女王陛下のお気に入り

ギリシャ出身ヨルゴス・ランティモス監督の、18世紀初頭の英国王室を舞台にした大奥もの。アン女王とその寵愛を競い合う女2人の、身もふたもない俗な愛憎劇なんだけど、絢爛豪華な映像美と、緩急自在、鮮烈なタッチで、観るものを引き込む。録画で。

肥満の女王、オリヴィア・コールマンが圧巻の存在感で、アカデミー賞の主演女優賞を獲得。目を背けたくなるような愚鈍さのなかに、どうしようもない孤独と後悔を切々と。
とはいえ女3人のトリプル主演の趣もあり、アビゲイルのエマ・ストーンがまた凄まじい。落ちぶれた元貴族の娘で、宮殿に呼ばれた当初ははおどおどとし、賢くて誠実なんだけど、どんどん変貌。体を張ってアンに取り入ると、ライバルのアン側近サラに毒を盛り、好きでもない貴族と結婚し、ついにはアンをないがしろにし始めちゃう。ようやく登りつめて、音楽にうっとりするシーンの高貴さがたまらない。
対するサラのレイチェル・ワイズは、終始格好よく映画を引っ張る。男装で早駆けしたり、銃を練習したり。頭が切れ、アンを操って並み居る議員を向こうに回し、対仏戦遂行と苛烈な増税を主張する。アビゲイルの奸計で失脚後、アンに詫びようと手紙をしたためるものの、プライドがまさって反故の山となるさまの切ないことよ。人の内面はかくも複雑。

ほとんどのシーンは、現存するソールズベリー伯邸ハットフィールド・ハウスで撮影。なんとエリザベス1世が育った館で、映画ロケ地として有名らしい。長廊下など重厚過ぎる内装、凝った調度と衣装の数々に目を奪われる。なんだか本物感満載。産業革命前とあって夜の暗さも印象的で、若い貴族の男どもの軽薄さが際立ちます。まだ王に権力があって、貴族たちが宮廷内で議会らしき討論をするものの、最後はツルの一声、というあたりも面白い。

| | | コメント (0)

劇場

又吉直樹の2017年の長編を、盤石の蓬莱竜太脚本、行定勲監督で映画化。主演の山崎賢人、松岡茉優の切なさが素晴らしい。
コロナで4月公開が延期となり、配給を松竹・アニプレックスから吉本興業に切り替えたうえで、7月に公開と同時にAmazonプライムビデオで世界同時配信に踏み切って話題となった。その配信で鑑賞してみた。

ストーリーはお馴染み下北沢が舞台。小劇場の劇団で戯曲を書く永田(山崎)と、服飾専門学校に通いながら女優を夢見る沙希ちゃん(松岡)の青春の恋と挫折。
山崎の面倒くさ過ぎる自意識、理屈っぽさと才能に対する強烈なコンプレックス、松岡の可愛さ、健気さは、まるっきり昭和の私小説。だけど役者2人の文句なしの色気、そしてラストの舞台につながる演出が見事だった。曽我部恵一のギターも染みます。
劇団仲間に顔立ちがはっきりしている寛一郎(佐藤浩市の息子さん)、何かと気にかける元劇団員でライターの青山にハスキーな伊藤沙莉。才能あふれる劇作家にKingGnuのボーカル、井口理がちょこっと登場し、劇場の観客でなぜかケラさん、吹越満らも(本人役)。

| | | コメント (0)

殺し屋

腕利きながら、年をとってボロボロの殺し屋アッシャーが、愛する人のために闘う。
ストーリーはベタなんだけど、乾いた絵づくり、NYの街並み、無口だけどニヤリとさせるセリフが格好いい。ハードボイルドは字幕が楽って言うけど、これはこれで難しいよね。マイケル・ケイトン・ジョーンズ監督。DVDで。
主演のロン・パールマンがとにかくいかつくて、ヨタヨタしてて哀愁が漂う。恋人もごつめのファムケ・ヤンセンでバランスは悪くない。敵役に曲者リチャード・ドレイファス。
恋人がバレエ教師という設定で、BGMに美しいクラシックが挟まる。この落差は巧いなあ。

| | | コメント (0)

カメラを止めるな

予算300万円ながら、口コミで興収30億円となった話題作。確かに可愛らしい。上田慎一郎監督。録画で。
37分ワンカットのB級ホラーは正直苦手だったけど、後半メイキングに転じてからが巧い。家族愛と同時に、決して華やかでない仕事でも発揮される、現場の底力ににんまり。考えたなー。
監督役は濱津隆之が飄々と。その娘、真魚の生意気な感じが、なかなかの存在感でよかった。監督の妻であり理解者、そして暴走気味の女優しゅはまはるみを、ずっと板谷由夏だと思ってました。面目ない…

| | | コメント (0)

ミックス。

ドラマ「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」の手練れ、古沢良太が脚本を手掛けた卓球コメディ。監督も「リーガル・ハイ」の石川淳一。録画で。
地方都市の卓球クラブとか、大会でのヒエラルキーとかはよくわからないけど、さして格好良くないことに情熱を傾け、つながりが生まれる、というシチュエーションはコメディの王道かも。
新垣結衣が文句なく可愛いし、落ちぶれた元ボクサーの瑛太もいい味だ。元ヤンの広末涼子の切なさがさすが。なんと蒼井優が凄腕の中華料理店のおかみ、吉田鋼太郎が警察官役で怪演。豪華キャストです。

| | | コメント (0)

