新聞記者

日本アカデミー賞最優秀作品賞を録画で。モリカケ事件など、ともすれば戯画的になりそうな安倍政権時の疑惑を素材にしつつ、抑えたタッチで上手なエンタメになっている。メディアは決して裁く者ではないけれども、関心を喚起するという重要な役割をもっている、と思わせる。
原案は官房長官記者会見の質問などで知られる望月衣塑子、脚本は2020年の翻訳劇「All My Sons」が良かった詩森ろばら、監督は藤井道人。

記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は大学設立を巡る告発ファクスを調査。告発者と目される外務省出身の官僚(高橋和也)は自殺してしまうが、その部下だった内調官僚(松坂桃李)から情報提供を受け、政府の思惑をスクープする…
政治的なしがらみがないという理由でキャスティングされた、という主演の韓国女優、シムが絶妙の表情で意思の強さを表現。父の誤報と死を引き合いに圧力をかける電話に対し、「わざわざ有難うございました」と答えるシーンが胸に迫る。外国育ちという設定でたどたどしい日本語が、もどかしさや人間らしい混乱を漂わせていい。
悩む松坂、その妻の明るい本田翼、後悔を抱える高橋の妻・西田尚美に雰囲気があり、吉岡の冷静な上司・北村有起哉や同僚の岡山天音もいい味。そして一貫して強大な敵として立ちはだかる、内調ボスの田中哲司が安定。
揺れるカメラアングルとか、黙々とPCに向かって情報操作にいそしむ内調が、終始怪しい青い照明なのは、若干鼻につくかな。ちなみに鍵になるDugway sheep incidentは1968年、ユタ州で起きた事件だそうです。

| | | コメント (0)

鬼滅の刃 無限列車編

ついに観ました「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」。興行収入300億突破で日本歴代1位となった大ヒットを、アニメの再放送で予習して。原作吾峠呼世晴、プロデューサー高橋祐馬ら、ufotable(ユーフォーテーブル)脚本、外崎春雄監督。

うなされそうな鬼の造形の恐ろしさとか、人食いの残虐シーンとかは、アニメでだいぶ免疫ができていて、緻密すぎる絵の美しさ、炭治郎の無私の優しさが際立つ。
アニメで感心した「生まれながらの鬼はおらず、死に瀕して贖罪の思いを抱く」という、王道ジャンプを超える「救済」の要素は健在。加えて、煉獄さんの母から受け継いだ壮絶な使命感、後進に希望を託して笑いながら力尽きる姿に、前評判通り、思わず涙。不死身でないからこそのヒーロー。
畳み掛ける「全集中」の迫力と、キャラの過去に迫る静かな回想シーンとの、緩急のリズムが感情を揺さぶるのは、音響がいい劇場ならではですね。日輪の耳飾りがヒラヒラするとか、細部の動きも目を引く。

鬼の仕掛ける罠が、「夢の世界への逃避」という設定は、人間心理の闇を突きつけて、相変わらず深いなあ。そして炭治郎の無意識領域の、ウニ塩湖並みに広々と曇りない風景、ラスト煉獄さんを失ったときの大粒の涙が、胸に染みる。
ストーリーとしては完結したコミックス23巻中、8巻の途中までしか描いておらず、伏線だらけ。まだまだ楽しめそうです…

| | | コメント (0)

天気の子

アニメ続きですが、新海誠監督・脚本のヒット作を録画で。
主役はとにかく、降って降って降り続ける雨だ。全編を通して、画面を埋める水の表現が素晴らしい。ツブツブの躍動とはかなさ、ドカ降りの暴力性、ひたひたと押し寄せ、覆い尽くす存在感。アジア感覚なのかなあ。
もちろん水を引き立てる、いつもながら精緻このうえない雑雑した風景、廃ビルだの室外機だのが涙モノです。

ストーリーは相変わらず、なんだか深い。大都会東京で、家族が欠落した少年少女が、周囲への気遣いよりも、力強く生き抜くことを選択する。
前半はコミカルな成長物語で、家出少年・穂高(醍醐虎汰朗)が須賀(小栗旬)と夏美(本田翼)の弱小編集プロに潜り込み、怪しいオカルト取材に走り回りながら、「晴れ女」陽菜(森七菜)とのバイトで恋を育む。ほのぼのしていて、モテモテの弟・凪(吉柳咲良)のキャラが秀逸。
しかし後半、警察に追われて始めてからはがらりと様相を変え、スケールの大きい疾走と、積乱雲を突き抜ける飛翔、エモーショナルなRADWINPSのメロディーにのみ込まれる。
ヘラヘラしていた須賀が思わず流す涙、そして何故か窓を開けて、オフィスを水浸しにしちゃうシーンに不意をつかれる。指輪とか、いろいろ背景を解釈できるんだろうけど、ここはもう「会いたい」という思いの切実さに感動。「大人になる」って、そういうことでありたい。

「君の名は。」のキャラ(神木隆之介、上白石萌音、成田凌ら)も登場。キーになる気象神社の架空の天井画は、山本二三だそうです。「ラピュタ」など美術監督の草分けで、「二三雲」というネーミングがあるとか。ははあ。

| | | コメント (0)

