« ナイト&デイ | トップページ | ツーリスト »

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ジョナサン・サフラン・フォアの原作をエリック・ロスが脚色、スティーブン・ダルドリーが監督。少年オスカーにトーマス・ホーン、その父母にトム・ハンクス、サンドラ・ブロック。劇場で。

名作。9・11で父を亡くした少年オスカーが、遺された謎の鍵にあてはまる鍵穴を求めてNYの街を歩き回り、たくさんの人と出会う。
愛する人を理不尽に奪われた者のやりきれなさ、無力感がいっぱいで、辛い。登場人物はみな、不器用にしか生きられないけれど、なんとか生きていこうともがく。同じようにもがく人に、不器用に手を差し伸べようとする人もたくさんいる。とても切なくて普遍的なテーマを、決して饒舌ではないけれど、丁寧に丁寧に描いていて胸にしみる。号泣です。

とにかく少年トーマス・ホーンが圧巻。アスペルガー症候群の傾向があるという設定で、大きな瞳とほっそりした手足で、優れた知性と行動力、周囲との噛み合わなさ、もどかしさを存分に表現する。
トム・ハンクス、サンドラ・ブロックはもちろん、周囲の大人たちも名演ぞろいだ。間借り人マックス・フォン・シドーが、街角にメモを貼ってオスカーを導いていく姿のチャーミングさ。ちょっと怖そうな祖母ゾーイ・コールドウェルの、そっと買い物袋を置くシーンも素敵。鍵を探索する過程で、オスカーと関わることになる夫婦、ヴィオラ・デイヴィスとジェフリー・ライトの控えめな感じも味わい深い。

結局、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というものは何なのだろう? いろんな解釈ができるだろうけど、それは肉親であれ他人であれ、生きていくうえで関わる、とても大切な人々、という気がした。父親の落下のイメージに苦しんできたオスカーが、ラストに示す伸び伸びとした飛翔感が、哀しくも素晴らしい。

|

« ナイト&デイ | トップページ | ツーリスト »

コメント

COCO2さん☆こんばんは
最初はどうなることやらと思えた計画だったけど、あそこまで頑張ったオスカーをみんなが応援してくれていたんですね。
ホントに名作だと思います。

投稿: Roko(COCO2さんへ) | 2012/02/28 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

» 映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [Roko's Favorite Things]
 主人公のオスカーは、あの9・11で父親を失ってしまったのです。それ以来、毎日が [続きを読む]

受信: 2012/02/28 23:02

» [映画] ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [日々の書付]
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観てきました。 9.11事件で父親を失った9歳の少年オスカーが、父の遺品から見つけた「鍵」の秘密を探るためにニューヨーク中を探るという物語。オスカーは知識的で空想的で、人とのコミュニケーションがやや苦手。父親のトーマスはそんなオスカーの特性を伸ばすため、よく「調査探索ゲーム」を行なっていた。 そんな父とオスカーの間に親子以上の深い絆があった。 けれど、あの日突然失われてしまった。 鍵をみつけた日からオスカーは、父親のメッセージをみつけるため、... [続きを読む]

受信: 2012/03/11 21:20

» [映画] ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [日々の書付]
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観てきました。 9.11事件で父親を失った9歳の少年オスカーが、父の遺品から見つけた「鍵」の秘密を探るためにニューヨーク中を探るという物語。オスカーは知識的で空想的で、人とのコミュニケーションがやや苦手。父親のトーマスはそんなオスカーの特性を伸ばすため、よく「調査探索ゲーム」を行なっていた。 そんな父とオスカーの間に親子以上の深い絆があった。 けれど、あの日突然失われてしまった。 鍵をみつけた日からオスカーは、父親のメッセージをみつけるため、... [続きを読む]

受信: 2012/03/15 23:05

« ナイト&デイ | トップページ | ツーリスト »