2018.11.04

ハプスブルク・ファイルヒェン

旦那さまの誕生祝いで、久々にハプスブルク・ファイルヒェン。オーナーシェフはオーストリア国家公認キュッヘン(料理)マイスター、神田真吾さん。肉が主体のしっかりしたウィーン料理店ですね。照明暗め、シャンデリアと生花が豪華なダイニングで。控えめなBGMはウィンナーワルツです。
発泡ワイン1600円で乾杯し、贅沢バージョンのショートコース(メーンは肉か魚をチョイス)14000円を頂く。八幡平サーモンの燻製とスープの前菜のあと、バインシンケン1600円を追加。
沖縄産骨付きモモ肉を皮が付いたまま、山梨で独自ハーブでスモークしたものだそうです。しっとり艷やかで美味。
前菜は燻製黒毛和牛ローストの黒胡椒風味のサラダ仕立て。根セロリ、くるみ、アンズ茸、林檎がいいアクセント。インカのめざめのスープは、クノーブラオフ(にんにく)風味。セメル粉で揚げた帆立とシュペック(ベーコン)の旨味が濃厚だ。メーンは熊野地鶏のソテーと定番ウィンナーシュニッツェル。シュニッツェルは仔牛ロース肉ですが、薄い衣がふんわりして、フルーツトマトと胡瓜・じゃが芋の付け合せも美味。ワインはグラスのセットで6000円。
デザートはさっぱりヨーグルトのテリーヌ。ソースは季節の果物を選べて、柿と巨峰を白ワインジュレ。お祝いのデコレーションにしてもらいました。一人2万4000円。ごちそうさま! 銀座の夜景が綺麗でした~

20181103_016

20181103_018

20181103_020

20181103_021

20181103_023

20181103_025

20181103_027

20181103_029

20181103_030

20181103_033

20181103_034

20181103_035

20181103_043

20181103_048

2018.10.03

ブラッセルズ

ブラッセルズでランチ。大手町フィナンシャルシティ1F。6225-2695。オフィス街にあるハイチェアのベルギービール専門店。
チーズオムライス1200円。小さいスープとサラダが付き、フリードリンクでお得です。

Dsc_0437

2018.09.22

またNabenoIsm

またオペラ帰りに知人たちと駒形のNabenoIsm。趣味をめぐる濃い会話と、一品ずつ懲りに凝ったフレンチで大満足。
コースは2万円。まずメロンとミントの一口ガスパチョとクランベリーの泡、浅草の老舗とのコラボスナック。そして両国ほそ川のエミュルッショネ(乳化)そばがきに昆布のジュレとキャビア。穴子のマトロート(赤ワイン煮)にコンテチーズ、川端蓮根などを添えて。オーラキングサーモンのコンフィは1725年創業の竹本油脂が圧力だけで絞ったという太白(たいはく)胡麻油で絶妙の火入れ、イクラやシャインマスカットを散らし、魚醤とオゼイユ(酸味のあるハーブ)のソース、アネット(ういきょう)で。フォアグラは人形焼、レンズ豆のラグーなどと。オマール海老はロブション直伝というソースで。VCC調理の牛フィレはしめじや安納芋、ルビーグレープフルーツ、バルサミコヴィネガーとみりんのソース。お腹いっぱいだ~
シャンパンとワイン白赤をボトル(1万2000~1万3200円)で計4本頂き、デザートはまず完熟柿の真空マリネとライムのジュレ、ジュニエーブル(ねず)添え。そしてヘーゼルナッツのガトー・マルジョレーヌ、バッハコーヒー。
小菓子はお土産にしてもらい、お約束の3Fテラスでスカイツリーの夜景をバックに記念撮影。ひとり3万円と贅沢になっちゃったけど、楽しかった!