太陽の塔 TOWER OF THE SUN

縄文展から岡本太郎記念館の流れで、長編ドキュメンタリーを鑑賞。パルコの曽根祥子がプロデューサーを務め、公募で選ばれた監督は、映像クリエイターで1976年生まれの関根光才。
48年ぶりに塔内展示「生命の樹」が一般公開されたタイミングでのロードショーだが、制作秘話や作品解説ではない。研究者やアーティスト29人へのインタビューを構成し、監督自身が今、あまりに有名な巨大建造物に何を思うか、を語っていて興味深い。シネクイントのサービスデーで1100円。
全編を引っ張るのはやはり、塔が放つ強烈な異物感だ。1970年、「人類の進歩と調和」をテーマに6400万人を動員した国家的イベント、大阪万博にあって、岡本太郎がぶつけたメッセージはなんと「人類は進歩なんかしない」だったのだ。
パリから戻った岡本が目指した日本オリジンへの回帰、縄文土器や花巻の鹿踊り、アイヌ、沖縄を俯瞰し、塔と同時期に制作された壁画「明日の神話」を読み解く。その科学不信は、311を経験した現代日本だからこそ深い。さらには塔内部が描く壮大な生命史に、曼荼羅やチベット仏教との共鳴を見る。
登場するのは民俗学の赤坂憲雄、文芸批評の安藤礼二、人類学の中沢新一、ダンサーの菅原小春ら。いやー、やっぱりタダモノではないなあ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

13デイズ

1962年キューバ危機を、なんとか核戦争を回避しようとするケネディの特別補佐官ケネス・オドネル(ケビン・コスナー)の視点で描く。「カクテル」のロジャー・ドナルドソン監督。録画で。

キューバ関連だし、朝鮮半島情勢の連想もあって鑑賞。家族を愛するヒーローのケビン・コスナーVS開戦を主張する軍幹部という構図が中心だ。肝心の、いかにして開戦を回避したか、はソ連の内幕を描かないとわかりにくいかな。
盛り上がるのは、ちょっと馬鹿にされてた国連大使アドレー・ユーイング・スティーブンソンが、大演説で国際社会を味方につけるところ。こういうソフトパワーは、アメリカ民主党系の理想なのかもしれない、なんて思っちゃう。ケネディが結局はオドネルよりも、実弟で司法長官のロバートのほうに、精神的に頼る感じがちょっと寂しい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

プラダを着た悪魔

ヴォーグのカリスマ編集長、ミランダ(アナ・ウィンターがモデルとか)のもと、ジャーナリスト志望でアシスタントとなったアンドレアが奮闘するヒット作。華やかなファッションはもちろん、結局は互いに認め合う展開が痛快だ。メリル・ストリープとアン・ハサウェイの演技対決もみもの。デビッド・フランケル監督。録画で。
田舎者のアンドレアがどんどんお洒落になるのが、まず映画らしくて愉快。ミランダは相当横暴だけれど、ファッションビジネスに影響を与える実力をもち、一方で家族と軋轢を抱えている人間らしさがあって、複雑な造形だ。アンドレアが人気作家と知り合って活躍するあたりは荒唐無稽ながら、ミランダと決別する芯の強さに、意外な説得力がある。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしきかな、人生 コラテラル・ビューティー

過酷な運命を受け入れ、生きていくことを描いた大人のファンタジー。ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット主演、「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル監督。機内で。

ニューヨークのやり手広告マン(スミスが意外に渋い演技)は、幼い娘の死に直面して生活が一変、深刻な無気力に陥ってしまう。同僚のエドワード・ノートン(知的で屈折した造形がはまってる)、ウィンスレット、マイケル・ペーニャは、事務所を守るため辛い決断をして、探偵と小劇団の俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレンら)に依頼し、ひと芝居うつが…

セントラルパークやブルックリンを背景に、静かながら意外性のある、なかなか凝ったドラマに仕上がっている。芝居を仕組んだはずの同僚たちも、それぞれ俳優に影響されて人生を変える一歩を踏み出すし、スミスが救いを求めるグループカウンセリングの主催者(ナオミ・ハリス)が誰だったのかを知って驚く。そして大詰め、俳優たちの正体にまたびっくり。

原題は「幸せのおまけ」の意味で、時に理不尽な悲劇は避けられないけれど、その後に遭遇するささやかな幸せを見逃さないで、という俳優の言葉からきている。苦くて現実的な、大人の人生訓。スミスがずっと熱中しているドミノの、壮麗なのに、あっさりと崩壊しちゃう姿が象徴的で巧い。崩れても生きている限り、また築くしかないのだ。
邦題が共通する1944年フランク・キャプラ映画とは、原題が違うから無関係なんだろうけど、イブの設定とか、ちょっと通じる要素があるのかな。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイルド44

原作は英トム・ロブ・スミスの2009年「このミス」海外1位作。…と期待して観たら、ミステリー要素は消化不良で肩透かし。むしろ50年代ソ連の問答無用の理不尽さ、重苦しさが強烈だ。

リドリー・スコットらが製作したハリウッド映画だけど、監督はスウェーデンのダニエル・エスピノーサ。ボロボロになる主人公レオは「マッドマックス」のトム・ハーディ、妻ライーサに「ミレニアム」のノオミ・ラパス、盟友になる田舎町の将軍は曲者ゲイリー・オールドマン。録画で。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