となりのトトロ

あまりに有名なジブリ作品を、テレビで初見。今更言うことじゃないけど、名作です。
脚本・監督の宮崎駿の、子供にしか見えない世界、そしてお馴染み飛翔感が素晴らしい。意外にでかいトトロの懐の深さ、雨だれの音楽性、そしてお母さんにトウモロコシを届けようとして道に迷うメイちゃん・4歳の、心細さに胸が締め付けられる。
昭和30年代の所沢あたりがモチーフだそうです。こんな時代があったんだなあ。お父さんの声が糸井重里なのも、なんだか発見。

| | | コメント (0)

スパイの妻

知人がプロデューサーを務め、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を獲得した話題作をシネコンで鑑賞。上質のサスペンスで映画らしい感興に富み、2時間近くを全く長く感じさせない。
何と言ってもヒロイン蒼井優の、振れ幅の大きい演技が素晴らしかった! 黒沢清監督、濱口竜介・野原位・黒沢脚本によるNHK8Kドラマの劇場版。

1940年、貿易会社を経営する優作(高橋一生)は、仕事で甥の文雄(坂東龍汰)と満州に渡り、謎の女(玄理)を連れて帰国する。疑心暗鬼の末に真意を知った妻の聡子(蒼井優)は、大きな決断をして…。大戦前夜の港町・神戸、六甲に立つ洋館のモダンな雰囲気と、クラシックなセリフ回しがまず端正だ。よくぞここまで作り込んだなあ。

これは聡子が「閉じ込められたところ」から出てくる物語だ。箱から、病院から、そして山の手の奥様という平穏で贅沢な暮らしから。それにつれ、顔つきがどんどん変わっていく。秘密のフィルムを見つめる目の恐怖、覚悟を決めてオープンカーで森を疾走するシーンの開放感。可愛いだけの人形だったのに、夫のためには犠牲をいとわない、険しく美しい女性へ。なんと鮮やかな変貌。
対する優作は三つ揃いを着こなし、視野が広くて文化を愛するコスモポリタン。底が知れず、人を食った感じを演じたらピカイチの高橋が、最高のはまり役だ。二人の二転三転する関係に的を絞ったストーリーだけに、蒼井・高橋コンビの演技力が光る。加えて、夫婦を追い詰める憲兵分隊長・津森の東出昌大が、平板なんだけど狂気をはらんでゾクゾクさせる。

映画(9.5ミリ「パテ・ベビー」とフィルム)がどんでん返しの重要な小道具になっているのが、とても洒落ている。実は「活動写真」や弁士の始まりは、神戸の鉄砲商なんだとか。素人映画にかぶさる「ショウボート」主題歌(脳天気なアメリカ!)や夫婦が観に行く「河内山宗俊」、そして金庫、アンティークなチェス盤から浜辺まで、随所に映画的感興があって楽しい。いやー、「お見事です」。

 

| | | コメント (0)

アルキメデスの大戦

「ドラゴン桜」の(といってもよく知らないけど)三田紀房のコミックを、ご存知「永遠の0」の山崎貴の監督・脚本で実写化。1933(昭和8)年の軍艦建造計画をめぐり、架空の若き数学者の活躍を描く…のだけど、プラモデルおたく渾身の戦艦大和再現映画という趣。

東京帝大を放校になった櫂(架空の人物、菅田将暉)を、航空母艦建造を主張する山本五十六(舘ひろし)が海軍にスカウト。対立する設計者・平山忠道(モデルは平賀譲、田中泯)の巨大戦艦案を潰すため、安過ぎる建造費の嘘を計算力で暴けと依頼する。
櫂はありがちな空気を読まない天才キャラ。目にするもの何でも巻尺で計測し、たちどころに方程式にしてしまう。プリンストン留学直前に、山本に巨大戦艦は過信につながり、開戦を招いてしまうと口説かれ、数学で日本を救おうと承諾する。部下(柄本佑)、恋人(浜辺美波)と驚異のスピードで戦艦設計を会得するあたりは格好いいものの、海軍に雇われたくせに、軍紀の壁とやらでコストのデータが入手できず、大阪の中堅造船社長(鶴瓶さん)に泣きつく。このへんが腰砕かな。ついに鉄鋼使用量から建造費を割り出す方程式を発見、移動中から会議の席まで計算し続けて、算出に成功。政治力で押し切られそうになるが間一髪、初めて目にした平山案の欠陥を鋭く指摘して見事、使命を果たす。

ここまでは痛快なんだけど、どんでん返しが待っている。山本の狙いは開戦阻止ではなく、開戦を免れないうえはパールハーバー空爆による短期決戦、そのための空母案だった、という種明かしの後、さらに、負けを認めた平山に壮絶な覚悟を聞かされて櫂は…という、まさかの展開。
ここで冒頭、1945年4月沖縄特攻作戦での戦艦大和の無残な撃沈シーンが生きてくる。大和が二千人以上を犠牲にした一方、米軍は機動的な航空機を駆使し、パラシュートで海面に浮かぶ兵士も救っちゃう。この違い、頭のいい人たちは何をしていたのか。苦いなあ。

| | | コメント (0)

