オッペンハイマー

作品賞はじめ、アカデミー賞を席捲したクリストファー・ノーラン監督作。社会状況というより、原爆の父の内面をぐいぐい掘り下げていく。
全編を通じて不穏な「音」が怖い。特に戦勝祝賀会での、賞賛の足踏みの響きがオッペンハイマー(キリアン・マーフィーが熱演)の心をさいなみ始めるあたり、映画ならではの表現だ。
被爆国日本の運命、いまも続く軍拡競争(連鎖反応=チェーンリアクションがキーワード)を思えば、3時間、胸がざわつきっぱなしで、強烈だけど、決して気持ちの良い映画体験ではない。ユニバーサルの配給権を持つ東宝東和ではなく、ビターズ・エンド配給といういわく付きでもある。シネコンで。

ストーリーはロスアラモス初代所長として原爆開発に突き進む経緯と、1954年に赤狩りの嵐で研究生命を絶たれちゃうオッペンハイマー事件を行き来する(カラーがオッペンハイマー視点、モノクロがストローズ視点)。練り上げられた複雑な構成で、3時間、緊張が続いて効果的だ。
主題であるオッペンハイマーの造形は、根っこでは政治や軍に距離をおきたいピュアさを持つ。一方で、不倫の泥沼、尊大な態度など、他者につけこまれがちな弱さ、醜さも盛りだくさんで、その描写は容赦ない。特に若き日の英ケンブリッジ大での林檎のエピソード、独グッティンゲン大に転じてからの天才ハイゼンベルクとの遭遇は、原点としてのコンプレックスや焦りを印象づける。原爆開発の大国家プロジェクトを率いたとき、ユダヤ人だけにナチスを止める使命感があったのは確か。でも、それだけではなかったのではないか。
ロスアラモス建設の壮大さ(制作費1億ドル!)、人類初の核実験トリニティのシーンには高揚感があるものの、戦後、オッペンハイマーが水爆開発に反対してからは、トルーマン(ゲイリー・オールドマン)に「泣き虫」とばっさり切り捨てられ、野心満々の原子力委員長ストローズ(アイアンマン!のロバート・ダウニーJr)にぐいぐい追い詰められてと、観ていて息苦し過ぎ。

この息苦しさの本質は、オッペンハイマーのダメダメな造形や陰湿な人間関係ではなく、やはり人類史を変えてしまう学問というものの宿命なのだろう。繰り返される破滅の可能性は「ゼロではない」。でも誰かが知ってしまったら、もうなかったことにはできない。
オッペンハイマーは晩年、フェルミ賞を受賞するんだけど、その物理学者フェルミはフェルミパラドクス(宇宙人はなぜ人類に接触しないのか)を唱え、宇宙スケールで知性というものを考察していた。人類に、知を制御する知恵はないのか? 量子物理学を受け入れず、時代遅れともくされた偉人アインシュタイン(トム・コンティが飄々と、「神はサイコロを振らない」ですね)がその苦悩、悔恨を理解し、オッペンハイマーと共有していた、という仕掛けだけが救い。あの重要シーンが、ちょっとひんやりした屋外なのは、好みだな~

ちなみに女性たちの造形も華どころか、とにかく暗くて、妻キティのエミリー・ブラントは、アル中になったりして存在感たっぷり。不倫相手ジーンのフローレンス・ピューにいたっては圧力が強烈。将校グローブスのマット・デイモン(おっちゃんになったな)、恩師ニールス・ボーアのケネス・ブラナーだけはどんな映画でも、いいもんなのがお約束。あと、商務長官就任の公聴会で、ストローズの陰謀をばらしちゃうフェルミの助手・ヒル博士のラミ・マレック(あのフレディですね)も痛快だった。最後に一度も登場しないケネディが美味しいところをもっていくのは、ハリウッドらしいなあ。

| | | コメント (0)

BLUE GIANT

評判を聞き、石塚真一作・人気漫画のアニメ化を劇場で。ジャズの知識は皆無なんだけど、上原ひろみの音楽とピアノはさすが本物の疾走感。ほかにサックスはバークリー出身・馬場智章、ドラムはKing Gnuの前身に在籍したという石若駿。
盛り上がる演奏シーンは先に音を録って、後から絵をつけたとか。サックス奏者の息切れとか面白いけど、新海誠を観ちゃっているせいか、動きがちゃちいのは否めない。監督 は「名探偵コナン」などの立川譲、脚本は担当編集者の別名だというNUMBER 8。そもそも漫画で『ジャズを聴く」ってどんな感じなのかなあ。