2018.09.19

文楽

鴨鍋の文楽で、文楽の人形遣いさんを囲む食事。ゲストも加わって賑やかに。新宿区蕪坂3-1クレール神楽坂Ⅱ。3266-1230。
半個室のテーブルで、鴨つゆしゃぶコース5000円。つくねスープでほっこりしてから、水菜のお浸しなどの前菜、お造り、鮭と海老真丈の揚げ出し、鴨しゃぶ、秋刀魚マリネ、手打ち蕎麦、アイスと充実。肉の追加は800円。地酒は1200円程度。
肩肘張らない会食向き。

2018.09.15

鳥しげ

名古屋コーチンの店、鳥しげでランチ。杉並区上荻1-7-1ルミネ荻窪店。3398-1129。唐揚げの食べ比べ御膳1200円は胸肉、もも肉の違いが面白い。親子丼1380円。軽くビールを呑んで一人1500円強。

2018.09.12

ソルト グリル&タパスバー

同僚とお洒落なSalt grill & tapas barで食事。中央区銀座6-10-1GINZA6の6F。6264-5402。

雰囲気のいい暗めのテーブル席で。シドニー発だけど、サーモンや牛のグリルなど、割と普通の洋風料理で、ちょっと高めかな。コースは6000円程度から。

2018.09.06

神田 木花(このはな)

同僚と神田木花でお祝い会。半個室の4人がけテーブルで。千代田区内神田3-5-3第2矢萩ビル 1F。3254-4533。
あまり呑まないメンバーもいたので、アラカルトにしたけど、晩酌セット1800円が、しっかりしたおつまみが4品出てきてかなりお得。ほかに牛タン葱塩750円、アスパラバター700円、いぶりがっこ420円、塩むすび250円など。新亀1合1100円などをもらって、一人6000円程度ととてもリーズナブルだ。
すぐ隣のビルに「木花別邸つぼみ」もあり、一日一組限定で落ち着きます。

2018.09.01

ビストロ トランク

落語会帰りにまたトランク。レンガ坂にある小さい古民家のビストロで、雰囲気も料理もなかなか秀逸。中野区中野3-36-4。6382-7891。今回は細長い1Fのカウンターで、フランス滞在経験のあるナカタ似のシェフとおしゃべりしながら。チャージ400円。
まず、なみなみとついでくれるスパークリングを頂きつつ、コンソメジュレと雲丹のカクテル、キャビアをたっぷり載せて。旨味が素晴らしい。焼きシェーブルチーズはグリーンサラダと。1380円。円盤型のUFOズッキーニのソテーと穴子のラケ(照り焼き)は濃厚。ソースのトマトも美味しい。1480円。バベッド(ハラミ)ステーキとポテトは、珍しい赤ワインバターをつけながら。1980円。お腹いっぱいで、最後はミントグリーンティー。シャーベットを出してくれました。ワインは白、赤をグラスで頂き、1杯800~1200円程度。ひとり6000円強。

20180901_006_2

20180901_008

20180901_009

20180901_011

20180901_013

2018.08.27

クレッセント

若い知人の結婚祝いで、レストランクレッセントで贅沢ディナー。結婚式を挙げた思い出の店で、幸せを祈る。もうウエディングは辞めて久しいとのことですが、歴史あるヴィクトリア調洋館の風格はそのまま。2Fの個室バロックルームで。古風な食器棚などが明るくも重厚だ。
コース「ムニュ・ドゥ・スポンタネ 夏の味わい」2万7000円。かなりゆったり進むけど、会話が弾んで気にならない。ひと皿ごとに季節感と複雑な素材の組み合わせ、見た目の華やかさを楽しめる。
一口アミューズのあと、インパクト大のトマト農園のコンプレッション。丁寧にヘタもついた四角いトマトが可愛い。天然鮎と胡瓜のコンポジションは緑が鮮やか。あおり烏賊と黒トリュフのブランケットは旨味がたっぷりだ。真子鰈のムニエルはピスタチオオイルのエミュルション(乳化させたピュレ)。メインディッシュのお肉は和牛などからチョイス。お酒はワインをグラスでもらう。お茶のマリアージュもあり、抹茶入り緑茶や濃いめの烏龍茶などが美味で、お酒が残らない。
季節のデザートにプティフールとコーヒー。さらに温かいタルト・ヴォードワーズはお土産に。ごちそうさま!
食事の途中に時ならぬ雷雨があったものの、終わる頃にはあがる。東京タワーを臨むバイカウントルーム、山小屋風のオールドクレッセントルームを見学させてもらいました。

40139565_469144193561585_7580455748

石楽

石楽大手町パークビル店でランチ。きれいなオフィスビル地下のお蕎麦屋さん。豆腐と梅のつけ汁蕎麦1000円。安定してます。

Dsc_0428

«BLOCKS