« ミシェル・ブラスのチョコケーキ | Main | A/Zブックカフェ »

2004.02.15

生姜チョコ

choko1.jpg

母からバレンタインのチョコ。

神戸のコスモポリタン製菓078-331-1217。1926年にロシア革命を逃れて日本に渡ったフェドール モロゾフ氏が創業し、現在は孫、バレンタイン氏の代になっているそうです。銀座店で買ってきてくれました。

「ジンジャーナゲット」が珍しい。オーストラリア・クィーンズランド産の生姜の砂糖漬け「バデリムジンジャー」をダークチョコとオディールココアで包んだもの。レーズンのような食感ですが、ちょっと苦くて複雑な風味。

それから定番の「オディール」も。リキュ-ルをねりこんだチョコとパウダーに苦みがあり、白鳥の湖の黒鳥にちなんでいます。

« ミシェル・ブラスのチョコケーキ | Main | A/Zブックカフェ »

スイーツ・食材など」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生姜チョコ:

» 日本のチョコレートの歴史、モロゾフ氏のコスモポリタン製菓 [『こころんのキッチン』のこころんの夫の美味しいBLOG]
 ロシア革命を逃れて神戸に移り住んだモロゾフ氏。そのモロゾフ氏のお店は今でも神戸三宮にコスモポリタン製菓として開いています。日本のチョコレートの歴史ともいえるお店です。  神戸には別にモロゾフというチョコレートの会社もあります。当初モロゾフという店の経....... [Read More]

« ミシェル・ブラスのチョコケーキ | Main | A/Zブックカフェ »