コンフィデンスマンJPロマンス編

「リーガルハイ」などの古沢良太が脚本を手掛ける痛快コンゲームドラマの劇場版。「自分でも認めていない本心につけこむ」というドラマの深みはあまりなく、これでもかという伏線、惜しげない豪華な配役で、気持ちよくだまされる。格好いい香港ロケと、主要キャスト・ジェシーの三浦春馬の切ない表情を見るのはは、今やけっこうヘビーだけど…
お話は、お馴染みのダー子たち(長澤まさみ、東出昌大、小日向文世)がロマンス詐欺ジェシーと組んで、香港の女帝ラン・リウ(竹内結子)を騙し宝石を狙うものの、ジェシーはダー子を恨むギャング赤星(江口洋介)とグルで、宝石をかっさらわれる。と思ったら、ラン・リウがダー子と組んでいて、ジェシーに騙された仲間の鈴木さん(前田敦子)も加わり、最初っからまるごと仕掛けで、赤星からカネを巻き上げる、というわけ。
新キャストでジェシーの仲間のはずがダー子を慕っちゃうモナコ(織田梨沙)が可愛い。キンタ(岡田義徳)、ギンコ(桜井ユキ)やドラマ版で標的になった小池徹平、佐藤隆太、吉瀬美智子、石黒賢がちらっと登場。さらに偽造職人で小栗旬、エンドロールの最後の最後に香港プロモーター?で生瀬勝久が怪演と、仕掛け満載です。もう1回観たほうがいいかな。

| | | コメント (0)

この世界の片隅に

こうの史代の漫画を片渕須直の監督・脚本、MAPPA制作で、一部クラウドファンディングによりアニメ化。63館から500館近く、1100日以上のロングランヒットを記録し、2016年度キネ旬1位となった名作を、ようやく戦後75年の夏に録画で。泣いた~
広島に育ち、1944年に18歳で呉に嫁ぐすずの、おっとりして夢見がちな、しかし芯の強いキャラ造形が素晴らしい。声優ののんもぴったり。しっかり者の小姑にずけずけ言われながらも、受け入れられ、不自由な戦中をたくましく生き抜く。かなわない幼馴染との恋、不思議な縁の夫とのすれ違い、いたわりあい。
漂うたんぽぽの綿毛やトンボなどの細部、夢見がちなすずの想像力が羽ばたく海のうさぎ、恐ろしいはずの着色弾の色彩などが美しい。それだけに戦禍はむごく、不穏な世界情勢とあいまって胸が締め付けられる。
しかしその先にも庶民の日常はあり、孤児との触れ合いには涙涙。のんびりした運びのなかに語られないエピソードがしのばせてあったり、玉音放送の直後のすずの慟哭で植民地支配に触れていたりと、なかなか一筋縄でいかない作品のようです。
公共ホールなど国内450カ所、60以上の国・地域でも上映。音楽はコトリンゴ。

| | | コメント (0)

劇場

又吉直樹の2017年の長編を、盤石の蓬莱竜太脚本、行定勲監督で映画化。主演の山崎賢人、松岡茉優の切なさが素晴らしい。
コロナで4月公開が延期となり、配給を松竹・アニプレックスから吉本興業に切り替えたうえで、7月に公開と同時にAmazonプライムビデオで世界同時配信に踏み切って話題となった。その配信で鑑賞してみた。

ストーリーはお馴染み下北沢が舞台。小劇場の劇団で戯曲を書く永田(山崎)と、服飾専門学校に通いながら女優を夢見る沙希ちゃん(松岡)の青春の恋と挫折。
山崎の面倒くさ過ぎる自意識、理屈っぽさと才能に対する強烈なコンプレックス、松岡の可愛さ、健気さは、まるっきり昭和の私小説。だけど役者2人の文句なしの色気、そしてラストの舞台につながる演出が見事だった。曽我部恵一のギターも染みます。
劇団仲間に顔立ちがはっきりしている寛一郎(佐藤浩市の息子さん)、何かと気にかける元劇団員でライターの青山にハスキーな伊藤沙莉。才能あふれる劇作家にKingGnuのボーカル、井口理がちょこっと登場し、劇場の観客でなぜかケラさん、吹越満らも(本人役)。

| | | コメント (0)

翔んで埼玉

2019年の話題作を録画で。1982-83年の魔夜峰央の原作を、「のだめ」「テルマエ・ロマエ」の武内英樹が実写化。
古臭くバカバカしい埼玉ネタを、全力で作ったところが凄い。埼玉対千葉の大仰な関ヶ原シーン(出身著名人合戦)など、爆笑。
主演は二階堂ふみ、GACKT。伊勢谷友介、京本政樹、麿赤兒らが楽しそうに怪演し、サブストーリーの現代パートも麻生久美子、島崎遥香、成田凌と豪華です。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