ショーシャンクの空に

フランク・ダラボン監督・脚本。ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン。録画で。

いわずとしれた映画市場に燦然と輝く無冠の傑作。スティーブン・キングの中編を原作とする、脱獄もので、冤罪で投獄された銀行マンの、プライドと希望の物語。

誉めだしたらきりがないんだけれど、まず聖人君子ではない人物造形が見事。月並みながら、アンディがすさんだ刑務所に、モーツアルト「フィガロの結婚」から「手紙の二重唱」を流すシーンは鳥肌ものでした。あえて爽やかなラストシーンにした点も、いい。これぞ映画、といいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)