知人が全編泣きっぱなしだったというストーリーは、仙台の高校生・宮本大がジャズサックス奏者を目指す成長譚。上京し、メンバーと出会ってバンド結成、最高峰ライブハウス「So Blue」への出演を果たす。クライマックス、入院中だったピアノ沢辺雪祈も加わってのアンコールは映画版オリジナルだとか。そのへんはベタなんだけど、ほかにこみいったエピソードが無く、ただまっすぐ理想を追いかける大の造形が、確かに魅力的だ。
声のキャストが贅沢で、大は山田裕貴、生意気な天才・雪祈は間宮祥太郎、人の良い努力家・ドラムの玉田俊二が岡山天音。

| | | コメント (0)

めぐりあう時間たち

METオペラのライブビューイング鑑賞を機に、原作映画をチェック。ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ、ジュリアン・ムーアの女優対決で、時間・場所が異なる女性3人のある一日を描く。行ったり来たり複雑なんだけど、静かな映像から、それぞれの何不自由ない日常に潜む抑圧が伝わってきて、実に文学的だ。
監督スティーブン・ダルトリーがロンドンの演劇人で、トニー賞、ローレンス・オリヴィエ賞を各2回受けていると知って納得。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」も良かったし。キッドマンは本作でアカデミー主演女優賞を獲得しているんですねえ。

原作はピュリッツアー賞を受けたマイケル・カニンガムの小説。1923年、ロンドン郊外のリッチモンドで療養中のヴァージニア(特殊メイクのキッドマン)は、才能と理解ある夫に恵まれているけれど、死のイメージにとりつかれていて、そんな内面を投影した「ダロウェイ夫人」の着想を得る。その「ダロウェイ夫人」を愛読する1951年ロサンゼルスのごく平凡な主婦ローラ(ムーア)は、親友キティへの思いに気づいて自殺しようと、ひとりホテルへ向かう。そして2001年ニューヨーク・マンハッタンの編集者クラリッサ(ストリープ)は50年代とは違い、自立して女性パートナーと暮らし、若いころ恋人だった小説家リチャード(エド・ハリス)の世話をやいている。しかしリチャードもゲイでエイズに侵されており、受賞パーティーを前に投身自殺。知らせを聞いて現れたのは、かつて夫や息子をおいて家を出た母ローラだった…

「花を買ってくる」というキーワードが、ウルフを起点につながっていく現代女性の心情を象徴。豊かさや家族という贅沢を自覚しているのに、才能や恋心を持て余していて、違和感、虚しさを覚えちゃう。親しい人の死に直面して、自らの身代わりのように感じ、なんとか生きていく。ウルフは結局、1941年に入水自殺しちゃうんだけど。「ある一日」から1カ所だけ外れるこのシーン、オフィーリアみたいで印象的です。1日の同時進行や響きあう感じは、物理的に見せるオペラ版のほうが明確だったかな。

| | | コメント (0)

蜂蜜と遠雷

映像表現が美しく、心洗われる音楽映画の佳作。不思議ちゃん風間塵を演じた鈴鹿央士がみずみずしい。国際コンクールで競い合うピアニストたちの群像、若者の葛藤と成長を描いた恩田陸の直木賞・本屋大賞ダブル受賞作を映画化。監督・脚本はドキュメンタリー出身の石川慶。

ライバルである松岡茉優、森崎ウィン、臼田あさ美、松坂桃李らが、ひととき息抜きする砂丘。ケンケンパがいつも間にかモーツァルトになっちゃうシーンの解放感が素晴らしい。世界のすべてが音楽に聴こえている、そんな天才っているんだろうなあ。ロケ地は南房総だそうです。終盤、降りしきる雨のなかから、表現したい気持ちがわき上がっていくところも素敵。

プロコフィエフ等々、映画化最大の難関だったろうピアノ表現は、メーンキャストそれぞれにピアニストを起用する豪華さだ。ドイツ在住の河村尚子(松岡)、福間洸太朗(臼田)、金子三勇士(森崎)、藤田真央(鈴鹿)といずれも日本を代表する若手だとか。課題曲「春と修羅」は、藤倉大が4人に異なるカデンツァ(即興的部分)も作曲!

クールな審査員長の斉藤由貴と、「わかってそう」なクロークの女性、片桐はいりがいい味だ。設定のモデルは3年に1度の浜松国際ピアノコンクールだそうです。

| | | コメント (0)

ミッドナイトスワン

草薙剛のトランスジェンダー役が絶賛され、日本アカデミー賞作品賞、主演男優賞などを得た話題作。ショーパブ群像の目を覆うばかりの侘しさ、底辺感と、対照的にバレエを踊る少女の美しい指先、圧倒的なみずみずしさが鮮烈だ。内田英治脚本・監督。録画で。

新宿三丁目で働く凪沙(草薙)は気が進まないまま、ネグレクトに遭った親戚の中学生・一果(服部樹咲)を預かる。当初はとげとげしているものの、徐々に互いの真情を理解。一果に群を抜くバレエの才能があると知り、凪沙はなんとかして応援したいと思うようになる…

