« キングダム | トップページ | アリー/スター誕生 »

七つの会議

池井戸潤の日経電子版での連載を、おなじみ福澤克雄が映画化。謎解きはしっかりしてるし、豪華キャストなんだけど、主役・八角が野村萬斎で、いくらクセモノの設定とはいえ、とても一般人には見えず残念。サラリーマンの戦場=会議、不作為の罪、といったテーマも、わかりにくかったかな。機内で。
中堅電機メーカーで、何故か生き残っているグウタラ社員をめぐる騒動から、ネジをめぐる不祥事が浮かび上がっていく。裏のある部長の香川照之がさすがに上手く、開き直ってドーナツ販売を始める朝倉あきがカワイイ。できる男から一転して弱気になっちゃう片岡愛之助、平凡だけど芯がある及川光博もよかった。

|

« キングダム | トップページ | アリー/スター誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キングダム | トップページ | アリー/スター誕生 »