2019.07.14

あらいかわ

麻布十番の懐石あらいかわで、誕生日ディナー第二弾。港区麻布十番1-5-7第一長門ビル1F。6804-1445。大通りに面しているけど目立たない入り口で、店内は清潔なカウンターだけ。店名は珍しいご主人のお名前で、この日はひとりで切り盛りしてました。
おまかせのコースは、スタートが珍しく油もので、サクッとした天ぷらを塩で。海老天ぷら、帆立天ぷらとからすみ、ヤングコーン。素材の甘さが際立つ。
続いて小鉢は鰊、水菜のおひたし、ジュンサイ、姫サザエ、茶豆。お刺身は商業捕鯨再開でクジラの尾の身とイカ。目の前で作ってくれる鱧しゃぶは、絶品の出汁(カツオとシジミ)&酢味噌で。後から加えるオクラ千切りが、シャキシャキと秀逸で目からうろこ。香ばしい金目鯛は、天盛りした焼きナスの夏の香りが素晴らしい。さらに煮穴子の焼き物。一口蕎麦は炒ったそばの実をあしらって。柔らかい鮑はイチジクと。さらに少し洋風の牛すじの芋だんごで、もう満腹。
作家ものの器もすべて素敵で、特に陶器のお碗は技術の粋という感じ。〆はコーンとオクラの混ぜご飯。季節感とアイデアが満載です。デザートは抹茶のババロア。これでもオープン当初よりは品数を絞ったそうです。ビールに日本酒を1合ずつ4酒頂いて、ひとり2万円と贅沢だけど、このクオリティなら納得。
2018年2月オープンで、関西なまりの気さくなご主人は幸村出身だそうです。ご馳走様でした!

20190713-003 20190713-005 20190713-007 20190713-010 20190713-012 20190713-014 20190713-016 20190713-017 20190713-021 20190713-022 20190713-024 20190713-025 20190713-028 20190713-029 20190713-034 20190713-033 20190713-036 20190713-038 20190713-042 20190713-043 20190713-044

 

 

2019.05.06

ビストロオザミ

歌舞伎帰りにビストロオザミでディナー。中央区銀座6-10GINZA SIX6F。3289-4120。連休最終日で意外と空いていた。温かい雰囲気と接客が心地いい。
17時に入店したので、いつもは平日用のハッピーアワーでグラスのシャンパン800円、ワインは500円。料理はプリフィクスコース4800円で、アミューズの後、前菜はオマール海老のコンポジション(カリフラワーのムースとオマールのジュレ)、スコットランド産サーモンとフランス産アスパラのテリーヌ、2皿目はごぼうのスープ、鱸のグリル(ハーフサイズ)、メーンは濃厚な牛ホホ・スネの赤ワイン煮、ランド産ホロホロ鳥のロースト+モリーユ(編笠茸)ソース、そしてデザートは人気のとろとろプリン、シャーベットをチョイス。コーヒーも頂いてひとり8500円。良心的でした!

2019.03.31

オイスターソース

新宿駅のショップで購入した「気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース」(石渡商店)。3,4月の牡蠣のまるごとエキスだそうで、優しい風味。いろんな料理に使えそう。瓶とラベルも洒落てます。

20190321-021

2019.03.17

1-1&ザ ルーフトップ

横浜での観劇帰りにビストロ1-1&ザ ルーフトップ (イチノイチ&The Rooftop)に飛び込んでディナー。 横浜市中区 海岸通 1-1 海岸通壱番館 3F 。050-5596-0278。
象の鼻パークの築86年のビルの階段を上がっていき、意外な両開きドアを入って、港をみおろす席で。レトロ感と徐々に暮れゆく景色が素晴らしい。アナログレコードのBGMもお洒落。
とびこののったポテトサラダ、タコ入りシーザーサラダ、シャルキュトリ、穴子とスティックブロッコリーのフリット、グリル持ち合わせなど大充実。パスタや中華メニューもあったりして面白い。
「楠亭」料理長の寺島雄三さんが監修しているそうです。後から通っているゴスペルグループのスタッフの旦那さんがシェフとわかってびっくり。また来たい、いいお店です。

