。5466-6800。表参道徒歩7分。
まだ一部は工事中のビルで、シースルーのエレベーターに乗って階上へ向かう。この段階で結構うきうき。人気デザイナー、クリスチャン・ジオン氏が手がけたという内装は茶を基調に、細かいタイルを貼り付けていてモダン。窓の陽光と相まって軽快な感じ。有閑マダムというよりビジネスマンと女性のグループが目立ち、景気回復を感じさせる。
gagnaire1 gagnaire2 gagnaire3 コースは7350円と強気だが皿数がたっぷり。食事の前に、フォアグラの一口クロケットなど小さい「フェッテ」数種類を運んでくれ、盛りつけも凝っていてかなり面白い。食器は白で統一。アミューズもどんと5種類。若鶏のショー・フロワと大根のカンパリ漬け、栗のポタージュ、イカ墨・ジャガイモのクリームと鱈のグリエ、キャベツのクロカン・アンチョビ、ウズラ卵のかりかりトースト。「厨房のピカソ」と呼ばれるだけあって美的。メインはオニオングラタンにのせたカレー風味のアンコウ、ノルウェー産仔羊のコンフィ・セップ茸のリゾットに人参と大根のカラメリゼ。分子料理法のエルヴェ・ティス博士が協力しているとか。パリパリ素材が多くて面白い一方、温度や味の変化は少なめか。
柿のムース、チョコケーキなどデセール3品を楽しんだ後、仕上げにまたプティフール。マシュマロを口に入れてバラ風味にびっくり。サービスは穏やかだが満員で忙しそう。預けたコートを待つ間にお茶を出してくれたり、お土産のクッキーをくれたりして、きめ細かい。楽しい時間でした。個室もあり。gagnaire4

青山 ピエール・ガニェール

« 「若大将」 | Main | 「小岩井フレミナール」 »

★洋」カテゴリの記事

青山」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
旬香亭の記事を探していてこちらにたどりつきました。
ピエール・ガニェール行きたい!
供されるお皿も素敵なんですね。
先日場所だけ確認してきてそれだけでうきうきしてました。
こちらを見て絶対行きたくなってしまいました。

ピエール・ガニェールに行かれたんですね!
わたしも今ここが一番気になっています(笑)
ランチも皿数がたくさんで楽しめそうですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/7828351

Listed below are links to weblogs that reference 「ピエール・ガニェール・ア・東京」:

» ピエールガニェール@南青山 [多感な乙女の脳内整理箱]
フランスの3つ星レストラン「ピエール・ガニェール・ア・トーキョー」。 11月に南青山にオープンしたということで連れて行ってもらいました♪ 店内は茶系。モダンで、マニッシュな感じ。 思ったよりもカジュアルで、肩肘張らずに食事を楽しめる雰囲気です。 食前酒に... [Read More]

« 「若大将」 | Main | 「小岩井フレミナール」 »