2017.04.09

リストランテ センソ

週末の仕事帰りに充実ディナー。白金台駅近く、ちょっと静かな通りにあるリストランテ センソ。港区白金台5-17-10白金台THE2000 B1。3439-0532。感じのいいテーブル席で。
シェフのお任せディナーコース10皿にシャンパン、グラスワイン3杯をペアリングして1万8000円。品数もさることながら、一皿ずつ非常に凝っていて大満足だ。
まずマカロン風など軽いスナックをつまみ、前菜の「1万キロの旅」は国産トマト、モッツアレラチーズとイタリアの生ハム。続く「色彩」は春野菜たっぷりのサラダで、水菜、わさび菜、春菊、トマト、ブロッコリースプラウト、せり、オクラを生で。これに炒めたスイスチャードと菜の花、揚げたルッコラ、おかひじき、茹でた小松菜、江戸野菜ののらぼう菜、茎ブロッコリーのスティックセニョール、いったん冷凍した卵黄、イタリアチーズのネーヴェディグラッパを、ちょっとずつ混ぜている。さらに乾燥させたほうれん草、黒キャベツのカーヴォロネロを散らし、ケールとヴァニラ風味ブロッコリーのソース。複雑~
続いて昆布締め風の厚切りヒラメ、苺とスナップエンドウ。墨イカはソテーとこんにゃく風の2種類を、揚げホタルイカ、折菜と。赤い皿にイカスミと紫蘇酢が絵画風だ。
パスタはまずチーズと卵黄のラヴィオリを、香りのいい五穀味鶏のスープで。さらに「伝統」は直球のポロネーゼ。
肉料理がなんと2種類出てきて、まずビゴール豚は行者にんにく、荘内アサツキ、青りんご、黒コショウで。さらに福島県産牛モモ肉は筍、葉わさびと。赤ワイン1600円を1杯追加。
デザートはまずさっぱりと「テキーラ・サンライズ」。さらにトリノ名物「ボネ」をアイスにアレンジしたもの。チョコレートプリンにマカロンの原型アマレッティを砕いて混ぜるのだそうです。ラズベリーを合わせて。ひょうたん型の箱に入った小さいお菓子とコーヒーで〆。ご馳走さま!
接客も丁寧で、1Fまで見送ってくれました。いいお店です!

20170408_003



20170408_004

20170408_006

20170408_009

20170408_011

20170408_012

20170408_015

20170408_019

20170408_020

20170408_024

20170408_028

20170408_032

20170408_033

20170408_036

20170408_039

20170408_040

20170408_042

20170408_044

20170408_045

20170408_047

2017.04.04

ラオス料理

ミヤンマーに続いて特別ラオス料理の夕べ。タイ料理に近いそうです。学士会館で。

のみやすいラオスビールで乾杯し、まず竹に挟んだビンガイ。ナンプラーを使った焼鳥で、非常に美味。ラープは挽肉とハーブのサラダ。今回は新潟の赤米と。手でコメをつまんで、サラダをつけて食べるのが現地式とのこと。そしてカオゾイ。肉味噌のせベトナム米麺。トマト、豆板醤で香りがいい。
デザートはタピオカ、ココナツに小豆入り。ご馳走さま!

2017.04.02

リストランテ大澤

花見帰りに邸宅レストランで贅沢ディナー。JR武蔵小金井からタクシーで10分、新小金井街道沿いにあるリストランテ大澤で。小金井市貫井南町1-25-4。042-382-8811。歴史を感じる日本家屋の、樹齢300年の梅もあるという庭園を見渡せるメインダイニングで。
シェフのスペシャルコースにワインをペアリングして1万6500円。野菜を生かしていて美味。まずアミューズは割と淡泊なツナと大麦、ピクルスのサラダ。前菜は春らしくホワイトアスパラのテリーヌと温野菜、菜の花ソース。盛り付けが絵画的だ。パスタは自家製フェットチーネで、古白鶏のサルシッチャとキャベツのソース・レモン風味。
魚料理はナポリ風魚介のスープ仕立て「ズッパ・ディ・ペッシェ」。こっくりして香りが豊か。爽やかな紅八朔のグラニテをはさみ、肉料理は秋田由利牛ネックの北欧風煮込み「グーラッシュ」。
満腹だけど、デザートのコーヒー風味セミブレッドまで、しっかり頂きました~ ご馳走様!
シェフは1975年生まれの佐藤幸雄さん。家族連れが多く、隣ではウエディングも。別棟でカフェを併設。

20170401_024

20170401_026

20170401_028

20170401_031

20170401_034_2

 

 

20170401_036

 

20170401_040

 

20170401_041

 

20170401_043

 


