« 洋食「レバンテ」 | Main | 黒澤 »

2004.02.20

本郷「楠亭」

kusu1.jpg

春めいてきました。気持ちいいので、お昼に本郷3丁目からぶらぶら歩いて「楠亭」へ。文京区本郷1-28-32。3813-7218。ビルの前に大きな楠があってすぐわかります。30席ほどをゆったり配置し、奥にご老人の家族連れがいました。浮つかず、押しつけがましくない端正な対応です。楠が見える窓際のテーブルへ。

昼のコースは3300円から7000円ですが、スペシャルランチでポトフとパン、コーヒーを。日向鶏のポトフは、豊富な根菜が角がくずれず柔らかく、特にネギがおいしい。マスタードを溶かしながらスープも飲んで幸せ。デザートにカスタードプリンをもらって2400円。お皿も楠模様です。

kusu2.jpg

「本郷の大楠」です。レストランのパンフレットによれば高さ24メートル、幹の太さ9メートル、樹齢600年。江戸時代、ここに楠木正成の子孫とされる旗本の屋敷があったのだそうです。呼んでいませんが司馬遼太郎の「街道をゆく」にも登場しているとか。オフィスやマンションの間で存在感を発揮する巨木です。 

★現地に足を運んでいませんが、同じスペースはしばらく前から、「PAISIBLE」というフレンチになっているようですね… 08/5

« 洋食「レバンテ」 | Main | 黒澤 »

お茶の水・本郷」カテゴリの記事

Comments

十何年ぶりにランチをと思い、電話したのですが何回かけてもただいま使われておりませんという音声が聞こえるだけです。現場に行っていないので横着ですが、関係者の方、お客さまなどご存知の方はどなたでも結構ですから、本郷楠亭の近況をご教示下さい。よろしくお願いします。

十何年ぶりにランチをと思い電話したところ、何回かけても電話番号は使われていないとの音声が聞こえるだけでした。また閉店しおてしまわれたのでしょうか?
関係者の方、お客様などご存知の方どなたでも結構ですから、「楠亭」が今どうなっているかご教示下さい。よろしくお願いします。

HOOPさん、コメント有り難うございます。
そうですかー。私も訪問からだいぶ時間がたってしまいましたが、非常に感じのいいお店でした。

楠亭、復活していたんですね。
かつては、お屋敷で営業しており、畳のお座敷だったであろう部屋に靴のまま上がって、テーブルで食事というスタイルでしたが、、、

そんな優雅さを、
ほんの少しでいいから、
おすそわけしてほしい。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本郷「楠亭」:

« 洋食「レバンテ」 | Main | 黒澤 »