 

20190317-008 20190317-011 20190317-012 20190317-016 20190317-017 20190317-018 20190317-021 20190317-024 20190317-026 20190317-031 20190317-035 20190317-036

2019.03.16

St.PATRICK’S DAY

代々木公園の「アイ・ラブ・アイルランド・フェスティバル」に行ってみた。色鮮やかなグリーンビールに、フィッシュ&チップス。賑やかで楽しい。

20190316-031 20190316-008 20190316-023 20190316-038

2019.03.10

ケーニヒスクローネ

ホワイトデーのお取り寄せで、神戸「ケーニヒスクローネ」のアルテナ(チョコケーキ)やマドレーヌの詰め合わせを頂く。四角の赤い缶が可愛い。さらに京都「ジュヴァンセル」の竹の皮に包んだケーキ「竹取物語」も。

20190309_027_2

20190309_029

20190309_035

20190309_031

2019.02.24

久々にイル・ファーロ

改築引っ越し打ち上げで、久々に井荻のイタリアン、イル・ファーロへ。地元の夫婦連れが多くて居心地がいい。メニューは割と普通になったけど、はちみつをかけるチーズのピザやズコットなど、安定の味です。
Dsc_0598 Dsc_0601 Dsc_0605 Dsc_0609

2019.02.22

トリプルワン

同僚の送別ランチでトリプルワン。千代田区大手町1-1-1大手町パークビルのホテル、アスコット丸の内東京22Fにあるシンガポール料理だ。050-5593ー6227。皇居に近いエレベーターからあがる。ラグジュアリーな雰囲気で気持ちがいい。
ランチセットがお得。週替わりの1品を含む7種のメーン料理から1品を注文し、あとはブッフェカウンターでスープ、サラダ、ドリンク、デザートをとるスタイル。ただし一人1杯ずつです! メーンの定番チキンライスはスチームとフライ、ハーフ&ハーフの3種があり、ほかにラクサ(ココナツミルク入りスパイシーヌードル)、ホッケンミー(海鮮塩焼きそば)、カレーといった感じ。
夜の軽めのパーティーメニューは5000円程度、コースは6000円から。少人数の会食向きか。

2019.02.14

バレンタイン2019

2019年のバレンタインは、ダイヤモンドのデザインが特徴的なデルレイの銀座ショコラトリーで、バレンタインセレクション5個入り。2700円。アントワープのショコラティエで、創業70年だそうです。キャラメルガナッシュ入り「ピンクダイヤモンド」、ホワイトチョコ入り「レッドダイヤモンド」、パイナップル風味ガナッシュの「ピンクハートミルク」、パッションフルーツ風味ガナッシュの「レッドハートダーク」、そしてプラリネとフィユティーヌがさくさくした「スクエアゴールドプラリネ」。ひと粒ずつが複雑な味です。
追加で、荻窪散策で仕入れた久遠チョコレートのテリーヌ6枚ボックスも。1380円。好きな種類を1枚ずつ選び、バレンタイン仕様のボックスに入れてもらった。ほうじ茶・黒豆、アップルティ、ゆず・レーズン、ベリーベリー、ミルク(道明寺ぶぶあられ)、アール(スイート、さくさくの道明寺粉)。変化が面白い。

20190214_001

20190214_003

20190214_005

2019.02.12

叶え神楽坂店

ご馳走や叶え神楽坂店で、旦那さまの知人の社長就任祝い。新宿区神楽坂3-6-19青柳LKビルB1。6256-0480。飯田橋から徒歩7,8分、坂の途中の見番横丁入り口にある気楽な居酒屋です。個室で。
海鮮寄せ鍋コースは
能登の地酒10種飲み放題付で6000円。穴水産の能登牡蠣、能登島高農園直送の野菜サラダ、鮮魚三点盛り、焼魚、あん肝。寄せ鍋はうどんで〆。ちょっと騒がしいかな。

«はちみつドリンク