20170401_050

2017.03.29

ル・トランブルー神楽坂

ル・トランブルー神楽坂で呑み会。新宿区神楽坂1-14。3268-1812。
飯田橋駅から神楽坂下に向かう道沿いの、狭いワインバー。カウンターの一人呑みが多い。奥にひとつだけある小さいテーブルで。
ハイチェアだし、あまり落ち着かないけど、軽くグラスワインなどをもらい、パスタを数種類頼んで一人4000円程度と手ごろです。

2017.03.26

ラプチマルシュ

観劇帰りにラプチマルシュでディナー。中野区東中野3-2-7 Moet 1F 。5332-3715。東中野から徒歩数分の、洒落たフレンチ。セラーが並んだ2F、線路沿いの窓際テーブルで、                                                                                                            残念ながら気温が上がらず、桜並木はまだ蕾だったけど、落ち着いている。

コース8400円。美しいアミューズ、2種のマスタードを塗った田舎風パテに始まり、オマール海老と野菜の煮込みが香り豊か。メーンは鯛、さらに牛ヒレのポルトソース。野菜などを複雑に組み合わせていて、盛り付けも綺麗だ。

ワインは最近流行らしい空気を遮断するディスペンサーからついでくれる。シャンパン1200円、白、赤をグラスでもらって1400~1800円。桜のデザートまで頂いて、一人1万5000円ほど。ご馳走さま!
シェフは深山裕也さん。

20170326_011

20170326_017

20170326_018

20170326_022

20170326_024

20170326_028

20170326_031

20170326_042


2017.03.25

音音

施設見学のあと、和食バル 音音 虎ノ門ヒルズ店でランチ。港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー3F。050-3467-3354。窓が広く開放感がある和食店です。カウンターで。

湯葉と豆冨の揚げ出しごはん         1000円。冷ややっこも付いて、豆腐づくしです。あっさりとして健康的。ほかにステーキや焼き魚、丼も。

夜のコースは5000円からと手ごろ。16人までの個室があるようです。
「土風炉」「過門香」のラムラ経営。

Dsc_0083

Dsc_0080

2017.03.24

銀波新宿東口店

銀波(ギンパ)新宿東口店で呑み会。新宿区新宿3-37-12新宿NOWAビル4F。050-3466-2672。JR新宿駅中央東口からルミネエストに沿って東南口方面に歩き、あおぞら銀行の隣。こぎれいで、けっこうゆったりした居酒屋だ。
宴会コースの飲み放題つきは5000円程度から。今回は6000円で、お刺身、和牛リブロースの陶板焼き、湯葉、鰆、河豚唐揚げ、ハラスの土鍋ご飯などとかなり充実している。ワイン追加などもっと贅沢な組み立ても可能。
あまり人数の多くない宴会向きか。

2017.03.20

いかしゅうまい、味付ゆば

福岡土産で呼子朝市通り木屋のいかしゅうまい、そして日光土産で味付ゆば。
どちらも美味。

20170319_011

20170319_009

2017.03.19

油源

番外編で日光東照宮参拝。40年ぶりの大修理を終えた陽明門などをたっぷり見学した後、神事参加の締めくくりとして直会(なおらい)。お神酒とピリっと紫蘇巻唐辛子、小魚(尾頭付き!)、名物干瓢の砂糖漬けを頂く。

その後、部屋を移ってランチは安政6年創業という駅弁の油源から、2015年の400年式年大祭、2016年の御鎮座400年にちなんだ記念弁当1300円です。家康の好物、甘鯛西京漬けや茄子甘味噌添え、江戸時代から栽培が始まったというさつまいもの甘煮、さらに名物の日光揚巻湯波煮、かくや(紫蘇巻唐辛子)のほか、酒蒸海老、鶏ももキジ焼き、つくね、黒豆などに赤飯、ちらしご飯がついて上品な味でした。

20170318_109

20170318_112

20170318_115

2017.03.13

ラモ フルータス カフェ

写真展の帰りにRAMO FRUTAS CAFE(ラモ フルータス カフェ)でランチ。銀座4丁目角、白い格子デザインが目立つビルの、日産ショール―ム上の3F。カフェとイベントスペースがつながったCOMMON GINZA(コモンギンザ)で。
大きな窓から和光の時計台が一望でき、木目と緑のインテリアが気持ちいい。テラス席もあり。
ミールプレートの島豆腐とグレープフルーツのタコライス1500円。カレーやパスタ、雑穀サラダも美味しそう。無料のウォーターバーでは、果物などを入れた見た目も鮮やかな、ほのかな香りの水やビネガーを自由についで飲めます。
フルーツのデザートも充実。抜群のロケーションで、いい休憩場所です。サッポロ不動産開発経営。

Dsc_0061

«獺祭の会