主人公2人だけでなく、取り巻く女たちもみな生きるのが下手。オデットが象徴する深い哀しみが全編を覆って、息が詰まる。墜ちていくショーガール瑞貴(田中俊介)、酷い目に遭わされても一果が求め続ける母(水川あさみ)、息子の変わりように取り乱す田舎の母(根岸希衣)、裕福だけど世間体ばかりの親友の母(佐藤江梨子)。なかでも親友りん(上野鈴華)の運命は、その飛翔が美しいだけに衝撃だ。実年齢20歳なんですねえ。

問題はどれも根深すぎて、なんにも解決しない。それでも、殺伐とした街で凪沙と一果が肩寄せ合い、手作りハニージンジャーソテーを食べるシーンが、なんとも温かくて感動を呼ぶ。そして大詰め、成長した一果が凪沙を思わせるトレンチコートにハイヒールといういでたちでコンクールに臨む凜とした姿に、えもいわれぬ解放感がある。エンタメとして成立してます。
印象的なピアノは音楽の渋谷慶一郎。バレエ教師・真飛聖のたたずまいのモデルは、監修した千歳美香子だそうです。

| | | コメント (0)

ノマドランド

2021年アカデミー作品賞の話題作を録画で。キャンピングカーに住み、日雇い仕事で食いつなぐ高齢者という過酷な暮らしを、淡々とドキュメンタリータッチで描いていて、なんとも重い。
閉山で廃墟になった街、主人公が眺める砂漠が、経済と福祉システムのひずみを突きつける。いったい世界に冠たる豊かな先進国は、どこで間違ってしまったのか。同時に、声高に告発するだけではない、精神の自由というものの抜きがたい哀しさを示して、胸が詰まる。脚本・監督はクロエ・ジャオ。

2017年のノンフィクションの映画化権を買い、制作、主演を務めたフランシス・マクドーマンドの、表現者としての覚悟のほどが凄すぎです。コーエン兄の奥さんで、メリル・ストリープに並ぶ大物女優さんなんですねえ。この人のドラマ「オリーブ・キタリッジ」も観てみたいかも。
ほとんどのキャストが実際の車上生活者というのも、リアルで見上げたもの。配給はサーチライト・ピクチャーズ。

| | | コメント (0)

TENETテネット

年末は自宅で映画三昧。「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督の、難解過ぎで話題だったSFを、録画で。はなから覚悟していたので案外、楽しめた。
派手なアクション、カーチェイスの一部に、時間を逆行する人や車や銃弾がまじるのが、内臓がふわっと浮くような違和感で実に面白い。いったいどうやって撮っているのやら。こういうことを発想して、実現してみせる才能というものが、まず凄い。

どうやら未来でエントロピー減少=時間逆行により大量虐殺ができる「アルゴリズム」が開発され、未来人と結託した在英ロシア人の武器商人(ケネス・ブラナーが貫禄)が現代で実行を画策、ということらしい。陰謀を阻止するための謎の組織TENETにスカウトされた、名無しのCIA工作員(ジョン・デヴィット・ワシントン、デンゼルの息子なんですね)と協力者ニール(ロバート・パティンソン)が大活躍する。
TENの回文であるタイトルが象徴するように、順行・逆行2つの時間軸(赤と青)による「挟撃」がテーマになっていて、同じシーンがまず順行、次に逆行の視点で繰り返され、頭がクラクラする。ほかにもキエフの巨大オペラハウスで、観客が全員失神しているとか、びっくりの絵が続々。

テンポが良く、情報も満載なので、演技を味わう暇がないけど、ストイックなワシントンに対し、人を食った感じのバディ・パティンソンが魅力的。そんな態度も実は謎解きになっていて、凝りまくりです。ブラナーに反発する妻キャット役のエリザベス・デビッキが、すらりとした肢体と勝ち気な表情で、目を奪う。オーストラリア出身で元バレエダンサーなんですねえ。

| | | コメント (0)

バンクシーを盗んだ男

展覧会の予習で、録画を視聴。覆面アーティスト・バンクシーが2007年、パレスチナ自治区の壁に描いた「ロバと兵士」をめぐる顛末を追う英伊合作ドキュメンタリー。たっぷり時間をかけ、世界各地で多角的に取材していて、考えさせらる秀作です。マルコ・プロセルピオ監督、ナレーションはイギー・ポップ。

壁画はメディアや観光客を呼び、イスラエルが建設した高さ8メートル、全長450メートルの分離壁の非情を、世界に訴える効果を生む。賞賛の声の一方で、現地文化への無理解から市民の反発も招く。そうこうするうち地元ビジネスマン(なんとギリシャ正教徒)はマッチョな運転手ワリドらを雇い、壁をガシガシ切り取って売却。オークションをへて、重さ4トンの「コンクリートの塊」は行方不明になっちゃう。
殺伐としたベツレヘムの光景、そこで暮す人々の肉声が重い。有名な「花束を投げる男」を、手でコシコシしてはがしかけちゃうシーンとか。芸術家はどこまで現実を理解しているのか、アートは世界情勢に対して、どんな意味を持つのか?

