翔んで埼玉

2019年の話題作を録画で。1982-83年の魔夜峰央の原作を、「のだめ」「テルマエ・ロマエ」の武内英樹が実写化。
古臭くバカバカしい埼玉ネタを、全力で作ったところが凄い。埼玉対千葉の大仰な関ヶ原シーン(出身著名人合戦)など、爆笑。
主演は二階堂ふみ、GACKT。伊勢谷友介、京本政樹、麿赤兒らが楽しそうに怪演し、サブストーリーの現代パートも麻生久美子、島崎遥香、成田凌と豪華です。

| | コメント (0)

七つの会議

池井戸潤の日経電子版での連載を、おなじみ福澤克雄が映画化。謎解きはしっかりしてるし、豪華キャストなんだけど、主役・八角が野村萬斎で、いくらクセモノの設定とはいえ、とても一般人には見えず残念。サラリーマンの戦場=会議、不作為の罪、といったテーマも、わかりにくかったかな。機内で。
中堅電機メーカーで、何故か生き残っているグウタラ社員をめぐる騒動から、ネジをめぐる不祥事が浮かび上がっていく。裏のある部長の香川照之がさすがに上手く、開き直ってドーナツ販売を始める朝倉あきがカワイイ。できる男から一転して弱気になっちゃう片岡愛之助、平凡だけど芯がある及川光博もよかった。

| | コメント (0)

キングダム

人気漫画の実写映画化を機内で。バトルシーンが売り物で、ゲームっぽいものの、どでかい中国の統一という野望を本気で目指す若者たちのスケール感が心地いい。「GANTZ」とかの佐藤信介監督。
時は乱世の中国春秋時代。大将軍を夢見る下僕の信(山﨑賢人)が、後に始皇帝となる嬴政(えいせい、吉沢亮がクールに)に仕え、王位奪還のため戦う。
山崎の直情ぶりはいかにも漫画なんだけど、持ち前の爽やかな目ヂカラでひきつけちゃう。アクションも格好いい。山民族王・楊端和の長澤まさみが痛快で、秦の6大将軍の1人、王騎の大沢たかおがなかなかの怪演だ。敵役の弟・成蟜(せいきょう)は曲者・本郷奏多、壮絶なバトルを演じる左慈には坂口拓。

| | コメント (0)