2018.03.11

一善や

ホワイトデーの頂きものは「一善や」の「無花果チョコガナッシュ求肥包み」。京都北白川の洋菓子店。和風なアレンジがセンス高い。つぶつぶの無花果と濃厚なチョコの取り合わせ。甘ったるくなないけれど、大粒で食べごたえたっぷり~

20180310_002

20180310_005

2018.01.10

カフェ1869

丸善に寄ったら新しいカフェ、1869ができていた。千代田区丸の内1-6-4OAZO3F。3201-5735。窓際のカウンターで。電車が目の前です。
ロースハムとダブルチーズサンド、アイスコーヒーのセットで680円。ちょっと休憩にいいね。

Dsc_0219

2018.01.08

福ろく寿

新春の落語会帰りに福ろく寿。渋谷区千駄ヶ谷5-24-2高島屋新宿店タイムズスクエアビル14F。5361-1960。
夜景が綺麗な窓際のテーブルで、国産牛石焼コース2970円。地ビール「京都麦酒」の蔵のかほり、冷酒の英勲・古都千年、ソル・イ・マールのグラスワイン等を頂きつつ。蕪やお刺身のあと、天ぷらか蒸し野菜をチョイス。テーブルで牛を焼きながら食べ、デザートのお汁粉も頂いて、一人5000円強。手軽だけど十分です。
懐石コースは6000円程度から。個室もあり。

20180108_005

20180108_007

20180108_012

20180108_013

20180108_017

20180108_019

2017.12.24

Xmas

番外編で家出のクリスマス。
鶏モモのオーブン焼き+ヨーグルトソース・ラム酒風味、帆立と林檎のマリネサラダ、人参とレーズンのサラダ、花ブロッコリーと笹蒲鉾の柚子味噌・黒酢和え、大根とワカメのチキンスープ。お酒はピンクのモエシャンドン2008!

20171224_004

20171224_002

2017.12.23

Takumi

Takumiでクリスマスの贅沢ディナー。港区西麻布1丁目11-10ビルマーサ1F。6804-6468。

2017年2月のオープン。コース1万8000円は前菜5,魚と肉各1,チーズ料理1、デザート11というリッチな構成で、組み合わせの妙を徹底するために各皿の詳細な説明をカードで配り、食材の一部を試験官で見せる入念さです。シェフは1988年生まれの大槻卓伺さん。

前菜のブリのオイル漬けは真空状態でマリネ。ポン菓子のリ・スフレを合わせて。フォアグラのフランは真鴨の生ハムとドライマッシュルームや蕎麦の実と。カキのポワレはベアルネーズソース+焦がしネギ、ポテチやチョリソーで。オマール海老は低温でしっとりさせ、トマトソース、根セロリ・エストラゴンのサラダでさっぱりと。最後に蝦夷鹿ローストは小麦胚芽とコンテチーズのリゾット、温泉卵、黒トリュフ、ポルト酒ソースで。

魚は真鯛のポワレをタラ白子ソース、白ポルト酒で。付け合せにマジョラム(ハーブ)とチーズのトースト風も。
肉はジューシーな仔羊ロースのロティを、山羊のシェーブルチーズ風味のジャガイモピューレと。蜂蜜マスタード風味の穀物キノアサラダ、レモンのピューレなども。

軽いチーズ料理はさっぱりルッコラのサワークリームソルベと、コクのあるオッソーイラティー(羊のチーズ)の牛乳ムース。
そしてお楽しみ、ジグソーパズルのように組み合わせたデザートの11皿がどーんと登場。細い麺カダイフとピスタチオ、苺の真空マリネ。ビターチョコのムースとまさかのイーストアイス。ブラウンシュガーのクッキーにレモンクリーム。セミドライ林檎のミルフィーユはカルバドス風味。ダコワーズの器に和栗と黒ビールクリーム。トンカ豆クレープとチョコ。ホワイトチョコのムース、ラズベリーのピューレは白ワインの炭酸ジュレと。スパイス風味プリンに赤ワインソース、黒イチジク。クリームチーズのムースはバニラ粒とブルーベリーソース。濃厚な薔薇ソースのブランマンジェ。そしてイオレ(コメの牛乳煮)とライチのソルベ。

800円から1400円のグラスワインを料理に合わせて出してもらい、一人3万円強。大量のカードは封筒に入れて、シーリングスタンプを押してくれました。ものすごく面白いけれど、時間がかかってちょっと疲れちゃうかな~ ごちそうさまでした!

2017.12.12

辰巳

昭和26年創業、茅場町の老舗で宴会。中央区                         日本橋茅場町                       2-1-9。050-5868-1382。第二証券会館の裏にある一軒家の2階座敷で。
コースは7500円程度から。お刺身、天ぷらなど手堅いです。1階はテーブルでランチも有り。

2017.12.10

うなぎ徳

文楽観劇から忘年会への間に、うなぎ徳銀座店でランチ。東急プラザ11Fに入っている浜名の老舗です。中央区銀座5-2-1。050-3469-1889。
照明暗めで落ち着いてるけど、若い夫婦客もいるカジュアルな雰囲気。うな重並が2484円、うなぎ茶漬並が2700円。いろんな薬味があって楽しい。

2017.12.08

牛カルビサンド

番外編で出張帰りの車内ランチ。
新大阪の新幹線乗り換え口で売っていた「焼肉たむらの牛カルビサンド」500円。
ごくシンプルな焼肉!の見た目にインパクトがある。ちょっとパンがパサついてたけど、満足の味です。

Dsc_0176


Dsc_0178


2017.12.06

多花美(たがみ)

番外編で大阪出張の夕食「多花美」。北浜の路地奥にある小料理の名店です。大阪市中央区平野町2-2-6 船場平野町小路。06-6223-9039。堺筋から平野町を御堂筋方向に入ったあたりです。カウンターで。
コースが7000円程度で、柚子味噌を詰めた蕪など、どれも手が込んでいる。女将さんがおりがらみ生とか、季節感のある珍しい地酒をいろいろ勧めてくれるのも楽しくて、一人1万円弱。
カウンターのほかは4人がけのテーブルのみ。ランチも有り。

Dsc_0164

Dsc_0165

Dsc_0166

Dsc_0168

Dsc_0169

Dsc_0171

Dsc_0173

Dsc_0174

Dsc_0170


2017.12.02

来経(きふ)

観劇帰りに神楽坂の来経でディナー。新宿区若宮町14-7kif1F。3268-6033。毘沙門天の裏、ちょっとわかりにくい路地の黒い箱みたいなビルにある和食店です。8席のカウンターで。

9品と日本酒4種のペアで1万5500円。凝り過ぎないけど、季節の素材と濃厚めの出汁が効いていて、工夫があります。NY帰りのご主人が格好いい。
キャビアののった冷たい前菜の後、豆腐とネギの澄まし汁、お刺身、ピーナッツ餡の風呂吹き大根、京人参ともって菊、鰤の西京漬けに自家製カラスミをたっぷり、牛しゃぶには胡麻だれ。そして〆は土鍋で、鶏の炊き込みご飯。美味~ デザートは葡萄、キンカン、抹茶のムース、ラズベリーアイスの盛り合わせ。カウンターでお煎茶をサーブしてくれました。

ほかに4席のテーブル個室が2室。ちょっと贅沢な会食向き。ご馳走さま!

20171202_010

20171202_016

20171202_018

20171202_022


 

20171202_025

20171202_027_2


20171202_030

20171202_031

20171202_034

20171202_037

20171202_040_2


20171202_041

20171202_042

«そして…はなまる