そんな世界各地の「落書き」の現場から遠く離れて、自宅をアートでいっぱいにしているコレクターや、数千万単位の高値で取引する華やかなオークション、ギャラリーのセレブ感がなんとも皮肉。
ゲリラ的で、ときに反権力の痛烈なメッセージを放つストリートアート。いったい誰のものなのか、描いた現場で保護されるべきか。そもそも物質価値が不確かな対象に、巨額のマネーが動くアートビジネスってどうなのよ?
答えはでないんだけど、丁寧なつくりは刺激的だ。途中で挟まるアラブのラップが、なんか新鮮~

| | | コメント (0)

竜とそばかすの姫

知人が声優で出演したアニメ「竜とそばかすの姫」を鑑賞。押田守監督。突っ込みどころはあるけど、傷ついた少女が自らを解放するドラマにジンとした。シネコンで。
高知の田舎町に住むすず(中村佳穂)は、幼いときに母を亡くし引っ込み思案になっていたが、世界50億人が参加する仮想空間Uで歌姫ベルに変身、大人気を博す。Uの暴れ者・竜(佐藤健)と心を通わすが、彼は心ない「正体探し」に追い詰められていき…

静かにすずを見守る人々の、語りすぎない距離感がいい。豪華キャストの父・役所広司なんかほとんど台詞無いし、数学オタクのチャーミングな親友ヒロちゃんの幾多りら(YOASOBI)も歌わない。しのぶくん成田凌に不思議な色気があり、カヌー部カミシンの染谷将太と吹奏楽部の人気者・ルカちゃんの玉城ティナが微笑ましい。合唱隊は森山良子、清水ミチコ、坂本冬美、岩崎良美、声が深い中尾幸世。

川や雨、雲のイメージが象徴的に使われるものの、映像は異なる作風のパッチワークで、ちょっと戸惑う。旬の才能の高度分業が、アニメの最先端なのかなあ。
現実世界は青山浩行・作画監督で新海誠ばりのリアルさ。一方、Uは作画監督が山下高明、プロダクションデザインが建築家エリック・ウォンで壮大なSF。そしてベルのキャラクターデザインはディズニーのジン・キムで、お城とかもまるっきり「美女と野獣」。うーむ。曲のクリエーターも複数起用していて、歌声ワンフレーズの公募企画まで。ちなみにメーンテーマは旬の常田大希。

ネット世論の暴力はありがちだけど、遠隔地にも伝わる真心というポジティブな面も描く。ネットはもう無かったことにはならないからね。
面白いだけに、クライマックスの虐待への対処に、違和感がぬぐえないのは残念。ここを丁寧にすると、流れが止まっちゃうということか。もったいないかな。カンヌのオフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」部門でワールドプレミア上映されたそうです。

| | | コメント (0)

グリーンブック

2019年アカデミー作品賞を獲得したコメディ。黒人の天才ジャズピアニスト、ドクター・ドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)と、ブロンクス育ちのイタリア系用心棒トニー・ヴァレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)の心の交流が温かい。手練のピーター・ファレリー監督。録画で。

1962年ジム・クロウ法下のアメリカで、黒人ミュージシャンがあえて、2カ月の南部ツアーに出る。腕っぷしを見込まれ、運転手に雇われたのがトニー。取り澄ましたインテリのドン(なにせ自宅はカーネギーホール階上の高級アパート、イタリア語も堪能)と、喧嘩上等ほぼチンピラのトニーという水と油のぶつかり合いが、まず可笑しい。
ひ弱ながら誇りを失わず、人種とゲイ差別を耐えるドンの凛とした姿。ケネディ家ともお友達です。対するトニーは貧しい育ちで大食いで粗野だけど、強烈な反骨精神の持ち主。いよいよってとき、ためらいなく威嚇射撃しちゃうシーンが格好いい。
フライドチキンやら、旅先から妻にあてる手紙やら、アップライトピアノに置いたウィスキーグラスやら、二人が違いを乗り越え理解し合っていくプロセスの、小道具が洒落てます。もちろん全編を彩る音楽も。ショパンからご機嫌ビーバップやソウル、エピソードとして語られるナット・キング・コールまで。音楽はクリス・バウワーズ。

黒人を取り巻く苦境は、50年たっても決して払拭されていない。「悪い警官」ばかりではない、というあたり、甘い!って憤る人も多いだろうけど、エンタメとして救いがあっていい。人生は複雑。でも人は決して孤独じゃない。クリスマスはみんなで祝うものなんだ。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