« スイーツフォレスト | Main | ミシェル・ブラスのチョコケーキ »

2004.02.12

自由が丘のお屋敷レストラン「ラ・ビュット・ボワゼ」

butte1.jpg

バレンタインということで、贅沢してフレンチのお屋敷レストランに行きました。「ラ・ビュット・ボワゼ」。世田谷区奥沢6-19-6。3705-3355。

店名は丘の上の家という意味。自由が丘から徒歩8分、八幡小学校のそばの住宅地にあります。敷地160坪、築50年を超える日本家屋を改造した、居心地のいいダイニング。ライトアップした庭を眺めながらディナーをもらいました。ぎしぎしいう床にイタリア風の家具。床の間には大きな生花。

butte3.jpg

サンフォニーメニュー12000円。魚介のスープやミートシューなど八寸のようなアミューズのあと、オードブルが2品。まずホワイトアスパラにイベリア豚の生ハム、くるみのソース。温かくておいしい。
二皿目が赤座海老。一見パイ包みのようですが、湯葉とジャガイモのかつらむきで巻いてあります。ソースは割合あっさりめ。
ワインはローヌ地方のコート・ロティ97年をもらいました。シラーです。動物風ということでしたが、しつこくなく、香りが豊かに感じました。パンは自家製で岩のりとローズマリー。

butte5.jpg

かさごはカマの唐揚げとセットでちょっと和風。お皿がしゃれてます。
口直しは切り子のグラスで、珍しい樅の木リキュールのシャーベットを水割りで。檜風呂の味ですね。おいしい。

butte7.jpg

お肉は旦那様が柔らかいフィレ。私は狩猟ものの猪をもらいました。ちょっと固かったかな。付け合わせは有機野菜たっぷり。グリーンサラダに猪の睾丸がのってきて、かなりびっくり! 味はあんまりしなかったかな。はは。
家族連れでテーブルはいっぱい。誕生日の人の席にオルゴールと蝋燭を運んでいましたね。

butte9.jpg

デザートも秀逸!チョコケーキをドーム型のソースで覆い、火をつけたお酒をかけて溶かす。お皿が二重になっていて、下に発泡ジュースが入りポンポンと上品な音が響く趣向です。かなり濃厚で、お腹一杯で全部食べられなかったのが非常に残念…
最後に旦那様はコーヒー。私は自家製のハーブティーをもらいました。レモングラス主体のハーブたっぷり、爽やかな味。おかわりもOK。食べきれないお茶菓子はお願いしなくても包んでくれました。
テーブルにあらかじめ名前を入れたカードを置くなど、温かいもてなしです。気さくなギャルソンの人はゴーイング・アンダー・グラウンドのボーカル氏似。女性も美人で感じがよい。タクシーを呼んでもらい、最後に森重正浩シェフがお見送り。2階には6~12人の個室もあるそうです。
雰囲気、工夫満載の料理を考えれば、わざわざ足を運んでも後悔ないこと請け合いですね!

« スイーツフォレスト | Main | ミシェル・ブラスのチョコケーキ »

下北沢・自由が丘」カテゴリの記事

Comments

自由が丘に住んでいますが、よくここのお店の場所をきかれます。
隠れ家的というか隠れ家ですものね。
http://www.jiyugaoka.com/S19237.html

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自由が丘のお屋敷レストラン「ラ・ビュット・ボワゼ」:

» BonAniversaire!@Labutteboisee(奥沢) [日々是旨美味]
本日はワタクシの3○回目のお誕生日。「お祝いして〜してぇ〜」とおねだりして、ディナーにおでかけしました♪記念日レストランなら絶対Labutteboisee!自由が丘駅から歩くこと10分程。奥沢の住宅街、日本家屋の一軒家を改装したレストランです。何を隠そう、くまひろ...... [Read More]

« スイーツフォレスト | Main | ミシェル・ブラスのチョコケーキ »