« 参鶏湯は「松の実」 | Main | 噂のハバネロ »

2003.12.31

「吉田屋」で椎茸を

5月のレビューです。荻窪の焼鶏「吉田屋」。荻窪5-20-7。5397-3368。
荻窪南口の商店街徒歩3分、生協のそばのビル二階という、ちょっと地味な立地。かつて友人のお薦めで立ち寄ったのですが、これが侮れません。
テーブル3つほどの小さな店で、カウンターには一人客も目立つアットホームな雰囲気。こぎれいな店内と、ジャズのBGMがちょっとしゃれています。日本酒は東京奥多摩の地酒、「澤乃井」オンリーで、吟醸その他、豊富に取りそろえています。小澤酒造0428-78-8215。これを片口でつぎながら飲むのが、まずご機嫌。料理は鶏わさから始めて定番の焼鶏、しそ巻など。ポイントは青梅の椎茸です。ふっくら肉厚のものを焼いてもらいます。おいしい! 入荷は天候などによるらしいので、食べたい人は予約しておきましょう。
長時間いると、少し換気の悪さが気になりますが、難点はそれくらい。友達、先輩とじっくり語り合いたい店です。

« 参鶏湯は「松の実」 | Main | 噂のハバネロ »

荻窪・吉祥寺」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「吉田屋」で椎茸を:

« 参鶏湯は「松の実」 | Main | 噂のハバネロ »