2018.07.27

たくみ

芝浦のたくみで知人夫妻と楽しい呑み会。港区芝浦2-14-15金澤ビル1F。6453-7628。田町駅芝浦口から徒歩7分にある小さい和食店。周囲にけっこうオフィスが多く、飲食店も目立つのに驚く。
六本木から移転してきたそうです。4人がけテーブルで。煮魚、豚味噌焼きなどが安定。カウンターには一人客も。若いご主人夫妻がやる気があって楽しい。

2018.07.15

ENEKO TOKYO

ENEKO TOKYO(エネコ東京)で誕生日祝い。以前にグルメの友人に連れて行ってもらったバスク地方ビルバオ郊外に本店があるモダンスパニッシュだ。港区西麻布3-16-28 TOKI-ON西麻布。3475-4122。六本木からブラブラ歩いて10分ほど。月曜定休。
まず1Fでシャンパンと、立ってつまむピクニック。バスケットの中身は、鰻のブリオッシュ、レモングラ、カイピリーチャ。2Fに移動し、テラスにて。海のチャコリ、ピーナッツ、キノコのプラリネ、トマトのコルネ。
すっきりした白が基調のダイニングに通され、前菜は雲丹のテクスチャー、シードル、クロカンテ。続いて名物の有機卵とトリュフ。スプーンに絞り出すパフォーマンスが楽しい。トマト、バジル、アンチョビでさっぱり。
温前菜はドノスティア風カニ、海のアロマ。続いてルッコラ、ピクルスと魚のサラダ。そして小麦のブレーズ、パプリカ、イディアザバルのチーズボンボン。
魚料理は贅沢にオマール海老、鶏のコンソメ、卵の天ぷら。
肉料理は神戸牛。茄子とサツマイモを添えて。
デザートはバースデープレートが嬉しい。パッションココナッツ、カカオとオリーブ、羊のミルク。
〆にプチフール。バジルとヨーグルトのロリポップが楽しい。フランボワーズのマカロン、ベリーとペッパーのゼリー、レモンのボンボン、ヘーゼルナッツとチョコ。
たっぷり楽しんでひとり3万円ほど。ご馳走さまでした!


 

2018.04.21

ジュヴァンセル

京都旅行で仕入れた京洋菓子司「ジュヴァンセル」(京都市伏見区新町5丁目509-1)の「竹取物語」。渋皮栗、黒豆をたっぷり入れ竹皮に包んで焼き上げたマロンペーストのパウンドケーキ。2700円。甘さ控えめで、ずっしり。

20180421_001

20180421_003

20180421_004

2018.03.11

一善や

ホワイトデーの頂きものは「一善や」の「無花果チョコガナッシュ求肥包み」。京都北白川の洋菓子店。和風なアレンジがセンス高い。つぶつぶの無花果と濃厚なチョコの取り合わせ。甘ったるくなないけれど、大粒で食べごたえたっぷり~

20180310_002

20180310_005

2018.01.11

「味坊」

「味坊」神田 千代田区鍛治町2-11-20。050-5872-2126
ビオワインが出てくる中華店

Dsc_0221

Dsc_0222

Dsc_0223

2018.01.10

カフェ1869

丸善に寄ったら新しいカフェ、1869ができていた。千代田区丸の内1-6-4OAZO3F。3201-5735。窓際のカウンターで。電車が目の前です。
ロースハムとダブルチーズサンド、アイスコーヒーのセットで680円。ちょっと休憩にいいね。

Dsc_0219

2018.01.08

福ろく寿

新春の落語会帰りに福ろく寿。渋谷区千駄ヶ谷5-24-2高島屋新宿店タイムズスクエアビル14F。5361-1960。
夜景が綺麗な窓際のテーブルで、国産牛石焼コース2970円。地ビール「京都麦酒」の蔵のかほり、冷酒の英勲・古都千年、ソル・イ・マールのグラスワイン等を頂きつつ。蕪やお刺身のあと、天ぷらか蒸し野菜をチョイス。テーブルで牛を焼きながら食べ、デザートのお汁粉も頂いて、一人5000円強。手軽だけど十分です。
懐石コースは6000円程度から。個室もあり。

20180108_005

20180108_007

20180108_012

20180108_013

20180108_017

20180108_019

2017.12.24

Xmas

番外編で家出のクリスマス。
鶏モモのオーブン焼き+ヨーグルトソース・ラム酒風味、帆立と林檎のマリネサラダ、人参とレーズンのサラダ、花ブロッコリーと笹蒲鉾の柚子味噌・黒酢和え、大根とワカメのチキンスープ。お酒はピンクのモエシャンドン2008!

20171224_004

20171224_002

2017.12.23

Takumi

Takumiでクリスマスの贅沢ディナー。港区西麻布1丁目11-10ビルマーサ1F。6804-6468。

2017年2月のオープン。コース1万8000円は前菜5,魚と肉各1,チーズ料理1、デザート11というリッチな構成で、組み合わせの妙を徹底するために各皿の詳細な説明をカードで配り、食材の一部を試験官で見せる入念さです。シェフは1988年生まれの大槻卓伺さん。

前菜のブリのオイル漬けは真空状態でマリネ。ポン菓子のリ・スフレを合わせて。フォアグラのフランは真鴨の生ハムとドライマッシュルームや蕎麦の実と。カキのポワレはベアルネーズソース+焦がしネギ、ポテチやチョリソーで。オマール海老は低温でしっとりさせ、トマトソース、根セロリ・エストラゴンのサラダでさっぱりと。最後に蝦夷鹿ローストは小麦胚芽とコンテチーズのリゾット、温泉卵、黒トリュフ、ポルト酒ソースで。

魚は真鯛のポワレをタラ白子ソース、白ポルト酒で。付け合せにマジョラム(ハーブ)とチーズのトースト風も。
肉はジューシーな仔羊ロースのロティを、山羊のシェーブルチーズ風味のジャガイモピューレと。蜂蜜マスタード風味の穀物キノアサラダ、レモンのピューレなども。

軽いチーズ料理はさっぱりルッコラのサワークリームソルベと、コクのあるオッソーイラティー(羊のチーズ)の牛乳ムース。
そしてお楽しみ、ジグソーパズルのように組み合わせたデザートの11皿がどーんと登場。細い麺カダイフとピスタチオ、苺の真空マリネ。ビターチョコのムースとまさかのイーストアイス。ブラウンシュガーのクッキーにレモンクリーム。セミドライ林檎のミルフィーユはカルバドス風味。ダコワーズの器に和栗と黒ビールクリーム。トンカ豆クレープとチョコ。ホワイトチョコのムース、ラズベリーのピューレは白ワインの炭酸ジュレと。スパイス風味プリンに赤ワインソース、黒イチジク。クリームチーズのムースはバニラ粒とブルーベリーソース。濃厚な薔薇ソースのブランマンジェ。そしてイオレ(コメの牛乳煮)とライチのソルベ。

800円から1400円のグラスワインを料理に合わせて出してもらい、一人3万円強。大量のカードは封筒に入れて、シーリングスタンプを押してくれました。ものすごく面白いけれど、時間がかかってちょっと疲れちゃうかな~ ごちそうさまでした!

2017.12.12

辰巳

昭和26年創業、茅場町の老舗で宴会。中央区                         日本橋茅場町                       2-1-9。050-5868-1382。第二証券会館の裏にある一軒家の2階座敷で。
コースは7500円程度から。お刺身、天ぷらなど手堅いです。1階はテーブルでランチも有り。

«うなぎ徳