2024.02.14

2024バレンタイン

2024のバレンタインは、日経プラスワンのランキングで見つけた、辻󠄀口博啓氏によるルショコラドゥアッシュ銀座本店の「テリーヌドゥショコラ チュンチョ」。ペルーの山間部クスコ地方の希少品種チュンチョカカオを使用。マンゴーやパッションフルーツ等の特徴ある香りに、フランス アルザス地方のアプリコットリキュールを加え、低温でじっくり焼き上げているとのこと。冷えたところを1㎝幅に切って頂く。なめらか、濃厚でワインに合う感じ。2800円。
能登半島地震応援で金沢の酒蔵、福光屋の東京ミッドタウン店で「SAKE CHOCOLAT」も。5個入りで純米大吟醸ジュレ入り、純米大吟醸をきかせたビターガナッシュ、本格米焼酎をきかせた柚風味のヘーゼルナッツガナッシュ、同じく能登の藻塩風味、そして長期熟成酒を練り込んだキャラメルガナッシュ。美味。2322円。

Img_8928 Img_8929_20240225065701 Img_8930

2024.01.12

琥珀宮ランチ

お馴染み琥珀宮のランチにおよばれ。千代田区丸の内1-1-1パレスホテル5F。大手町駅C13bから直結で、地下街からホテルロビーを経由、5Fのわかりにくい自動ドアの向こうにある贅沢中華です。窓際の明るいテーブルで。

名物北京ダックの入ったコース水晶が7700円。前菜盛り合わせ、香港点心3種、テカテカの北京ダックを見せてもらってから、ひと巻き頂き、海鮮とセリ、衣笠茸のスープ、真鯛と湯葉のトウチ煮込み、軽めにチャーハン、デザートとたっぷりです。

2024.01.11

ベラージュ

知人、同僚とベラージュでランチ。千代田区大手町2-2-2アーバンネット大手町ビル 21F。1Fの東京會舘の受付で入館証をもらってセキュリティゲートを通るスタイル。パーティールームLEVEL XXⅠ隣りにある、落ち着いた雰囲気のフレンチです。
プリフィクスのコース5500円。前菜のスープは伝統のコンソメスープかカボチャのスープ、メーンは帆立貝のポワレ春菊ソースか真鯛の洋酒蒸ボンファムか牛フィレ肉の網焼き温野菜添えマディラソースから選べて、サラダとデザートも、けっこうがっつり食べられます。ペリエ990円を頼んでひとり7000円ほど。
軽い3300円のランチコースもあり、夜のコースは8000円程度と手頃。東京會舘運営。

2024.01.06

ぐっつ

観劇つながりの仲間と新年会&転職お祝い会を煮込み屋ぐっつで。中野区中野5-32-17。5318-2538。アーケード街とごちゃっとした飲み屋街を抜け、昭和な引き戸を開けると1Fがカウンター、狭い階段をあがって2Fのテーブルで。
料理は各2人前で、名物もつ煮込み400円は味噌、塩チーズ、赤ワイン味噌、どれも美味。ほかに塩昆布きゅうり、ポテサラ、カルパッチョ、チーズハムカツ、アンチョビ焼キャベツ、海老春巻ブルーチーズソースなど、どれも1皿500円程度。カバ、白×2、赤をボトルでもらってひとり5000円弱。
わいわいしゃべって、いいお店でした~

2024.01.01

2024おせち

震災などでおめでたいどころでなくなったけど、2024年もおせちを作りました。一の重は甘さ控えめの栗きんとん、クッカーで上手に黒豆に金箔、紅白なますに干し柿、鈴廣の紅白蒲鉾、伊達巻、頂き物の数の子松前漬。二の重はグリルで海老の姿焼、ふるさと納税の豚薄切りの西京漬、お煮しめ(いんげん、型抜きの人参、蓮根、ごぼう、椎茸、手綱こんにゃく、長芋)。お雑煮は焼き餅に青菜、人参、大根、椎茸、ふるさと納税の鶏肉、なると。柚子を添えて。

Img_6855 Img_6854_20240106130701 Img_6858 Img_6863_20240106130701 Img_6869

2023.12.27

すいれん

美術展帰りにすれんでランチ。台東区上野公園7-7国立西洋美術館内。5834-7056。コルビジェプレート1900円。

2023.12.21

モロッコ

歯科の帰りにみつけたレストランモロッコでランチ。千代田区内神田1-5-9。5577-2993。出世不動通りの手前、真っ赤なファサードが目印。都内最古のモロッコ料理店だそうです。

チキンタジン980円は、土鍋でぐつぐつ煮立った状態で出てくる。ボリュームたっぷりだけど、意外にあっさりした味でいける。サーブの男性が熱心に説明してくれて、ターメリックなどは入っているけど、カレーと違って油が少なく、生姜たっぷりなので日本人の口にあうと。セットのミントティーが甘いのが、異国情緒を感じさせます。

北アフリカのなかでは、トルコ料理の影響が少ないのだとか。ランチはほかに定番クスクス1650円~があり、夜はコースもあるようです。店内ではモロッコのおじさんらしき人が寛いでいるのも雰囲気。

Dsc_2881 Dsc_2879

2023.12.16

えん酌

地元仲間の忘年会でえん酌(えんくみ)。杉並区荻窪5-10-22美好屋ビル2F。050-5597-1184。荻窪南口から仲通りを10分弱歩いた、左側ビルの2Fにある居酒屋さん。銘酒の品揃えは常時約80種!30名強の貸切で。
コースは3時間飲み放題で6600円。「十四代をのぞく」だけど十分満足でしょ。サラダ、しめさば炙り、味噌田楽などたっぷり食べて、〆のおにぎりまで美味。店主も感じが良く、おおいに盛り上がりました。
店内は明るくて、広いカウンター席もあり、ふらっと立ち寄りやすそう。いいお店です!

Img_6056 Img_6055 Img_6064 Img_6069 Img_6061_20240204082701 Img_6066_20240204082701 Img_6068_20240204082701 Img_6070 Img_6072 Img_6073_20240204082701 Img_6076_20240204082801 Img_6083_20240204082801 Img_6090 Img_6093_20240204082801 Img_6097 Img_6102 Img_6103 Img_6107 Img_6104

2023.12.10

ベラージュ

文楽打ち上げの二次会で、ベラージュ。足立区千住3-53 増田ビル2F。050-5595-7001。北千住駅西口5分、宿場町通りにあるごくカジュアルなイタリアン。
プロシュートやパスタをもらう。コースは4000円程度。

ウル虎

文楽仲間と観劇後に、ウル虎に連れて行ってもらいました。足立区千住3-31-15第二武田ビル3F。050-5571-0520。北千住駅前通りにある居酒屋名店。
インパクト大の真っ赤な紅ショウガ天580円のほか、いくつかおつまみを貰って、主眼の「痛風鍋」。禁断の牡蠣・白子・あん肝がたっぷりで、2人前6600円。2月末まで。
さらに日本酒26種が2時間飲み放題3300円。品揃えは毎日50種類以上あって、十四代、而今、新政は必ずあるとか。風の森、仙禽 雪だるま、磯自慢、〆張鶴しぼりたて、十四代などいろいろ呑んじゃいました。狭くて人気なので予約必須!

Img_5970 Img_5990 Img_5985 Img_5989 Img_5978 Img_5973 Img_5993 Img_6000 Img_5983

«シティベーカリー